RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg「Doggumentary」
Doggumentary.png

西海岸のCaliforniaはLong Beach出身の大御所、Snoop Doggの通算十一作目となる『Doggumentary』を御紹介。長年に渡ってHip Hop界を牽引し続けるSnoop Doggは西海岸の今や代名詞(と言っても最近は、出身地などはもはや関係ないのでしょうが)、ベテランから若手のMCにまで圧倒的な数の客演をこなすSnoop Dogg、MetallicaやRed Hot Chili Peppers、Gorillaz、はたまたKaty Perryまで客演登場するほどの多彩ぶり。現代の客演王は多分Snoop Doggで決まりだと思います、本当に彼の名前を見ない事はないと思います(頻出)。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと・・・・・・まずは最近僕の中では注目しているJake Oneが制作の「Toyz N Da Hood」はBootsy Collinsが客演、カラフルかつ華やかなブビブビ鳴る電子鍵盤に乗せて緩やかに本編をスタートさせる幕開け曲。西のベテランDJ Battlecatが制作を担当した「The Way Life Used To Be」、少しヒリヒリする冷たいメロディにSnoop Doggのウィーディーな煙たいラップが燻る燻し銀な一曲でハンドクラップが絶妙に効いてる。Mr.Porterが制作&客演で参加した「My Own Way」はMr.Porterの埃っぽくブルージーな歌声が最高に渋い、トラックも何年も寝かせて熟成させたウィスキーの様な芳香な味わいでとにかくカッコイイ。男性シンガーUncle Chuccを客演に招いたソウルフルチューン「Wonder What It Do」は再びDJ Battlecatが制作を担当、サンプリングにDelegation「Oh Honey」を使用したなんとも煌びやかでスムージーな一曲。こういうスウィートでオシャレなシャンパン曲にはSnoop Doggの柔らかくしなやかな、思い切り脱力したユルユルフロウが最高に映えますね(骨抜)。Young JeezyにE-40という厳つい野郎二人を援護射撃に迎えた「My Fucn House」はRick Rock制作、このストリートの喧噪と殺伐さを充満させるジャキジャキな冷たいトラックが最高にハードコアで痺れる。特にYoung Jeezyが冒頭に登場した途端に緊張が走りタイトに引き締まる(冷汗)、最後を締めるE-40もやはり圧巻の存在感(捲し立てるフロウが最高)でナイスな射撃。"Fredwreck" Farid Nassarが制作のPファンクチューン風味の「Peer Preasure」はTraci Nelsonが客演、このベコンボコンと凹んで弾ませるビートがSnoop Doggのズルズルと平坦なラップにちょっぴりバウンスを加えて、マッタリとしつつもクネクネ動きたくなるバウンスを生み出します。「I Don't Need No Bitch」はDevin The DudeとKobeというかなりディープな人選で思わず涎、制作は大忙しのDJ Khalilが担当。静かにじわじわと浸透してゆく様なドラムスと繊細なシンセがドラマチックでクール、三者三様の個性がきっちりと融合していて、上品かつ滑らかなメロウチューンで夜の都会を彷彿とさせるシティライトな一曲に(惚)。飛ぶ鳥落とす勢いのLexus "Lex Luger" Lewisが制作の「Platinum」、客演にはR.Kellyが参加。ゾロゾロと這って来る様なホラーっぽいダークシンセが浮遊するトラックで、ピッチを早めて聴かせるSnoop Doggのラップは確かにカッコ良い、しかしR.Kellyの魅力は完全に消えている気がして残念な限り(落胆)。T-Painが召還されながらも制作はScott Storch(久々)という「Boom」、ビヨビヨと微振動繰り返し波線を作るシンセのラインに、ドカドカとキックする打ビートを並走させるシンプルなトラックは中毒性高し。フックでシャウト気味に甲高い歌声を聴かせるT-Painもやはり目立つ、この曲に確実に色彩を重ねている素敵な歌声(ロボ声)。Goldie Locと再びBootsy Collinsが参加した「We Rest N Cali」はMr.Porterが制作、サンプリングにはあのZapp「Heartbreaker」を使用するという完璧な組み合わせ(失神)。トークボックスを多用し柔らかなライティングを施した、電光蜃気楼トラックが妖しくも艶やかでたまらない(興奮)。客演陣の選択も絶妙でこれ以外に考えられない、Snoop Doggが舐める様なラップで聴き手を溶けそうな近未来へと引きずり込む、なんともソフトファンキーな一曲で最高にホット(失神寸前)。Scoop DeVilleなる人物が制作の「El Lay」も面白い、太鼓っぽいビートにドロッと重ための電子音が撫でるトラックに、Marty jamesなる男性シンガーのネットリと絡みつく様な蜜っぽいヴォーカルが最高にキマっています(助演男優賞)。再びJake Oneが制作の「Gangbang Rookie」はブルースっぽい酒場のしゃがれたソウルチューンの様な、すごくザラザラした感触が大人の色香を感じさせるヴィンテージ曲。こういう正統派の哀愁曲もすんなり聴かせてしまうSnoop Doggのユルく撫で回すラップが凄い、後半に登場するPilotなる男性MCも青臭い声ですごく耳に残るし(まだ子供か?)要注目な個性を感じる。Snoop Doggを敬愛してやまない(であろう)Wiz Khalifaが客演の煙モクモク曲「The Weed Is Mine」、制作はScoop DeVilleが担当でVicky D.「This Beat Is Mine」をサンプリング使用。これはもう昔の西海岸サウンドを思わせるライトに転がすファンキーポップチューンで、軽やかな弦リフにトロピカルなカラフル電子音が眩しい一曲。Snoop DoggとWiz Khalifaのとろ~りとユルくキメるハッパラップが最高に相性抜群。新進気鋭のThe Cataracsが制作したトロトロボタボタと滴る電子音の雫がグッショリとエロい「Wet」、音数が極端に少ない分だけ余計にSnoop Doggの歌う様な幻術フロウが脳内をグルグル浸食してしまう麻薬曲。Too $hortにDazにKokaneとベテラン勢が揃い踏みした「Take U Home」はMeech Wells制作、Too $hort好きにはたまらない仕上がりかと。Gorillazが制作&客演の「Sumthin Like This Night」は、ザワザワと鳥肌が立ちそうなブバブバ鳴るシンセの波打ちに飲み込まれ、そのまま深く沈んでしまう夢想曲でSnoop Doggの魔術で気持ち良くさせられてしまいます(不思議)。名ギタリストのWillie Nelsonが参加した異色過ぎるカントリーチューン「Superman」は面白い、ハーモニカ鳴らしてWillie NelsonとSnoop Doggが情感たっぷりに歌い上げる一曲で、Snoop Doggも負けじと良い味出しててアリですよ(意外)。心電図みたいなピコンポコンと脈打つ電子音が浮き上がった「Eyesz Closed」、制作はKanye West(KeysにJeff Bhasker)で、客演にはKanye WestとJohn Legendが参加。Jimmy Spicer「Money(Dollar Bill Y'all)」をサンプリングした、クリーミーでドリーミーなスロウチューンで、これはやはりKanye Westが完璧に仕上げていますね。まさかのWarryn "Baby Dubb" Campbellが制作を担当した(DJ ReflexとDJ Battlecat関与)「Raised In Da Hood」は、Volume 10を下敷きにした無機質スペイシー曲でシンプルながら耳を捉えて離さない。David Bannerが制作(Co制作にTHX)のタフで鉄鋼っぽい重厚さがカッコイイ「It's D Only Thang」、これでDavid Bannerが参加したらもっとヘヴィーになったのに(惜)。最後を飾るのはRick Rude制作、客演にはあのLatoiya Williamsを迎えた壮美曲「Cold Game」。Mandrill「Gilly Hines」を下敷きにした流麗で夜風の様に柔らかくスベスベしたメロディがすごくお洒落、Snoop Doggの優しく撫でる様なラップもLatoiya Willamsのしなやかで艶やかなヴォーカルも最高にクールです。

毎作品がこれだけのボリュームでしかもかなり短いスパンでリリースされ、それでいてこのクオリティを誇るのだからSnoop Doggは凄いなと感心するばかり(敬意)。ゲスト陣も楽曲も多いのに、なぜかゴチャゴチャ感というか散乱していないのが凄いですね。やはり貫禄十分、Snoop DoggはHip Hop界のチェアマンですね(一流)。曲数多いけれど、途中でダレたりする事なく聴けると思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment