RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

3T「Brotherhood」
3t-bhc.jpg


TJ、Taj、Taryllの三人からなる3Tのデビューアルバム『Brotherhood』を御紹介。彼らはあのMichael Jackson主宰のレーベルMJJ Musicが送り出しているんですから間違いないです(断言)。彼らは全員兄弟でMichael Jacksonの実の甥(Michael Jacksonの兄の息子)なんだそうで、まるでその思し召しでって感じですが、それは間違いなんですよ。
それでは実力は如何程にというと……これが流石はJackson血統証付きといった感じで、凄く歌が上手いんで驚きます。まずは3Tが製作を担当したアカペラで始まる「Anything」で幕開け、ここで気付くのが彼らの線の細い高い歌声、まるでMichael Jacksonで御座います。がしかし別に意識しているとかそういう訳でなく至って自然、彼らの繊細な歌声が綺麗に重なる涙誘うバラード曲。「24/7」はGerald B.による製作曲、これまたシルキーな肌触りで耳にすんなりと入るバラードでグッド。続いてはBabyfaceがソングライティングし、Michael Jacksonが製作を担当した「Why」、まるで映画の始まりかのような壮大な演奏で始まりそこで既に鳥肌立っていると、すぐさまMichael Jacksonのハイトーンボイスでの昇天歌声が(卒倒)。しかしどことなく歌い回しはBabyfaceぽかったりもしてそれもグッド、3Tも負けじと甘く歌い上げます。Herbieなる人物のラップを挟んだ「Gotta Be You」はDenniz Popによる製作、NJSっぽさ香るトラックは彼らが踊れるんであれば成功であろう一曲ですね。爪弾くギターが乾いたポップさを醸し出す「With You」はMichael Vail Blum、Dean Pleasants、3Tによる共同制作曲、Eric Clapton風味とでも言いましょうか。Damon Thomas製作の悩ましい「Sexual Attention」、ここでは色気たっぷりに歌い上げ情熱的な夜をきちっと演出(でも爽やかなんです)。Chris Stokes(あのChris Stokes?)が製作を担当した流麗な「Memories」も素敵ですねぇ、伸びやかな笛の音がアクセントで心和みます。再び登場のDenniz Popが今度はど真ん中バラードで攻める「I Need You」なんかも僕のツボ、けして黒くはないポップなバラードではありますが、3Tの飾らない清涼感溢れるハーモニーが日々の疲れを癒してくれます。Gardner Cole製作のこれまたアイドルっぽい一曲「Give Me All Your Lovin'」も僕的にはアリ、こういう爽やか青リンゴっぽい女の子ウケ確実の曲に弱いんだよなぁ。再びMichael Jacksonが製作を担当したギター弾きじっくり聴かせる「Words Without Meaning」、Michael JacksonってBlack Musicって感じの曲は書かないですよねぇ、万人受けする真っ直ぐな楽曲を作りますね(落着)。最後を飾るのはPrince Markie Deeをfeat.した「Brotherhood」、Mark C. Rooney製作のヒンヤリした電子音混じるトラックで、これはこれで新鮮な気がして良かったです。

彼女とのデート中にBGMとしてバラードをお探しのそこの貴方、この一枚で決まりでしょう(太鼓判)。僕は基本的に細く高い声の男性シンガーが好きなので、3Tは完全にツボでしたねぇ。Michael Jackson参加の「Why」狙いで購入しても損はしません、是非聴いてみてください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment