RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Tyler, the Creator「Goblin」
File:Goblincover

CaliforniaはL.A.出身という生粋の西海岸生まれ、OFWGKTA(Odd Future Wolf Gang Kill Them Allの略称)のフロントマンである弱冠20歳の新進気鋭Tyler, the Creatorの記念すべきソロデビューアルバム『Goblin』を御紹介。すみません、僕の勉強不足のせいか彼らの出現は本当に突然でした(驚嘆)。そのパワフルで狂気に満ちた圧倒的なパフォーマンスで、一気に知名度を拡大したOFWGKTA。中でもフロントマンであるTyler, the Creatorは急激に人気を拡大し、あのKanye Westも彼を称讃したという要注目のニューカマー。あのB.o.BやBruno Marsを攻撃するなど、やはり気違いじみた暴れっぷりが注目を集めていますね。本作もその人気に後押しされて突然とXL Recordings(インディペンデントレーベル)よりリリース、本当に彗星のごとく出現しましたね。ちなみにこのジャケットに使用されているのは、Buffalo Bill(西部開拓時代の伝説的ガンマン)の肖像画です。
それでは簡単に内容を触れてゆきます・・・・・・クレジットがほぼ無いので詳細が分からないのですが、全曲の制作を多分Tyler, the Creatorが自身で行っていると思われます(推測)。という事で全く詳細は掴めません、なので僕の感覚的な内容になりますので御了承下さい(陳謝)。まずは絶えない流血にグッダリと意識を失う様な感覚に陥る「Goblin」でおどろおどろしく幕開け、ズルズル引きずる様にと叩かれるドラムスとシリアスで今にも途切れそうなピアノ鍵盤の寂しい音色、そこにTyler, the Creatorの低く唸る様な野太いラップがズルズルと響く不穏な一曲。本作からの先行シングルとなったのが「Yonkers」、なんだか神経をざわつかせる様なザクザクとしたシンセの怪しい響きと、ドクッドクッと心臓の鼓動の様に鳴るビートが重たくて耳に否応無しに残る(悪夢)。しかしそんなトラックも途中で流麗で穏やかなピアノ旋律が流れる変化があり、やはり一筋縄でいかないのがTyler, the Creatorの曲者なところ。このゆっくりと単調にまるでなぶり殺す様なTyler, the Creatorの殺人鬼の様に冷たく低い声が、脳内に徐々に毒を冒し浸食してくる中毒性の高い一曲。続く「Radicals」はどこか奥底の方から聴こえて来る様なこもった響きのトラックに、Tyler, the Creatorのヴォーカルもエフェクトかけて不穏さ漂う仕上がり。ここではTyler, the Creatorも吠えて噛み付くようなパワーあるラップで、昔のWu-Tang Clanをちょっと思い出させる様な攻撃的な一曲。Tyler, the Creator率いるOFWGKTA所属の男性シンガー、Frank Oceanを客演に招いた「She」は打って変わり、ぼんやりと優しく滑らかに光るシンセを点滅させる流麗でしなやかなミッドを披露。The Neptunesが作りそうな丸みを帯びたシンセサイザーをぼんやり浮かべてメロディにした、煌びやかなドリーミーチューンで摩訶不思議な魅力を纏っていますね(虜)。Tyler, the Creatorの無意識の彼方へ引きずり込む様な、低く囁く様なラップもなんだか妖しい魅力を放っていて癖になりますが、Frank Oceanのユラユラと揺らめく穏やかで甘い歌声も素晴らしいです。終始Tyler, the Creatorのヴォーカルにスクリューかけて、まるで怪物の様な呻き声ラップに変えた「Transylvania」もすごく中毒性が高くて狂気的。白目剥いてモンスターと化したTyler, the Creatorがガブガブ噛み付きながら突進して来る様な、そんな鬼気迫る臨場感に溢れたゾワゾワするようなゴーストホラーチューン(恐怖)。Tyler, the Creatorの悪魔の様な低い声とは逆に、繊細で脆く儚いガラス細工の様なピアノ旋律が静かに絡みつく「Nightmare」は一言で美しい、けして感情を表さず淡々と語るTyler, the Creatorのラップが深々と脳内に響き渡るミステリアスな一曲。ブイーブイーと電子音を捻れさせ唸らせる「Tron Cat」も単純にビートが面白く、グダグダと重たいダークな電子チューンかと思いきや、途中でJazzっぽいアレンジを加えるなどやはり飽きさせない。ちょっぴりサイバーで静寂の中に広大に広がる銀河を思わせる、宇宙系の冷たさがキラリと光る「Her」は、どことなく昔のOutKast(そのせいかTyler, the Creatorの静かに囁き語るラップも、どこか昔のAndre 3000を思い出す)っぽいサウンドでやはり意表を突いている。OFWGKTA所属でTyler, the Creatorの相棒みたいなHodgy Beatsが参加した「Sandwitches」、包丁で斬ってブツ切りにした様なビープ音の様な電子音の継ぎ接ぎ感がたまらない、狂気的でサイコキラーみたいな変態趣味が滲んで異臭を放つダークチューン。「Fish/Boppin Bitch」(Add VocalにFrank Ocean)ではピアノ鍵盤のしなやかで上品な洗練されたメロディに乗せて、Ttler, the Creatorの早口で矢継ぎ早に繰り出す高速ラップ(ここでも怪物みたいなヴォーカルエフェクト加工を施す)に緩急をつけて、余計に耳を奪いますね(曲者)。ピコポコと上下に揺れるシンセサイザーの柔らかな音色の波に乗って泳ぐ「Analog」はHodgy Beatsが参加、ここでのビート使いもどこかThe Neptunesを思わせる、敢えて隙間を空けて漏れる光と闇を計算した(小鳥のさえずりみたいな音も面白い)不思議な感覚の一曲(意識朦朧)。Jasper DolphinとTacoのOFWGKTA戦闘員を援護射撃に迎えた「Bitch Suck Dick」はサウスっぽいビートとバウンス、ビート上を縦横無尽に暴れ回る三者三様のマイクリレーが面白い。故Biggieの有名なラインから始まる「Window」もDomo Genesis、Frank Ocean、Hodgy Beats、Mike GとOFWGKTAの面々が勢揃い。とにかくヘヴィー級の声の持ち主ばかりで胃に重たい、ちょっと途中で胃もたれを起こしそうになります(消化不良)。「AU79」はまさかのインストゥルメンタル曲、しかしこのトラックもすごくビートが面白く細部の隅々まで完璧に構築されたシンセサイザー主軸のアッパーで、これでTyler, the Creatorがラップを乗せていたらどうなったろうと思わず想像してしまいます。最後を締め括るのはボコボコ沸々とべとつく打ビートが重厚な地獄チューン「Golden」、Tyler, the Creatorののっそりのし歩く様な怪物ラップが聴き手の意識を酩酊させますね(毒)。

完全に他のMCと一線を画しますね、ここ最近は本当に沢山のニュータイプなMCが続々と出現していますが、Tyler, the Creator(そしてOFWGKTA)は完全にイカレているし全く毛色が違いますね(独特)。ハッキリと好き嫌いが分かれそうなMCですね、僕はというと・・・・・・今の所ではまだ微妙ですね(難)。確かにラップも面白いし作品一枚としてのコンセプトも面白く、何よりそのトラックメイカーとしての才能は目を見張るセンスがあります(驚)。ただ好んで何度も聴くかというと、まだそうではないかもしれません。ただ誰とも違う世界観を呈しているのは凄いし、やはり凄い才能の持ち主なんだろうなと恐ろしくなります。これからまだ聴き込んで感想が変わるかもしれません、まだ二十歳の若者と思えないTyler, the Ceatorの低く落ち着いた怪物声(サイコキラー声)もなかなか魅力的ですし(浸食)。これからもっと大化けしそうなTyler, the Ceator、要注意の危険人物ですね(指名手配)。
スポンサーサイト



Comments

No title
どうやら賛否両論の出来のようですね(焦る)
でも最近の流行りのサウンドじゃないとなると俄然聴きたくなりますなw
最近の新人MCはどれも似たような印象を受けていたんで、異彩を放つ新人は嬉しいですw

僕も買ったらまた報告します♫
No title
どうなんでしょう、僕だけが評価の分かれる作品と思っているかもしれません(笑)。
他の皆様の意見はどうなんだろう、ハマっている方が多いのかな。
確かに最近の新世代MCも、やはり同世代で似たニュアンスのスタイルも多いかも。
ただやはり異質な男ですね、Producerとしての資質が凄そうです。
感想待っています☆

Leave a Comment