RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bobby V「Fly On The Wall」
Fly On The Wall

ヴォーカルグループMistaの元メンバーで、数多くいる若手男性シンガーの中でも実力が抜きん出ているBobby Vの通算四作目『Fly On The Wall』を御紹介。Bobby Valentinoは結局もうBobby V表記が正しいのかな、僕ももう最近はBobby Vと呼んでいますので、これからはBobby Vとして表記します。大手Def Jam Recordsを離れた事で活動が難しくなるかなと心配していましたが、自身のレーベル“Blu Kolla Dreams”を設立し放った前作『The Rebirth』もヒット、本作もおよそ二年のスパンを空けての発表という、かなり順調な活動ぶりで一安心で御座います。前作は正直ジャケットが頂けませんでしたが、今回はなかなかキマってて好きですし。
それでは簡単に内容に触れたいと思います・・・・・・まずは盟友ともいえるTim & Bobが手掛けた「Fly On The Wall Intro」で幕開け、“壁に止まっている蠅の様に、密かに君を見つめていたい”という意味らしい本作題名。Bryan-Michael Coxが制作を担当した「Are You The Right One」からもうBobby Vの甘酸っぱく甲高いヴォーカルがスッキリ響き渡ってたまらない(痺)。Bryan-Michael Coxらしいスルスルとすり抜けてゆく様な繊細なメロディが美しく、Bobby Vのシルクの様に柔かな歌声にお似合い。Bobby Vの柑橘系の鮮やかなファルセットが聴き手の身も心も捩らせる「Words」はThe Pentagon制作(Antonio Dixonも関与)、煌びやかなシンセメロディに溜息っぽくふんわり膨らむBobby Vのヴォーカルがやはり甘酸っぱいです。爪弾くアコースティックギターの弦律と乾いたハンドクラップの組み合わせが、なんともTim & Bobっぽい脆さと切なさが詰まったミッド「If I Can't Have You」、途中の“うぉうー♪うぉうー♪”のフックがR.Kellyっぽい歌い回し。“大切にすると約束するよ、ずっと君のそばにいたいんだ♪”と熱烈に口説くラヴソングで、何度も繰り返し歌うフックがすごく耳に残る。Jeff B.が制作の「Sweetness」はゆったりマッタリと間を空けて流れる、キラキラ輝くラインストーンみたいなシンセメロディが優しくグラインドする妖艶なスロウで、時折撫でる様にひっくり返るBobby Vのファルセットに骨抜きにされてしまいます(虜)。やはり乾いたアコースティックギターの弦の音色を、蒼く澄んだ海底に沈めて不思議なエコーでコーティングした様なメロディが美しくドリーミーな「Would You Be」はTim & Bobが制作を担当。ハンドクラップも織り交ぜたこの曲の持つレトロな温かみはなんなんだろう、すごく不思議と気持ちが落ち着くキラキラ美しいミッドで、フックでの幾重にも織られたBobby Vの吐息の様なヴォーカルも色っぽくてたまらない(興奮)。そして本作でも最も注目なのが、あのBobby Brownの名曲をカバーした「Rock Wit'cha」。原曲はBabyface制作で、このカバーはThe Pentagonが新たに担当。毎作なにかしらのカバーを披露していますが、BobbyがBobbyをカバーするという発想だけでもう大当たりです(笑)。優しく甘く時に力強く唸りを上げる歌い回しはBobby Brownそのもの、原曲のテイストを保ちつつBobby Vの甘酸っぱいライム声で華やかにライトに仕上げていますね(流石)。The Pentagonが制作の「Hang on」はじっとりと濡らした細やかな電子音がトローリと絡み付くベッドチューン、ベッドの上の男女の息使いの様に昇天気味に波打つBobby Vのヴォーカルがとにかく艶やかで悩ましいです(極上)。そしてまさかの50 Centが客演参加した「Altered Ego」はJazze Phaが制作を担当、ちょっと突拍子の無い感じでバチバチと弾ける打楽器ビートの連打が面白い。冒頭で登場する50 Centのあのボケた声でのマシンガンラップ(珍しい)が最高にホット、伸び伸びしたBobby Vの歌声も素敵。サクサクと微振動起こしながらじんわりじんわり広がり染み渡る、鮮やかで眩いシンセの朝靄の様なメロディが綺麗で幻想的な「L.O.V.E.」。これも単調に繰り返すハンドクラップが中毒起こさせるなと思ったら、やはりTim & Bob制作という事で納得、閃光を放つ様に輝くBobby Vのフックも意識に鮮明に残ります。L.O.S. Da Mystroが制作を担当し、あのLloyd Banksが客演参加したというのが新鮮な「Hummin」も良い仕上がり。シャイニーな電子音が流星のように上空を駆け巡る、色彩豊かで鮮やかなキラキラ曲でBobby Vの本領発揮なトラックは最高。こんなキラキラ曲にLloyd Banksって大丈夫かと心配しましたが、あのネッチリ鼻にかかった高めのキーが見事に似合ったナイスな客演。Hit-BoyとB.Carrが共同制作の「Outfit」は新進気鋭のCyhi Da Princeが客演に参加。ポワンポワンと丸みのある電子音の浮遊するメロディがドリーミーで魅惑的、この優美なトラックに絡むCyhi Da Princeのあのしわがれ声もやはり魅力たっぷりで華を添えていますね。「Grab Somebody」はDean Simmons制作であのTwistaが参加、繊細なピアノ旋律を軸にゆっくりと撫で回す様なシンセが甘めにフォンデュするスロウ。後追いするようなヴォーカルがマッタリとしてて良いなと思っていたら、Twistaの神風神速ラップがサッと吹き抜けて、また違った味わいを呈す素晴らしい一曲に。電話のプッシュ音みたいなピポパポ音にドカドカとキックする打ビートが刺激的な「Phone #」はJazze Pha制作、Bobby Vの裏声を機械的に繋げる“てゅてゅてゅてゅーてゅー♪”が耳に残るし、客演のPliesもこういうメロディアス得意だから良いスパイスになってますね。Leland "Big Fruit" Claptonなる人物が制作の「Last Call For Love」は、ちょっぴりThe-Dreamっぽい官能的なリフレインが悩ましくも切ない別離曲で、ピアノ鍵盤の音色がすごく綺麗。「Heaven(My Angel Pt.2)」はTim & Bobが制作、少しだけブルージーで生演奏っぽいトラックがJazzyで大人な雰囲気を漂わす。最後を締め括るのもTim & Bob制作の「Thank You」、すごく短い曲なんですが雨音が後ろで聴こえる中で、ただただひたすらに感謝と愛を捧げるアコースティクなバラードで、こんな短いのは勿体ない(惜)。

やはり本作も昔ながらのアーバンなR&B(90年代風)を好む愛好家を唸らせる、本格的でスマートな良盤となっております(太鼓判)。ここ最近のR&Bは限りなくPop傾向に偏っているので、こういうキッチリと正統派な作品を提供し続けるBobby Vはすごく偉いし才能あると思います(それもこれもやはり自身のレーベルからの作品だから、きちんとコントロールが効くのでしょうか)。きちんとイマドキなMCも入れてアッパーも配置しているのも策士、でも自分の持ち味をけして忘れていませんね。Bobby VはR&B愛好家の支持も厚いし、当分の間はまだ一線で活躍してくれる筈です。Tim & BobがBobby Vの後ろ盾になっている限り、まだまだ安泰だと僕は確信しています(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment