RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Flo Rida「Only One Flo(Part 1)」
Only One Flo (Part 1)

その名の通りFlorida出身のMCで見かけによらない軽快なフロウが人気の、Flo Ridaの通算二作目となる『Only One Flo(Part 1)』を御紹介。本当に容姿はゴリゴリでタフなのに、乗っかるビートはいつもスルリと走り抜ける様なフロア映えするライトテイストなものが多く、そのギャップがまた僕的には面白かったりするFlo Rida。つい最近は飲酒運転で捕まるも、周りにいたファンがなんとかしようと弁護していたなんて話も。それぐらいファンに好かれていても不思議でないFlo Rida、なんか愛しやすいキャラクターな気がするんですよね(笑)。一年ペースで作品をドロップ出来ている点を考えても、やはりファンが多いのかな。
ではサックリと内容を御紹介しますと・・・・・・まずはAxwellなる人物が制作した「On And On」はKevn Rudolfが客演参加、これはカラフルで華やかな電子鍵盤をスラリと鳴らした流麗チューンで、絶えず鳴り続けるポコポコと弾けて鳴るポップビートがキュートかつ乗らされてしまうエレクトロ曲。Frank E & Dada Lifeが共同制作した「Turn Around(5,4,3,2,1)」もやはりエレクトロ満開で無邪気に盛り上がるアッパー、その代わり音数は少なめ&シャープなのでクールでエッヂの効いた印象を受けますね。清涼感の溢れるクリアなミネラルウォーター電子音が心を洗ってくれる「Come With Me」はInfinityが制作を担当、穏やかでとろける様なスウィートなメロディが最高にキュンキュンさせるし、こういうホイップクリームみたいなメロウチューンを軽々と優しく歌い上げてしまうFlo RidaはNellyと互角の素敵さでグッド(上手)。Akonを援護射撃に迎えた「Who Dat Girl」はDr.LukeとBenny Blancoが共同制作、これもやはりスムージーで涼しげなブルーシンセを交錯させたトラックが印象的。こういう透明感のあるビートにFlo Ridaはかなりお似合い、Akonのトロピカルテイストな眩い歌声も最高にキマっている事は確かです。今やとびきりの売れっ子ProducerとなったBoi-1daが制作した「21」、客演にはLaza Morganなる人物が参加しています。これもBoi-1daにしては珍しい(?)スカッと晴れ上がった様なサンシャイン風の電子曲で、Flo Ridaの天高く歌う様なスッキリと爽やかなフロウが効いてる、青空の下で愛車転がしながら聴いたら最高に気分が晴れそうなナイスチューン。ほんのりダークで怪しい光線シンセが空を切り裂く「Respirator」、制作がLos Da Mystroという事でなんだか納得した自分がいます。これもかなりライトで未来型の電子曲でその疾走感が素晴らしい、タイヤ無しで宙を走り抜ける未来型カーみたいなトラックでFlo Ridaのナイスドライビング(フロウ)がイイ感じです。きっと世間的には本作の重要曲はこの「Club Can't Handle Me」なんでしょう、制作&客演でDavid Guetta(Fred Riestererとの共同制作)が参加しているのがきっと味噌。確かにこの明るく陽気で突き抜けた感のあるエレクトロチューンは軽快でノれるし、Flo Ridaが水を得た魚状態なのも確実。しかし僕はどうもDavid Guettaとそんなに相性が良くなく、たまに聴く分には良いですが進んでは聴かないかなといったところ(辛辣)。それよりも僕が本作で一番推したいのはLudacris、Gucci Mane、男性シンガーのGit Freshという曲者揃い踏みの「Why You Up In Here」ですね(断然)。Knobody(あの超ベテランのKnobodyなのか?)が制作した不穏でヒリヒリした空気が漂うゴーストトラックが危険ですし、やはりこのマイクリレーは聴き応えアリに決まっていますよね。Ludacrisの静かな中にも豪気漂うラップも、Gucci Maneのしゃがれた声でドスを効かすラップも、Git Freshの中世的な澄んだ高音ヴォーカルも、そしてそんな中だからこそFlo Ridaのしなやかに滑走するラップも活き活きしていますよ。

これは僕の求めているHip Hopっぽくないかな~、なんて思うんだけれどなんか憎めないみたいなこの雰囲気。やはりそこはFlo Ridaがスッと巧く滑らかなフロウを乗せているから、そこが結局彼の最大の魅力として納得できてしまうのです。にしても本作はたった8曲と収録少ないし、あまりにもエレクトロでクラブウケ狙い過ぎる感がありますね(辛口)。嫌いではないけれど、ちょっと物足らない感が否めないです。でも結局はこういうエレクトロテイストがFlo Ridaには合っているし惹き立つ、そしてそれを当のFlo Rida自身が心得ているのでしょう(推測)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment