RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kirk Franklin「Hero」
herokirks.jpg


Gospel界の重鎮であるKirk Franklinの通算七作目『Hero』を御紹介。素人の僕でもその名前ぐらいは知っているBlack Music界の(というよりアメリカ音楽)の超ビッグネームであるKirk Franklin様、本作は彼の通算6作目となる……ハズです。まずこのジャケットがなんとも素晴らしい、これは芸術作品、がしかしやはり馴染みの浅いGospelという言葉に躊躇し購入してなかったんです。そんな折に弟がこの一枚を購入していまして、聴かせてもらうとこれがも~~~~~う本当~~~~~に素晴らしいんですよ、おっとそれは内容紹介か。
てな訳で早速と内容紹介に参ります……僕の語彙&筆力ではまったくもって本作の素晴らしさは伝わらないかもしれませんが(涙)。まず書いておきたいのが、本作では別にKirk Franklinは歌っていません(笑)。彼って歌わないんですね、全曲を製作し歌い手のChoir(クワイヤ)と呼ばれる聖歌隊を指揮している様です。まぁKirk Franklinが歌っていないとかそんな事はどうでもいいんです、とにかくKirk Franklinの創り上げる楽曲群がとても素晴らしくて、この一枚には本当に愛と希望が満ち溢れているんです(眩)。まずはPatrice Rushen「Haven's You Heard」をサンプリングした爽快駆け抜けソング「Lookin' For You」でヤラレます、これ聴いてテンション上がらない奴は絶対にいないです(断言)、自分も黒人になった気分で熱唱(阿呆)。続いてはDorinda Clark-Coleなる人物をゲストに迎えた完全なるGospel曲「Hero」が早くも登場、静かに入る女性コーラスから移る静かな男性コーラス、そしてだんだんと高揚するかと思いきやまたトーンダウン、もう完全に僕の心はKirk Franklinの手中で御座います(酔痴)。途中で挟まるKirk Franklinのしゃがれや掛け声も素敵、ほんのちょっとですがこれは本当に重要な要素ですね。Fred Hammondの深みのある歌声「Interlude」から流れ込む「Let It Go」はギターが泣くロック味な一曲。綺麗な音楽のみで僕らを惹き込む「The Process」からそのまま入る「Imagine Me」、僕はもうここでなぜか涙が出そうになりますよ(感動)。もうこれは美しすぎます、神々し過ぎて圧倒されます、でも優しく包み込まれます(温)。落ち込んだ時(現在)、なにかに挫けそうな時(現在)、困難に立ち向かっている時(現在)、そんな時に聴いて勇気を分け与えてくれる一曲(現在)。「Could've Been」ではJ MossとTye Tribbettなる二人をゲストに迎えています、これも普通にR&Bって感じで伸びやかで心地良い、普通にMary J. Bligeなんかが歌ったら最高だろうなぁと感じました(好)。「Better」ではTimbalandを思いっきり薄くした様なエッジの効いたHip Hop味の一曲が飛び出して驚き、しかもこの曲にはあのAndre HarrisとVidal Davisが製作に携わっています。「Afterwhile」もすっごく素敵、切ないピアノを伴奏にあのYolanda Adamsしっとりと歌い上げる極上バラード(溶)。そんな素敵曲「Afterwhile」を切らずに流れる「Brokenhearted」も温かい、Marvin L. Winansがゲスト参加しています。Kirk Franklinの語りラップで始まる「Without You」は、Babyface風のギターを主軸にした哀愁ナンバー。続いてはEW&F「Head To The Sky」をサンプリングした「Keep Your Head」、これもEW&Fの風味を絶妙なバランスで残しながらも完全なKirk節Gospelに仕上げた秀逸曲で御座います(最高)。そして本作の目玉曲であろうこの曲「Why」の登場、あのStevie Wonderがゲスト参加している強力爽快ナンバーに仕上がっているんです。どこまでも高みへと僕を導く力強く清涼感のあるコーラスに、Stevie Wonderの愛に満ちた歌声とハーモニカが絡む間違いない一曲で御座います。女性コーラスの歌声にストリングスが絡むキラキラな「First Love」、Kirk Franklinのピアノをバックに男性と女性のデュエットで贈られる切ないバラード「The Appeal」、Randy Crawford「You Bring The Sun Out」とJennifer Holiday「Say You Love Me」の大ネタ二曲をサンプリングした可愛くキラリと輝きを放つ清涼感たっぷりの「Sunshine」と最後の最後までまったくもって抜かり無し、Kirk Franklinの音楽世界のだだっ広さにただただ圧倒されるばかりです(完敗)。

Gospelって音楽がどういうものを指すのかまだよくは分かっていない僕ですが、これだけはハッキリ言えます、Kirk Franklinの創り上げるGospelは本当に大好きです(絶賛)。R&B好きな方ならなんの抵抗もなく聴けます、それぐらいにR&Bライクな聴き易い一枚に仕上がっています。全体がしっかりとまとまりがあって、最初から最後まで飛ばすことなく聴いて欲しい傑作、是非お薦めです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment