RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bone Thugs-N-Harmony「Strength & Loyalty」
BTNH-slcovs.jpg


Bone Thugs-N-Harmonyの通算六作目となるメジャー復帰作『Strength & Loyalty』を御紹介。故Eazy-Eに見出されデビューを飾った早口フロウの先駆者Bone Thugs-N-Harmony、彼らは一時メジャーから離れていたんですが、この度Swizz BeatzのレーベルFull Surfaceから新作をリリース、これは本当に嬉しいニュースでした。ただ残念なのはやはりBizzy BoneとFresh Boneが抜けて、Krayzie BoneにLayzie BoneにWish Boneの三人での作品になってしまった事でしょうか(寂)。
そんなかなりの戦力落ちが見られる本作ですが……内容は三人がより力を合わせているためにかなり素敵な仕上がりになっていて、とりあえずはホッとしました(安堵)。まずはここ日本でもCMで使われているJigsaw Courtesy「Sky High」をベッタリと使った「Flow Motion」で幕開け(The Individuals製作)、これ聴いてテンション上がらない奴はまずいない、Bonethug(ボンサグ)の復活を肌で感じる一曲。同じくThe Individualsが製作を担当した「Bump In The Trunk」は冒頭の“ぼんぼんぼんぼんぼんぼんぼん♪”がたまらなく痺れる、しかもゲストには彼らの新たな親分となったSwizz Beatzがフックで静かに参加しています。Fleetwood Mac「The Chain」をネタ使いした完全なメロディ物な仕上がりの「Wind Blow」はPretty BoyとBradd Youngによる共同製作、ここでの彼らの早口&ハモリはあの頃と全く一緒です(感動)。「I Tried」は本作からの先行シングル、あのAkonが製作を担当し勿論ゲスト参加もしている超強力な一曲。最初にこの曲聴いた時に僕はもう“これは買うっきゃない”と確信しましたね、本……ッ当に素晴らしい曲、Akon客演曲の中でも最強ではないでしょうか。Akon作の哀愁漂うトラックも彼のナヨっとしたフックもかなり効果的で、ストリートの過酷さを謳った内容もバシっと響く力強い一曲です。「Lil Love」はJermaine Dupriが製作を担当したキラキラ系の一曲、ゲストにMariah CareyとBow Wowを迎えている事でかなりメタリックでライトな仕上がりになっています。いつものJDらしいトラックで捻りはないけれど僕は単純に好き、Mariah Careyの歌フックも良いと思います。「C-Town」ではかつて犬猿の仲だった早口得意のTwsitaが援護射撃、ここでのTwsitaの溶け込み具合は半端じゃない、もう新たなBonethugメンバーって感じ。Lenny Williams「Trust In Me」をサンプリングしたNeo Da Matrix製作の静寂を帯びた優しいこのトラックも良い、惹き込まれる感じで素敵。またまたPretty BoyとBradd Youngが製作を担当した「Order My Steps(Dear Lord)」ではYolanda Adamsをゲストにfeat.し、かなり荘厳なトラックに挑戦。神への想いを捧げた完全なGospel曲なんですがこれがパチンと嵌っている、Yolanda Adamsの力強い歌声がまた鳥肌モノでたまらんです。昔懐かしが漂い捲くりのソウル曲「Streets」はwill.i.amがBobby Womack「Across 110th Street」をサンプリングしたカッチョイイ一曲、will.i.amは勿論ですがThe Gameもゲスト参加しています。この組み合わせもとても相性が良い、The Gameの相変わらずギャングな擦れ声ラップも貫禄あります。ピンと緊迫感ある音使いがなんともBonethugっぽい「9mm」(Street Radio製作)も、銃声轟くギャングスタな「Gun Blast」(Ty Fyffe製作)も高水準でグッド。「Candy Paint」でやっとのSwizz Beatz製作曲の登場、もっと全面的にSwizz Beatzが関与している事を期待していた僕としては残念でした(涙)。Swizz Beatz得意の煽りトラックとまではいきませんが、ほどよく煽って女性の色気たっぷりなフックも効果的で、やはり中毒性は高い一曲に仕上がっています。Brenda Russell「So Good So Right」をサンプリングした晴れやかで美しい歌モノ「So Good So Right」はこれまた最高、Feleciaなる女性シンガーと透き通る様な歌フックにあわせてBojnethugのラップも踊る爽快な一曲。「Sound The Same」はToompが製作を担当した静かな一曲、聴かせる一曲で御座います。「Never Forget Me」は再びAkonが製作&ゲストで参加、前曲「I Tried」に比べるとパッとしないし印象薄いけれど、それでもやはりAkon味の独特な一曲ですよねぇ。

いやはや良かった、Bone Thugs-N-Harmonyの魅力は全く衰えていませんでしたよ(一流)。ただやはりBizzy BoneとFresh Boneの不参加は思った以上の痛手だったかなぁと思います、あとはSwizz Beatz製作曲がもっと収録されていたら良かったのになぁ(惜)。まぁとは言いましても、僕は高音Bizzy Boneよりも低音Krayzie Boneのファンなので、Krayzie Boneが抜けない限りはBone Thugs-N-Harmonyは大好きです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment