RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raekwon「Shaolin Vs. Wu-Tang」
RaekwonShaolinVsWuTangArt.jpeg

武闘派集団Wu-Tang Clanの通称“The Chef”ことRaekwonの通算五作目となる『Shaolin Vs. Wu-Tang』を御紹介。Raekwonといえば前作『Only Built 4 Cuban Linx... Pt. II』は軒並み2009年の傑作としと絶賛され、かつての輝きを取り戻した(いやずっと第一線で活躍はしているのですが)Raekwon。勢いそのままにかなり短いスパンでドロップされたのが本作、もうこの“Shaolin(少林)”と“Wu-Tang(武闘)”という単語二つの組み合わせだけで、昔からのWu-Tangファンは垂涎モノだろうと推測します(鉄板)。僕も物凄くという訳ではなくともWu-Tangは好き、前作は買いそびれたままですが本作はすぐと購入しました。
それでは簡単にですが内容を御紹介したいと思います・・・・・・まず最初に述べておきますと、本作にはWu-Tang Clanの頭脳であるRZAは不参加。これまでもRZA不参加はありましたが(むしろ最近はRZA不参加ばかり)、やはり一曲もRZAの制作曲がないというのは驚いてしまいます(笑)。まずは思い切り闘いの場面からの威声で血が滾るScram Jones制作の「Shaolin Vs. Wutang」でおどろおどろしく幕開け、スリリングかつ切り裂く様なストリングスが緊迫感を増幅、そこにRaekwonの渋く淡々と睨みつけながら吐き出すフロウが三節棍の如く聴き手を打ち破ります(即死)。盟友Method Manを援軍にし、これまた旧友のErick Sermonが制作を担当した「Every Soldier In The Hood」もカッコイイ、この退廃した裏路地のような殺伐としたトラックが、Raekwonの鬼声をより尖ったものに昇華させています。もはや兄弟の様に強力なタッグといえるGhostface Killahが援護射撃する「Silver Rings」はCilvaRingzが制作を担当、1分ほどの短い曲ながら途中でODBの声が聴こえるだけで漏らしそうなぐらい興奮します。Bluerocksが制作を担当し、Inspectah DeckとEstelle(!)が参加した「Chop Chop Ninja」はなぜか忍者が題材(不思議)。しかしこれは空を切る手刀のチョップ効果音がザクザクした感触を生むビート重視の曲でカッコイイ、Estelleのほのかに影のあるヴォーカルも良い塩梅でしとやかさを与えていてグッド。Bronze Nazarethが制作の「Butter Knives」もやはりドカッドカッと力強く蹴り上げるビートがタフでカッコイイ、あの剣がキランと鋭く光る効果音に痺れてしまいますね。Selasiなる人物が制作を担当した「Snake Pond」は中華テイストな胡弓音が緩やかに流れ、そこに殺伐として迫り来る様なヒリヒリする硬質ビートが打ち込まれた一曲で、こういう中国曲(アジアンテイスト)を違和感なく乗りこなせるのはWu-Tang一派のみだと思います(断言)。続いても中国の笛の様なピーヒュルリー音が滑らかに荘厳に鳴り響く「Crane Style」、制作はScram Jonesが担当。2分弱の短い曲ながらも破壊力抜群のBusta Rhymesが登場する事で聴き応え抜群、人里から遠い霧立ちこめる雲上の秘境で、互いに対峙し腕を磨き鍛錬するようなマイクリレーがカッコ良過ぎます(昇天)。Ghostface KillahにJim JonesにKobeという、なんとも豪華で異色な組み合わせがたまらない「Rock N Roll」はDJ Khalilが制作を担当。ここでは流石にカンフー映画からの抜粋声ネタはありませんが、それでもやはりザクザクと斬りかかる様なシリアスで攻撃的なトラックが盛り上げます。やはりJim Jonesはあの煙たくて男臭いラップで存在感抜群ですし、Kobeの思い切りロックしているヴォーカルも異世界な空気感で、より曲に重みと面白さを追加しています。本作の中では異色なロキッシュチューンなので、良い意味で丁度良い折り返し地点として機能しています。続く「Rich And Black」ではこれまた長きに渡る戦友のNasが参加、制作はSean C.が担当。これも神経質なストリングスを響かせながら優雅に舞いつつ急所を突く様な尖ったトラックで、このシリアスさがRaekwonとNasの二人にすごくお似合い。とても音数が少なくて下手すると単調になってしまいそうなのですが、RaekwonとNasという豪傑が揃った事でかなり殺気立った神懸かりな一曲に仕上がっています。Kenny Dope(!?)が制作を担当の「From The Hills」はMethod Manと、これまた意外にもRaheem DeVaughnが参加。これも燻し銀極まりないソウルフルなホーンが散るブラックパワー溢れ漲るアッパーで、そこにRaheem DeVaughnのスマートで悩ましい裏声ヴォーカルが乗ることで、より気品高いしなやかメロウに仕上がっています。僕としては声質も似ているし、なかなか良いコンボだと思うのがLloyd Banksが援護射撃の「Last Trip To Scotland」はScram Jonesが制作。低く慎重に構える不穏にしてスリリングな煤っぽいメロディに乗せて、この二人の銃声の様に危険で灼熱のフロウが冷酷に響いてきて、背筋が凍る様な恐ろしさが漂っていてかなりグッド。Wu-Tang Clanとは親交も深いThe Alchemistが制作した「Ferryboat Killaz」も、キリキリ金属っぽい鍵盤音が薄気味悪くゴシックホラーな雰囲気を醸し出しています。これまたWu-Tang Clan所属ともいえるDJ Mathematicsが制作担当の「Dart School」は、音の強弱がハッキリしていて一旦沈めた後にガーッと上がって来るホーン音が最高にエモーショナルで、Raekwonの冷淡で静かなフロウにすごく映えます。Xtreme Beatsが制作の「Molasses」は、Ghostface KillahとRick Rossが援護射撃。くゆらすソウルメロディに点滅する様に鳴るホーンが渋過ぎる、全員が妙に落ち着き払ったドスの効いたフロウを繋げるかなり重量級な威力の一曲に。「The Scroll」はEvidenceが制作を担当、中国奥地の崖の上を旋回する鳶の鳴き声みたいな笛音のループと、ギシギシと密着したジャングルっぽいパーカションの連打が最高にホットな一曲。Novaなる人物が制作した「The Masters Of Our Fate」はBlack Thoughtが客演、最後はスベスベしたストリングスの効いたメロディで、Raekwonは勿論ですがBlack Thoughtがやはり哀愁たっぷりに締めます。

一曲一曲が短く、しかもほぼ継ぎ目のない感じで進行してゆくので、一枚を少林映画のスコアの様にしてスッキリと聴き終える事が出来ます。題名とジャケットからも分かる通り完璧にWu-Tang初期のサウンドを彷彿させるバキバキな武闘曲ばかりで、Wu-Tang Clan好きならば絶対に興奮してアチョー!と叫ぶであろう一枚です。やはりRaekwonの功夫(カンフー)フロウがカッコイイです、ヤラレてしまいました(一撃必殺)。最近のHip Hopとは確実に一線を画していますね、こういうサウンドもずっと生き続けて欲しいです(願)。男なら絶対に好きであろうWu-Tang Clan一派、必聴ですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment