RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Killer Mike「PL3DGE」
Pl3dge.jpg

OutKast周辺で活躍し今やAtlantaを代表するベテランの風格漂う、Killer Mikeの通算五作目となる『PL3DGE』を御紹介。このKiller Mikeは共演ではよくクレジットされているし、すごく良い味出したMCなので注目していたのですが、僕は彼のデビュー盤『Monster』しか所持していませんでした(なかなか近くのCD屋では入荷されない)。本作はジャケットもかなりカッコ良いし、あのT.I.率いるGrand Hustle Recordsが共同配給になっていたのでAmazonで購入。そのなかなかの巨体と力強くタフな重量級のラップが売りのKiler Mike、でもたまに高速スピットを効かせたりとなかなかの曲者でもあります。
それでは簡単にではありますが内容を御紹介・・・・・・まずはSmiff & Cashが共同制作の「So Glorious」で渋い幕開け、昔のソウル曲を早回しした埃っぽくも流麗なトラックに、無骨に太く鳴るドラムスビートがジワジワと熱を帯びる一曲。特にフックは無しでひたすらとマイクを握り言葉をぶつけるKiller Mikeが男臭くて痺れる、ボディブローのラッシュでもう既にK.O.寸前になります。引き続きSmiff & Cashが共同制作の「That's Life II」は硬質で鋼鉄なドカドカ殴る様な撃墜ビートが激しくて刺激的な一曲で、ちょっぴりスクリュー寸前なフックも斬れ味抜群ですし、このブンブン振り回すビートにKiller Mikeの唾吐き悪態つく様な強面フロウが最高にホット。いかにも巨躯のKiller Mikeらしいタイトルの「Ric Flair」はSweatbox Productionsが制作を担当、この曲の途中々々で挟まれる声ネタはきっとRic Flairの肉声なのでしょう(憶測)。しかしこの曲もオールディーズなソウル曲を45回転早回しした滑らか且つ華やかなメロウ風味で、ネットリと絡み付く様に鳴るホーンがしなやかで、ここでのKiller Mikeの滑る様な柔らかスマートな語り口もすごく魅力的でグッド。そして本作からの先行カットとなったのがあのNo I.D.が制作を担当した「Ready Set Go」、客演にはもはや親分的なT.I.が参加。寺院で怪しげに響き渡る念仏の様な声メロディがすごく不気味で耳にこびり付く、T.I.はフックのみの登場なのですがあのネッチリした挑戦的な鼻声(しかもちょっと肩透かす様な流すスタイル)で余計に光ってますね(流石)。ストリートの不穏さがギラギラチラチラと光るこのダークチューン、のっぞり歩いて構わず蹴散らす様なKiller Mikeのヘヴィーなラップを際立たせていますね(恐怖)。Sweatbox Productionsが制作を担当の「Burn」は喧騒のライブ音源をそのまま下敷きにした様な、熱気がガッツリと充満し切った汗臭いロキッシュな一曲。Razなる人物が制作し、あのYoung Jeezyが客演参加した「Go Out On The Town」はやはり要注意。ジリジリと火で炙って火傷してただれるダークバウンスチューンで、Killer Mikeの滑走気味のスピード感あるラップと、Young Jeezyのしゃがれた焦げ臭い極めて悪なラップが絶妙に絡まります。早回しでの“アーメン”斉唱とAsia BryantとChazie Seppardなる女性シンガーの透き通るような神々しい女神フックが華麗な「God In The Building II」、制作はThe Beat Bulliesが担当。ほんのりと煌びやかなシャイニーチューンがすべすべと心地良く、神への感謝を示した様な讃歌スタイルで本作でも異色な一曲ですね。The Biznessが制作を担当した「Player's Lullaby」は、Rock D The Legendなる男性シンガーとTwistaが揃って参加。哀愁たっぷりに爪弾くアコースティックギターが乾いた風を吹かすブルージーなスロウで、ここではKiller Mikeのひっそりと静かな佇まいがクールで、Rock D The Legendも柔らかな吐息に近いファルセットで情感たっぷり。そこを木枯らしの様なTwistaの渋い早口フロウが吹き荒ぶ感じがもうたまらなく渋くて身に沁みますね(趣深)。Zone Beatzが制作を担当した「Animal」ではGucci Maneが客演参加、シリアスに切り裂く様に鳴るシンセのふらついたメロディに、象の鳴き声や虎の咆哮が轟くなんとも面白い一曲。このドロドロと重たいジャングルビートにKiller MIkeとGucci Maneはピッタリ過ぎる、二人のパワフルで獰猛な猛者が威風堂々とのし歩きます(痛快)。Sweatbox Productions制作の「American Dream」も黒くて渋くて芳醇な香りの漂うバーボン曲でKiller Mikeの貫禄たっぷりのラップが一発一発と重たく圧しかかるハードコアな一曲で痺れる。引き続きSweatbox Productions制作の「Everything(Hold You Down)」は女性シンガーのMyesaが参加、スマートでキラキラと美しく輝くラインストーンチューンは甘美にして滑らか、優雅にドレスアップした夜会系の流麗曲は僕のハートを一撃鷲掴みでした(必殺)。Ray Rushなる男性シンガーの甘酸っぱくも切ない歌フックが甘過ぎる「Follow Your Dreams」、制作はDJ Speedyが担当。この曲はフックだけならばスウィートなんですが、絶えず鳴り止まないパーカッションがすごくスパイシーで刺激的で耳に残る、でも後味として残るのは切なく哀愁漂うほろ苦さというのがたまらない(昇天寸前)。Flying Lotusが制作の「Swimming」はなんとも幻想的でゆらゆらと妖しく揺れる曲線メロディがまどろみ浸透、Mitchell's Siumなる男性シンガーの舞い上がり堕ちてゆく様なファルセットの微細いヴォーカルもすごくドリーミー、これはDrakeっぽいまろやかさがすごく心地良くてKiller Mikeの巧者ぶりが伺えます(一流)。最後を締め括るのはT.I.に加え新たにBig Boiまでも召還した最強Remix「Ready Set Go(Remix)」、Big Boiの雷落としながら巻き込む嵐の様なフロウが最高にホットでやはり圧巻、これでAndre 3000が入っていれば.........まあAndre 3000が入りそうな雰囲気ではないトラックですが(殺伐)。

きっと仕上がり的には平均水準で、突出したものも目新しいものもありません。がしかし、こういうベテランが自分の道を貫き通してスタイルを誇示する姿がカッコ良く、そういう意味でも本作は結構僕のお気に入りであります(墨付)。昔からのHip Hopファンならばきっと満足出来るこの重量感、無器用な程に硬くハードで黒いゴツゴツした黒炭トラック群も妙な安心感を覚えてしまいます(古参)。とにかくどれもが燻し銀で職人気質な硬派な一枚、見かけによらず聴き易いフロウの持ち主であるKiller Mikeもやはり鉄人だと実感できるなかなかの力作で御座います。特に後半でのメロウ数曲でクライマックスを迎える演出に僕はヤラレましたね、僕はかなりお薦めしたい一枚です、素敵でした(満足)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment