RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brownstone「Still Climbing」
bsscc.jpg


Maxee、Nicci、Kina(本作より新加入)の女性三人グループBrownstonの通算二作目となる『Still Climbing』を御紹介。彼女達はあのMichael Jackson主宰のMJJ Musicからデビューした実力折り紙つきのボーカルグループ、Michael Jacksonの前でアカペラを歌って契約を獲得したらしいです(凄)。容姿もなかなか綺麗でイイ感じ、かなり期待して購入した一枚で御座います。
それでは内容はいかがなものかというと……これが侮れない快作となっていて嬉しい驚き、製作陣も僕が知っている様な有名どころが勢揃いしています。まずはRodney Jerkinsが製作を担当したHip Hopテイスト溢れる「Let's Get It Started」で幕開け、Herman Kelly & Life「Dance To The Drummer's Beat」をサンプリングしたドロッとしたビートにMike Nittiなる男性のMCのラップを重ねた、ちょっと意表を突かれた一曲。続いては爽快でピュイーンな音が体の中を駆け抜ける「5 Miles To Empty」、製作はBig YamとVictor Merritt、彼女らのコーラスを堪能出来る一曲で惚れます。「Love Me Like You Do」は再びRodney Jerkinsが製作を担当、Average White Band「A Love Of Your Own」使いの少し曇ったソウルフルなトラックは素敵で彼ならではの仕事っぷり。Dave Hall製作の繊細で儚いラブソング「In The Game Of Love」、“恋は勝つか負けるかわからない、賭けるしかない”と歌うその詞に共感しつつウットリします。キラキラぽわわんなトラックにBrownstoneの伸びやかな歌声が僕を昇天させる「Foolish Pride」はSoulshockとKarlinのSoulpowerコンビが製作を担当、こういう煌びやかで眩しい神々しい曲を書かせたら彼らは最高で御座います(失神)。Big YamとVictor Merrittが再び製作の「Kiss And Tell」は切れ味鋭いいきなりのアッパー、この転調が功を奏していて僕は完全にヤラレました、こういう現行R&Bみたいな楽曲もBrownstoneはカッコ良く乗りこなしていて痺れちゃいますよね。そのBig YamとVictor Merrittが手掛ける続く「Baby Love」もギター味とピアノ味が融合する王道綺麗曲、“あなたさえいれば、あなたがすべて♪”と歌う詞も真っ直ぐで捻りが無くて好き。「Around You」はあのRobin Thickeが製作を担当した超絶美曲、けして黒くはないポップなバラードですが素敵、恋人との別れを歌い上げる切ないハーモニーに涙腺は緩みっ放しです(流溢)。「Revenge」はSoulshockとKarlinによる製作(ソングライティングにBoyz Ⅱ MenのShawn Stockmanが参加)、夜の雨降りの濡れたコンクリート路地を思わせる妖しくも魅力的な一曲。「All I Do」はTricky(Christopher "Tricky" Stewart )とSean "Sep" Hallによる製作曲、これも軽くHip Hopテイストを織り交ぜたライトアッパーで心地よく踊れる春風曲。Herb Middeton製作のコーラス全開のゴスペルチックな「You Give Good Love」も、Nichole Gilbert製作の朝の目覚めの様に優しく囁きかける「If You Play Your Cards Right」も、どれもがBrownstoneの美しい歌声で彩られた昇天確実のバラード集となっております。

いやはや御見逸れ致しました、なんて素晴らしい一枚なんでしょうか(感動)。これだけの実力ある女性ボーカルグループってのも、そうそうは居ないでしょうねぇ。こういうボーカルグループって僕は大好きなんでもっと出現して欲しいですよね(願望)、個人的には新加入のKinaのお顔が好きで仕方ありません(阿呆)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment