RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Chris Brown「F.A.M.E.」
F.A.M.E. [Bonus Tracks]

R&B界の新星として、あのMichael Jacksonの継承者とも謳われたChris Brownの通算四作目となる『F.A.M.E.』を御紹介。あのRihanna暴動事件により一気にキャリアを失速させたChris Brown、その後も地道な活動(慈善奉仕活動を含め)、TygaとのMixTape『Fan Of A Fan』が特大ヒット、これを機に復活を遂げた感がありましたね。先に述べておきますと本作もBillboard 200でも堂々の初登場一位を獲得(Chris Brownにとっても初)し、完璧に第一線に返り咲きました。その後もTV局で少し暴れたりもした様ですが(これで僕は再び彼に失望した)、Rihannaが接近禁止命令を解いてあげるなど、順調に歩み始めた様です。アルバム題名の『F.A.M.E.』は“Fans Are My Everything”に改められましたが、僕は当初の“Forgiving All My Enemies”がChris Brownの本音だと思います。
それでは簡単に内容を書きますと・・・・・・まずはK-Macが制作のアジアンテイスト香る異国情緒スパイシーなシンセ曲「Deuces」、客演にはTygaとKevin McCallが揃って参加。この曲の持つ泥っぽいベッチャリとしたビートが(でも汚れてはいない、澄んでいる)がすごく耳に残るし、それをChris Brownのクリスタルヴォーカルが更に磨きをかけて美しくしています。客演二人も凄く良い、やっぱり特大ヒットしただけある重要曲。あのThe Underdogsが制作を担当した“今度こそ僕は台無しにしない、もう二度と片想いのまま別れたくないから♪”と感情たっぷりに歌い上げる、すごくエモーショナルで涙が込み上げる崩壊寸前のラヴスロウ「Up To You」が素晴らしい(感動)。The Underdogsの作る正統派なクラシック美バラードは勿論ですが、こういう胸をギュッと締め付ける切なく甘い歌声こそ、Chris Brownの本領発揮だと僕は思うから(惚)。ピアノ鍵盤のサラサラとした繊細な流れに、刺激的な打楽器ビートが時折打たれる「No BS」はTha Biznessが制作でKevin McCallが客演。ちょっぴり熱帯夜な熱っぽいトラックも素敵ですし、じっとりとしたヴォーカルで聴き手を焦らすChris Brownの歌声も良い。あのBusta RhymesとLil Wayneという強烈な個性派MCを両脇に配した、最強艦隊アッパー「Look At Me Now」は凄まじい(汗)。DiploとAfrojackが制作(Co制作をFree School)のあのピュインピュインと無重力空間を遊泳する変テコな電気ビートも面白いし、これだけシンプルながらそれでいて強烈なバウンスを紡ぐ辺りは特殊。それもこれもBusta RhymesとLil Wayneの援護射撃の賜物、Busta Rhymesは音速状態のフロウであちこち破壊、Lil Wayneもベロベロチロチロと舌を出す様なお化けフロウで怪しさ抜群、Chris Brownは完全に助けられています。あのMichael Jackson「Human Nature」とSWV「Right Here(Remix)」を(というか完全に後者を)思い切りサンプリングした「She Ain't You」はFree Schoolが制作、これはもう原曲の持つ近未来的な空間が広がるスタイリッシュな一曲に。Harmony "H Money" Samuelsが制作の四つ打ち寸前のドカドカ踏み鳴らすビートで飛び跳ねる「Say It With Me」、剣林弾雨の銃撃戦の中を潜り抜けて疾走する様なスピードスリルがたまらない派手なダンスチューン。これも事前にヒットした80'sな雰囲気漂うテクノ(ハウス?)ポップチューン「Yeah 3X」は、Justin "DJ Frank E" Franksが制作。これはもう夜明け前のクラブで聴いてガンガン盛り上がろうなアッパー、単純に爽快で痛快で楽しいパーティーチューン(明)。The Messingers制作の「Next To You」ではJustin Bieberとの共演、世間的には嬉しい共演なんでしょうが僕は特に興味無し(笑)。それよりも僕は続く「All Back」の方が断然注目、あの注目の新進気鋭Timothy Bloomが制作を担当しているのです(興奮)。ブルージーでカントリーな風味も漂うメロディを軸に、愛を取り戻そうと焦り急ぐ胸の鼓動を感じる早めの打ビートが、すごく涙の湿っぽさとハートの温もりに溢れてて素敵。ビートはエッヂ効いているが結局はオールドソウルな空気を持つ失恋曲、“すべてを取り戻したい、何もかももう一度♪”と切々と歌う極上アコースティックスロウ。Derrick "Bigg D" Baker制作の「Wet The Bed」は、最強の助っ人と言えるLudacrisが参加。滴る水滴ピチョン音と爪弾くギター弦が悩ましくも美しい、トロ~リと溶けてしまいそうなスロウジャム。Chris Brownのクリアで澄んだ滑らかな息使いのヴォーカルも素敵ですし、Ludacrisの激しく揺らしながらも優しくセクシーな野太いフロウも最高にホットで喘ぐ事間違いなし(骨抜)。10万ボルトの電撃ビリビリが身体を駆け巡るエキセントリックな「Oh My Love」、Harmony "H Money" Samuelsが制作のザワザワ鳥肌アッパー。前作でも組んでいたBrian Kennedyが制作を担当した「Should've Kissed You」は、キラキラと輝く粉雪の様なメロディが舞う純白系のダイヤモンドスロウでうっとり(惚)。こういう透明感のあるダイアモンドダストみたいなバラードに、Chris Brownの甘酸っぱくてキュートな歌声は似合うし、“君にキスしておくべきだった♪”と素直になれない自分を後悔した詞も切なくて儚くて好き。Marco "Benny" BenassiとAlessandro "Alle" Benassiが共同制作の「Beautiful People」、ここまで来ると僕はあまり乗れないというのが正直な気持ちだったり。Sister Nancy「Bam Bam」をサンプリングしたFree School制作の「Bomb」はWiz Khalifaが客演参加、べったりしたカラフルな油彩画みたいなベコボコアッパーにWiz Khalifaのラップもお似合いですが、後半で披露するChris Brownのフラットなラップもカッコ良くて好きです(墨付)。Polow Da Donが制作であのThe Gameが客演参加の「Love The Girls」、少し低めに構えたバキバキな暴れ曲でThe Gameのヤクザな声が焦げ臭くてイカしています(曲者)。Timbaland制作(Co制作にJerome "Jroc" Harmon)の「Paper, Scissors, Rock」は、そのTimbalandと期待の新鋭Big Seanが参加。サイケデリックなガラスシンセがツルツル光り輝く流麗曲で、三人の相性が極めて抜群でグッド。The Stereotypes制作(Co制作をRa Charm)の「Beg For It」は、フラッシュバックっぽい残像シンセが煌めくキラキラトラックと、Chris Brownのキュイーンとヴォコーダーエフェクト効かせたヴォーカルが何故だかすごく美しい(溜息)。とここまでが一応本作の内容で、国内盤にはもう二曲追加収録されていまして。Timbaland制作(Co制作にJerome "Jroc" Harmon)の「Talk Ya Ear Off」は、Timbalandらしい口音ブンブンで泥臭くビートを塗りたくるジャングルアッパーで、こういう濃い味付けのビート先行なTimbaland曲(いやJRoc曲なのか)こそ彼の神髄。最後を締め括るのはChipmunkなるMCと共演した「Champion」、Harmony "H Money" Samuelsが制作の悲しげなピアノ軸のトラック上で二人がマイクを回します。

流石はChris Brownという事で、聴き手を楽しませるエンターテイナーな才能はやはり健在。ただこれはR&Bかと言われたらもう違ってて(The Underdogs制作の「Up To You」だけR&B)、限りなくハウスっぽいというかダブっぽいいうか、昔聴いていたJamiroquaiを僕は思い出しました(個人的見解)。それが悪いという意味ではなく、こういうChris Brownが好きかどうかだと思います。思い切りR&Bのステージを超えた本作、ポップサウンドは確かにChris Brownの歌声に綺麗に融合しているから、聴いてて違和感は全くありませんね。ただR&Bの枠を外れたという意味では、僕は前作の『Graffiti』の方が断然好きですね、きっとスロウの配分が大きいからでしょう。でも刺激的な良い作品ですね、踊って歌うパフォーマンスを観たらもっと好きになれそうな一枚。
スポンサーサイト



Comments

なんだかんだ僕もこれ買いましたw
んで近々記事にしようと思ってたのですが...まさかの感想がほぼ被ってました(笑)
好みが似てるとは思ってましたが、ここまでとは思わなくてちょっと笑っちゃいましたw
あと自分が思うのは1~5曲目までの流れはかなりイイんですが、後半がちょっと失速ぎみに感じちゃいました。
まぁ言ってもそこまで悪くはないですけど、曲的には自分もGraffitiの方が好きです。
僕とIritamagoさんの感性、いつも酷似ですよね(笑)。
だからこそ感想記事が見たいです、僕もみてニヤニヤします。
後半はたしかに、突出した曲が無かった気も・・・・・・ただ印象が強いのは、MixTapeで露出していたのもあるのでしょうが。
やはり『Graffiti』の方が断然と優れてた気がしますよね?あの純白スロウ「Crawl」とか「So Cold」とか「Lucky Me」、今でも思い出せるのは、やはりなんだかんだで好きだったからかなって。

Leave a Comment