RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pharoahe Monch「W.A.R.(We Are Renegades)」
Pharoahe_Monch-WAR.jpeg

Prince PoetryとOrganized Konfusionとして活動した後、ソロ転向したPharoahe Monchの通算三作目となる『W.A.R.(We Are Renegades)』を御紹介。勿論かなりの手練として僕でも知っているPharoahe Monch、これまでサントラ盤や客演でも彼のフロウは聴いてきましたが、こうやって彼の作品を入手したのは実は初めて(恥)。なかなか入手する機会が無く、今回やっとの思いで購入する事が出来ました(祝)。この毒ガスマスクみたいな物を付けたジャケット、クールでイカしていますね。
それでは簡単にではありますが内容に・・・・・・まずはPharoahe Monch制作でIdris Elbaが客演(語り)参加の「The Warning」でおどろおどろしく幕開け、ここでもう雰囲気はバッチリ作られます。そして硬質なドラムスのビリビリ来る様な振動波ビートが炸裂するハードな「Calculated Amalgamation」はLion's Shareが制作を担当、驚く程にシンプルでザラザラしたガチガチなトラックだからこそ、Pharoahe Monchの男臭くて太めの声が渋く活き活き輝きます。注目の新進気鋭Exileが制作を担当した「Evolve」は、聖堂内に響き渡る天使のハーモニーの様なメロディがふわふわと舞い、しかし叩かれるビートは厳格にして冷たい逆コントラストがすごく不思議な艶を生み出す一曲。Marco Poloが制作を担当した「W.A.R.」では、Immorial TechniqueとVernon Reidが揃って客演参加。ソウル曲を45回転してぶった切った様な荒削りなゴリゴリビートと、バキバキに力強く撃ち込まれた電子鍵盤の瓦礫っぽいメロディが最高にハードコアで重量級の一曲で痺れる。冒頭の銃声で既にハッと覚醒してしまう「Clap(One Day)」は、Showtymeなる男性シンガーとDJ Boogie Blind(The X-Ecutioners所属)が客演参加。とにかくDJ Boogie Blindによる鬼スクラッチが最高にカッコ良くて、これぞ古典的なHip Hopだという事で脊髄から刺激されてしまいます(昇天)。コク深いなんともドローリと濃いソウルメロディをあしらったメロディも最高だし、そこで聴かせるShowtymeのバリトンヴォイスも最高に渋くてたまらない(鳥肌)。しかもこの曲の後半は文字通りクラップだけで聴かせる計らい、これも面白くて刺激的。続くMike Loe制作の「Black Hand Side」は脇を固める手練が凄い、Styles PにPhonte(Little Brother所属)が揃い踏みというドリームタッグが実現(失神寸前)。これは流麗にして滑らかな美しきストリングスがすごく映える、気品溢れる上質ラグジュアリーなメロウチューンで、聴いているだけで骨抜きにされます(堕)。そこにまずPhonteの渋味とまろやかさのある穏やかで柔らかなソウルフルなヴォーカルフックでまず昇天、Styles Pの焦げ臭い硝煙フロウもやはり渋くてPharoahe Monchとダブルで味わい深いです(御馳走)。昔のソウルファンクレコードをそのまま粋に流して、上からPharoahe Monchのラップを流し込んだ様な「Let My People Go」はFatin "10" Hortonが制作を担当。なんというかちょっとラテン訛りっぽい突っかかる様なラップをするPharoahe Monchが面白い、すごく真っ黒い一曲。あのDiamond Dが制作というだけで気絶する事が間違いない「Shine」は、客演に女性シンガーのMela Machinkoが華を添えます。単調ともいえる生真面目なドラムスループに、柔らかくも少し奇妙に冷たい響きも持つ鉄琴っぽいメロディもループするトラックがDiamond Dらしいシックな一曲。そこをひたすらと唾飛ばしマイク握り締めラップを撃ち放つPharoahe Monchがタフでカッコイイし、Mela Machinkoのソウルフルでドスの利いたパワフルなヴォーカルも素晴らしいです。Sam I Am制作であのMr.Porterが客演参加の「Haile Selassie Karate」も兎に角と渋過ぎる(痺)、埃っぽいソウルメロディをブツブツ残像の如くフラッシュバックさせながら紡ぎ出すグルーヴは真っ黒ファンクで最高にホット(一撃)。お構い無しに淡々と睨みを利かせて言葉を吐き出すPharoahe Monchが神懸かりですし、Mr.Porterのあのいなたくもハイなファルセットがセクシーで艶やかでグッド過ぎる。M-Phazesが制作(Mr.Porterも関与)を担当した「The Hitman」も渋い、ベンベンと爪弾く尖ったベース弦のメロディが燻し銀で御座います。同じくM-Phazesが制作を担当した「Assassins」では、Jean GraeにRoyce Da 5'9'というコアなMC二人が揃い踏み。激しく乱れ打ち状態で嵐の様に鳴るビートの応酬が凄まじく殺伐、三人の斬れ斬れなラップが息継ぐ間もなく繰り出されあっという間に瞬殺されてしまいます(仕留)。 Adam DeitchとEric KrasnoのFyre Deptが制作を担当した「The Grand Illusion」は、ドラムスとほのぼのと明るく陽が昇るようなメロディアスな軽いロックテイストの一曲で、毛色が違う分だけ本作の幅を少し広げています。最後を締め括るのはM-Phazesが制作を担当し、あのJill Scottが客演で参加した「Still Standing」。Pharoahe Monchの流星のようにするりと滑る様な、瞬きフロウがキラキラと輝くメロウチューンで美しい。Jill Scottのけして派手でないけれど、じんわりと浸透する様な澄んだ深いヴォーカルが慈悲深くて涙が出そうになります(感動)。

最近のHip Hopは物足らない、そう感じている方にはもってこいな一枚ですね。昔ながらのHip Hopファンはやはり必聴盤、派手さはなくともその燻し銀な渋い魅力でじっくり聴かせてくれる辺り、やはりベテランのみ成せる業ですよね(納得)。一枚すんなりと聴けます、裏返せばキラーチューンみたいなものはなかったかもしれません。でも素直にカッコ良かったです、本格派志向の貴方は聴くべきです(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment