RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Musiq Soulchild「Musiqinthemagiq」
Musiqinthemagiq [Bonus Tracs]

Philly Soulの至宝といっても過言ではない味わいのある玄人、Musiq Soulchildの通算六作目となる『Musiqinthemagiq』を御紹介。いつも心温まる柔和なヴォーカルでベテラン達を満足させているMusiq Soulchild、しっかりと軸のぶれないソウル音楽を探求し続ける彼も、毎作ごとにちょっとずつメロディを変化させていて(最近は先行カット曲が意表を突くものばかり)、それもちょっとした楽しみのひとつ。音の世界に広がる波状線でそのままMusiq Soulchildを描いたこのグラフィカルなジャケットが、すごく芸術性に富んでいて流石はMusiq Soulchildと唸ってしまいました。やはり音楽盤蒐集家としては、ジャケットの占める価値ってかなり大きなものですからね。とにかく何度も言いますが、このジャケットだけで今年発売された作品の五指に入る素晴らしさだと思います(断定)。
それでは肝心なのは内容だという事で・・・・・・まずはあのSwizz Betazを客演に招いたMusiq Soulchildにとっては飛び道具の様なキラキラ電子アッパー「Anything」、これはもうきっとSwizz Beatzの制作だろうと思いきや、意外にもJerry "Wonda" Duplessisが担当(Co制作をArden "Keyz" Altino)との事。とにかくこの曲の持つ華麗さがすごく色彩豊かで胸が弾む、跳ねる様な電子鍵盤のキュートでウキウキしたメロディが甘酸っぱく響き渡っていてもうグッド(惚)。Musiq Soulchildのちょっと鼻にかかった甘ったるくも優しいヴォーカルも最高に綺麗だし、Swizz Beatzの相変わらずのハンズアップっぷりが絶妙に効いていて、聴きながら思わずクラップしながら踊ってしまう爽快なラヴソングに仕上がっています。続くLil Ronnie制作の「Single」では“君は綺麗だよ、でも分かって欲しい、僕は彼女を愛している、だから行かなきゃ♪”と、一瞬の気の迷いを吹き消す(言い聞かせる)男の心情を書いた詩に共感しまくり(苦笑)。柔かくソフトに小さく響くエレクトーンにピコピコ鳴る電子音、ほんのちょっぴり気持ちの静寂を掻き乱す素敵な出逢いと上手くリンクした、やはり流麗でいてエモーショナルな胸キュンチューンとなっています。まるで高級なシャンデリアの様な品のある輝きを放つピアノ鍵盤のポロポロ鳴るメロディが繊細で美しい「Sayido」は、Jerry "Wonda" DuplessisとあのRockwilder(!)という異色の組み合わせで制作を担当。ピアノ基調の艶っぽい色香の漂うメロディはJerry Duplessisの、その後ろで鳴るガッチリ硬いラフなドラムパターンの組み込みはRockwilderの味付けかな。70年代ソウルっぽいヴィンテージなノリが心地良い「Lovecontract」はElementが制作、こういうレトロで温もり豊かなソウルフルメロウにMusiq Soulchildのやんわり滲む様な歌声はすごくお似合い。光陰のどちらともつかない、マイナーすれすれの華やかなメロディがなんだか不思議な「Silver&gold」はJerry "Wonda" Duplessisが制作を担当(Co制作をArden "Keyz" Altino)。Musiq Soulchildのひらりと舞う様なファルセットも軽やかで優しいし、この演奏味溢れるトラックもすっと胸に浸透してくる真っ直ぐなメロディ。同じくJerry "Wonda" Duplessisが制作を担当(Co制作をArden "Keyz" Altino)の「Waitingstill」は、乾いたアコースティックギターの弦音と流麗な電子音がふわふわと浮かぶ、口溶け柔らかなチョコレートチューン(甘美)。ここではMusiq Soulchildも終始と澄んだファルセットを駆使していて、“君の為に頑張っている、家庭へと発展できるよう、君が一人にならなくて済む様に♪”と、爽やかな春風の様なメロディに乗せて謳うのがもうたまらない(昇天必至)。Jerry "Wonda" DuplessisとLil Ronnieが共同制作(Co制作をArden "Keyz" Altino)の「Backtowhere」は、まるで偏頭痛の様な震動伴って響き渡る打ビートに、少し病んだ様な感触を覚えるちょっぴり悲しいラヴソング。Musiq Soulchildの歌声もどこか暗くて引きずる様なタッチ、何度も繰り返しループするフックも、結局は離れても引き戻される愛の形にリンクしていて切なかったり。「Dowehaveto」はJesse "Corparal" Wilsonが制作を担当、丸っこいホーンと繊細な鍵盤音が紡ぎ出す、真っ暗な夜空に瞬く星屑のようなサザンソウル風味のメロウチューンにウットリ(堕)。“僕が一緒にいたいのは君だけ、一緒にいたいのは僕が恋に落ちたあの頃の君♪”と謳う詩が、すこし残酷だけれどもそれも恋だなと痛感してしまう一曲。「Befriends」はJack Splashが制作を担当した静寂スロウソウル、このなんともアンニュイな伸びのある歌声はMusiq Soulchildの専売特許、少し曇った演奏が艶やかでじっとりと濡れたメロディがじれったくて切ない極上スロウに(骨抜)。再びElementが制作を担当した「Yes」は、“何も悩まなくていいよ、答えはイエスさ♪”と自信満々に優しく微笑む純粋なラヴソング。Musiq Soulchildの喉を転がすような甘ったるいヴォーカルが最高、彼のファルセットに時折Michael Jacksonを重ねずにはいられないPhillyっぽいタッチのソフトバラード。静かにゆっくりと澄んだ水底にひっそりと沈んでゆく様な、ゆらめいた空間が神秘的な「Medicine」はMellowmomentumが制作を担当。深く息を吸い込んで吐き出す様な、優しく寄り添う様なMusiq Soulchildの“君の必要な薬になってあげる♪”と囁く感じが色気たっぷり。最後を飾る「Likethesun」はJesse "Corparal" WilsonとThe Kaliphatが共同制作、これはメロウな中にもダークでソリッドな感触が冷たく光るサイバー風味の一曲で、ヴォーカルエフェクトをかけたサイボーグチックなMusiq Siulchildも最高にクール。とここまでが本作の内容で、国内盤には加えて二曲のボーナス曲が追加されています。まずはElementが制作の変則的なドラムスがスパイスになった「Clumsylove」、晴れやかで眩しいメロディがハートフルなメロウ曲。Lil Ronnieが制作を担当の「Goodgirl」は、妖しく微振動しながらボワンボワンと繰り返し明滅する吐息シンセが美しいエレクトロ曲。Musiq Soulchildの少し無機質でカチカチしたフックがアクセントになって、全体的にヒンヤリしたスペイシー風味になった癖になる一曲。

うん、やはり文句無しの珠玉のソウル盤となっており、頭のてっぺんから爪先までどっぷりとMusiq Soulchildの甘ったるい世界に浸る事が出来ました(溺愛)。こういうMusiq Soulchildみたいなベテランは作品の風味を決めるのが難しいと思います、あまりに売れ線狙いでポップ路線過ぎると従来のファンが納得しないし、かといって完璧にオールディーズなナンバーばかりにしてしまうのもちょっと違う気もするし。ここ最近はRaphael SaadiqやEric Benetなんかが60~80年代のソウルを復古させて成功していますし、Musiq Soulchildもそういうアプローチを仕掛けて来るかなと思いきや、彼は彼らしくPhillyの柔らかな空気を感じる、ちょうど良い塩梅のソウルフルなトラックを詰め込んでくれました(贈物)。本当にちょうど良い立ち位置での作品だった気がします、聴いていてすごく心地が良かったというのが素直な感想。Musiq Soulchildはすごく歌が巧いという感じではないのかもしれませんが、やっぱりあのいなたくも甘ったるい声が嫌いではないです(喜)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment