RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「I Am... World Tour」
Beyonce-I-AM-Tour-DVD.jpeg

もはや地球上最強の歌姫の称号を欲しいままにする無敵の女王、Beyonceの“I Am... World Tour”の模様をドキュメンタリーも含め収録したライヴDVD『I Am... World Tour』を御紹介。これはもうずっと前の発売日に購入していたのですが、ずっと記事を書いていないままだった事に気付きました。意外とライヴDVDの記事を書くの忘れてしまうんですよね、他にも書けていないDVDが多々あります(忘却)。Beyoneといえばその歌唱力もずば抜けていますが、その最大の魅力はやはりステージ上のパフォーマンスにあると思います(断言)。Beyonceは本当に凝った演出をいつも仕掛けてくれているので、観ていて飽きないし、視覚的に音楽を聴く事でよりその楽曲への愛着が湧く事がよくあります(僕にとって「Get Me Bodied」などはその最たる例)。そしてあの美貌を堪能出来るのは大きい、あのムッチリはち切れそうな肉弾的なボディがたまらないのです(下心)。ちなみにこの公演に使用された衣装は、巨匠デザイナーのThierry Muglerの手によるもので、そういった意味でファッションに興味ある方も楽しめるのではないかと。
それでは簡単にですが内容を御紹介したいと思いますね・・・・・・本作は冒頭でも少し触れた通り、本編中でもBeyonceのオフショットやバックステージも含め、各都市での公演でのベストパフォーマンスを繋いだ構成となっております。ここでまず好き嫌いが分かれるかもしれませんね、本編通してずっとライヴの方が観易いかもしれません、でも途中で挟まれる素顔っぽいBeyonceも可愛いから、僕はこの編集でも文句ないです。ちなみに本作の監修制作にはBeyonceが完全に携わっており、そういった意味でもBeyonceも満足の内容になっている筈です。あと本作でも引き続きBeyonceが信頼を寄せる女性のみのバンドが勢揃い、この女性ばかりのステージングも毎度見応えありで、Beyonceが女性に支持を集める意味が分かりますね。まずはBeyonceの代表曲である「Crazy In Love」、このステージ下からせり上がって来る女王Beyonceを観ただけで失神する観客続々、その気持ち痛い程分かります。このゴールドのスパンコールを散りばめたドレスも煌びやかで華やか、胸元がバックリ開いているのがたまらない.........あのブリンブリンな胸がBeyonceの魅力ですよね(惚)。しかもここではJay-Zがやはり登場、まずこのJay-Zの登場までのブリッジが凄い、ホーンをブリブリ鳴らすビートはまさかのJay-Z「I Just Wanna Love U(Give It 2 Me)」ではないですか(驚)!あのスポットライトを後ろから差すBeyonceが、ちらりとRoc-A-Fellaのハンドサインを作るのがもう最高に痺れる(狂喜)。そしてJay-Zの登場で一気にボルテージは早くも最高潮、Beyonceにあんな風に触れる事の出来るのはJiggaのみ、引き際がカッコイイよね。真っ赤なライティングの中で妖艶に踊る「Naughty Girl」も最高、もはやラップダンスさながらのセクシー過ぎるダンスで骨抜き状態。ベッタベタの捻れたホーンが炸裂する「Freakum Dress」のあのドタバタダンス、「Get Me Bodied」での全員で絡む変テコなダンスも色んな要素を取り込んだオモチャ箱状態でメチャ盛り上がる、Jay-Zへの想いを織り交ぜたカットがすごく感動的で胸にズキズキ響く「Smash Into You」もやっぱり流麗で滑らかで美しい(溜息)、真っ白なドレスでキラキラと光り輝きながら優しく歌い上げる「Beyonce」はもう女神様にしか見えない(拝)。僕の大好きな一曲である「Broken-Hearted Girl」でのBeyonceの感情揺さぶる歌声に思わず涙が溢れて止まらない、やっぱり生で観ると凄まじい迫力と包容力。大きなサングラスを外す瞬間が最高の見所(?)な「If Were A Boy」では途中でメロディ転換があってそこも面白い、きっと有名曲なのだろうが分かりません(無知)。最初のアンドロイドBeyonceが登場するCG合成の映像が面白くて見応え抜群の「Diva」、衣装が奇抜でBeyonceの掛けている眼鏡(見えるのか?)やダンサー達のC-3POさながらなゴールド全身タイツ、この曲はビート自体が狂ってるから余計に面白い。エゴイストの塊であるKanye West(笑)が駆けつけた「Ego」、この曲ではBeyonceのダンスリハーサルみたいな映像が使われていて(ただ完璧に仕上がっているが)ちょっと新鮮。Jay-ZのTシャツを来たBeyonceのオフショットが可愛い「Hello」、こうやって聴くとすごくドラマチックかつ繊細ですごく胸に響く真っ直ぐなバラードなんだなと再認識。二人のBeyonceが対峙する冒頭の映像がエキゾチックな「Baby Boy」、もはやアトラクション並みのド迫力演出で龍の如きBeyonceが天空を舞いながら歌います(驚)。会場全員が一体となれるライヴの鉄板名曲「Irreplaceable」、皆で両手を左に動かしながらの大合唱でもう鳥肌が治まりません(笑)。会場中央の特設ステージではしゃいで弾けて歌うBeyonceがすごく楽しそうで、観ていて思わず微笑んでしまいます(幸福)。しっとりと絡みつく様に、でもバウンスは最大でスタートする「Check On It」もやはり魅せ方が巧いなって感心。そこから「Bootylicious」のラインダンスを挟んでの「Upgrade U」、冒頭のJiggaのラップで顔真似する&NY帽被ったBeyonceがすごくキュート。DC曲から唯一の披露が「Say My Name」、観客に名前を聴き煽るBeyonceがチャーミング、上手い事“Say My Name~♪”と歌うあの男性は仕込まれていたのか気になる(笑)。「Listen」は何度聴いても圧巻ですね、この頃からBeyonceは歌い方がめっきり変わってしまった、良かった様な悪かった様な.........複雑です。様々な素人の投稿動画(Justin Timberlakeのアレも)を流し、このダンスの強烈なインパクトを物語った「Single Ladies(Put A Ring On It)」はもうはしゃぐしかない(興奮)。全てを叩き壊す様な激しいBeyonceのダンスが痛快、これは観なきゃ分からない。スターとなったBeyonceが正直な感情を吐露する冒頭シーンに心動かされる「Halo」、感動の幕切れですね(涙)。

素晴らしいの一言、見終えた後の達成感といったら言い表せません(昇天)。ステージを縦横無尽に駆け回り暴れるBeyonce、素顔で率直に語るBeyonce、一人の女性として凛とした姿でステージに立つ可憐なBeyonce、いろんなBeyonceが濃縮された必見の一枚です(家宝)。これから発売される『4』を購入する前に、予行演習で購入して鑑賞しておくと良いでしょう、もっと新作『4』を楽しめる筈。本作についてはおあまり多くを書いていません、観た時の楽しみを奪わない様に、特典映像にも敢えて触れません。是非とも観て頂きたいです(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment