RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beastie Boys「Hot Souce Committee Part Two」
Hot Sauce Committee Part Two

Mike D、MCA、Ad-Rockの三人から構成されるスーパーHip Hopトリオ、Beastie Boysの通算八作目となる『Hot Sauce Committee Part Two』を御紹介。Beastie Boysといえば、あのRick RubinとRussell Simmonsによって設立された老舗レーベルDef Jamの初期契約アーティスト。つまり彼らはHip Hopの創世記を代表するアーティスト、偉大なMC達なのです(称讃)。そんなBeastie BoysもリーダーであるMCAが2009年、左耳に癌性の耳下腺腫瘍があることが判明。幸い声帯に影響は無く、手術も無事に成功したとの事で一安心。本作は元々『Hot Sauce Committee Part One』が発売される予定でしたが、MCAの病気療養で無期延期、そして本作『Hot Sauce Committee Part Two』が結局発表されました(紆余曲折)。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと・・・・・・最初に述べておきますと全曲の制作をBeastie Boysが担当、まあこれは当然でしょうが。まずはPump「I'm Suped(Got It Like That)」をサンプリングした「Make Some Noise」で幕開け、ブビブビ微振動しながら鳴らされるノイジーな電子音に乗せて、Beastie Boysの面々が乱暴にマイクを回す一曲。カチャカチャと叩く物音っぽい喧噪さ加減と、近くで聴こえたり遠くでこもって聴こえる様なヴォーカルエフェクトに遊び心を感じる「Nonstop Disco Powerpack」も相変わらずのBeastie Boys印なガチャガチャな悪ガキっぽいビートで面白い。Plastic Revolution「Wear Art For Thou」を下敷きにした「OK」はちょっぴりロボットっぽい電子加工がブギウギなバウンスを生み出す、キュートで無機質のちょうど中間をゆくような一曲。Rail「Stone Love Lady」をサンプリングした「Too Many Rappers(New Reactionaries Version)」ではあのNasが参加、ズズズズズズイと歪んだ音を引きずる様に異空間へと放り出す様トラックが最高にイルだし、Nasを交えてのBeastie Boysのラップが鋭く尖って光っててタフでカッコイイ(痺)。やはりNasの存在感が半端じゃなく凄い、ロックっぽいんだけれどエレクトロも全開なこのミクスチャー感が素晴らしいです。そんなロック感を全面に押し出しバキバキで暴れて叩き壊しにかかる「Say It」、思い切りへヴィーにメタル加工されたシャウトする様なラップで俄然煽り捲るBeastie Boysに延髄からバリバリと刺激されるハードな一曲。そして本作の注目曲といえるのが、あのSantigoldを客演に招くという飛び道具な一曲「Don't Play No Game That I Can't Win」でしょう。どこかガスが抜けた様なふわふわと酩酊したアジアン風味なビートもすごくスパイシーで耳に残るし、その上を悠々と滑り抜けるSantigoldのヴォーカルがやはり不思議な魅力をプンプン醸し出している素敵な共演、やはりBeastie Boysは遊び心というものを熟知しているのだなと痛感させられます(天晴)。電子鍵盤の単調でピリピリしたメロディに硬質なエレキ弦がよじれて絡む「Long Burn The Fire」は、The Supernatural Folk「Shallow Water」をサンプリングしスクラッチしたギザギザ曲。それこそすごく荒削りでラフなカットのメロディながら、ヴォーカルを少しボカして響かせる事で、不思議な奥行きとまどろみを生み出すなんとも魅惑の一曲に。The Diamels「Twin City Hustler」をサンプリングしたドカドカなバウンスチューンが面白いオフザケ満開な「Funky Donky」、二分弱の短い曲ながらすごく面白くて耳を捕らえます。変てこなピポバポビープ音の様な電子音の連なりに、宇宙船交信の様に機械仕掛けなヴォーカルタッチのラップを淡々と繰り広げるスペイシーな「Tadlock's Glasses」はRasheed Smith「Sun Creations」をサンプリング。Chip Welson「All Aboard The Rocket Ship」をサンプリングしたガッツリ衝突する激走ロックチューン「Lee Majors Come Again」は、思い切り良くパンクするいかにもBeastie Boysらしい一曲。ベコンベコンと奥まった響きを持つ燻し銀なインスト曲「Multilateral Nuclear Disarmament」も、うんやはりカッコイイ。「Here's a Little Something for Ya」はFranz Konkle「Kain Fleisch」をサンプリング、やはりこのノイジーかつチープデジタルなベタベタな作りがたまらなくガキっぽくて逆にカッコイイんです(羨)。子供達の声も混じった硬質なドラムスのシンプルビートで突き進む「Crazy Ass Shit」と、少し曲が短いのは寂しいですがやはり耳には残る一曲。国内盤にはこれらに加えて、ボーナス曲として「Make Some Noise(Cornelius Remix)」を収録していまして、これもなかなか危聴き応えありですよ。

僕はBeastie Boysの全盛期も知りませんし、そこまで彼らの事は知りませんが、それでもこの音の面白さは了解しました(楽)。なんというかBeastie Boysにしか出せない音だなと思いました、遊び心がいっぱいで変に肩に力を入れずに楽にしてリラックスして楽しむべき一枚。出来映えとしてはやはり前作『To The 5 Boroughs』の方が数段上だった気がしますが、聴いて損はない一枚です、古き良きに触れる良い機会ですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment