RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Saigon「The Greatest Story Never Told」
Saigon-The-Greatest-Story-Never-Told-Cover-Tracklist.jpg

Brooklyn出身でアンダーグランドで活躍していた実力派MC、Saigonの待望のデビューアルバム『The Greatest Story Never Told』を御紹介。Atlantic Recordsと契約するもなかなか公式デビューを果たせず燻っていたSaigon、やっとの思いで契約を終了させ、あのJust Blaze主宰のFort Knocks EntertainmentとSuburban Noize Recordsの共同リリースとなった模様。本当にずっと以前から制作完了していたという本作、日の目を見て良かったですねSaigon。Lupe Fiascoの『Lasers』といい、音楽業界というのは本当に難しいものなのでしょうね。
それではそんな期待させちゃっている内容を遂に・・・・・・まず最初に書いておくべきは、本作の大半を僕の大好きなJust Blazeが制作している点。これは僕としては特筆すべき事、やはりJust Blazeの創るトラックには期待してしまう。そんなJust Blazeが手掛けた楽曲から触れます、どれも高水準だと先に断っておきます。まずはFatman Scoopのガナリ声での幕開け「Station Identification(Intro)」、ジワジワと体温が上昇。JustBlazeらしい早回しっぽいヴォーカルがグルグルと旋回する、ザラザラと荒い燻し銀ソウルフルなトラックが最高に渋い「The Invitation」。客演にQ-TipとFatman Scoopが参加するも二人は合いの手程度、主役はSaigonで淡々とですが力強く突き進むラップがカッコイイ。あのSwizz BeatzとJay-Zを同時に客演に召還した最高な「Come On Baby」、サンプリングにJ. Geils Band「Southside Shuffle」を45回転で使用。思い切りハードなロキッシュチューンをつんざめく程に早回しし、“かもんべび♪かもんべび♪”のフレーズを印象的に何度もリフレインさせるこの作りが最高にホット。Saigonの見た目と裏腹にスマートで優美なラップと、Jay-Zの帝王さながらの余裕たっぷりのラップ、そしてSwizz Beatzの癖のあるフックの揺らし方が最高にキマってます(痺)。John Murphy「Sunshine(Adagio In D Minor)」をサンプリングした「Bring Me Down (Part 2)」(Add Prod.にDJ Corbett)は、最近のAlex Da Kidがやりそうな少し哀愁の漂うマイナーロックチューンで殺伐とした雰囲気に飲み込まれてしまいます(劇的)。Charles Wright「Comment」を早回しした「Friends」は、ちょっぴり艶っぽく濡れたホーンとピアノ鍵盤のポロポロと鳴る音が繊細で煌びやかな印象を与える、しなやかで上品なミッドナイト系の一曲でオシャレ。そんなキラキラとラグジュアリーな空気感をそのままに流れ込む表題曲「The Greatest Story Never Told」、サンプリングにLeon Haywood「B.M.F. Beautiful」を使用。ここでも華やかかつ絢爛なホーンを散らしながら、琴線に触れる様な美しく荘厳なメロディを奏でる辺りが憎い演出、スクラッチもガッチリとキマっています。晴れやかでスカッと爽快な青空っぽいソウルメロディに、弾けるように明るいハンドクラップを散りばめた「Clap」。Lamont Dozier「Let Me Make Love to You」を使用したこの曲にはFaith Evansが客演参加、大らかで麗しく華やいだヴォーカルで彩度をグンと上げています(素敵)。「Preacher」はThe Dynamics「Woe Is Me」をサンプリング、骨太で渋いソウルフルトラックでSaigonのパワーのあるラップに芳醇な香りを漂わすナイスな一曲(酔)。T-Painみたいなロボット声での歌フックが最高にキマっている「Believe It」、ちょっぴりキラキラしたシンセが降り注ぐサイバーな一曲で、冷たい夜空を超えて宇宙空間に到達しそうなこのスペイシーな音使いがたまらない。ちょっぴり悲しげなピアノ鍵盤のメロディが涙調なドラマチックチューン「Better Way」、客演にはあのLazie Boneが参加した異色なコンボ。Just Blazeはこういう奥行きのある(行間のある)映画のワンシーンみたいな、情感溢れるトラックを創るのが巧く、そういう意味でもリリカルなMCとの相性が良いと思う。優しいながらもどこか影のあるトラックに、Lazie Boneのあの柔らかくアンニュイなフロウフックが素敵なエッセンスになっているスロウ(沁)。そしてあのBun Bを客演に迎えたライブ音源(?)の様な「And the Winner Is...」、この曲にはCo制作としてあのJames Poyserが関与しているのが大きなトピックかな(驚)。とここまでがJust Blaze制作曲、他のProducerもイイ仕事していまして。ピアノ鍵盤の繊細というよりも神経質なメロディに、コチコチコチと無機質に叩かれるドラムスが進行するEminem風味の「Enemies」はD.Allen制作(Add制作にJust Blaze)。そしてあのKanye WestがLuther Vandrossの不朽の名曲「Superstar」をベッタリ使った「It’s Alright」も最高、これはもはや反則なんですがやはり一気に骨抜きにされてマッタリと音に溶けてしまうメロウチューンに(恍惚)。しかもあのMarsha Ambrosiusが歌フックを担当し、滑らかで優美な歌声を聴かせてくれるんだから間違い無し(懐古主義)。SC制作(Add制作にJust Blaze)の「Give It to Me」ではRaheem DeVaughnが参加、やはりRaheem DeVaughnが歌う事でよりトラックに厚みが増し優雅さが生まれています。僕は結構好きで注目しているRed Spydaが制作(Add制作にJust Blaze)の「Give It To Me」、Devine The Dudeというこれまた癖のあるMCを迎えて妖しくユラユラと揺れるスモーキーソウルな曲になってて最高にハイ。「Oh Yeah(Our Babies)」は玄人のBuckwildが制作を担当、やはり暗く重たい重厚ドラマチックな一曲でカッコイイです。ボーナス曲として収録されている「Too Long」はDJ Corbett制作、客演にBlack Thoughtを迎えてブルージーに緩くキメるスムージーハードな一曲でグッド。

Just Blaze愛好家の僕としては文句無しの一枚、Saigonも特にキャラ濃くないですがサラリと聴ける声の持ち主。ただ惜しむらくは、やはり数年前に制作された一枚なので、どこかちょっと前のサウンドプロダクションで違和感ありかも。いま聴いても格好良いのは勿論ですが、これがすぐにリリースさえていたらもっと輝いていただろうと思うと残念ですね(惜)。90年代のHip Hopが好きな人はじっくり聴けると思います、客演陣もかなり豪華ですし。もう一度また旬なサウンド&ゲストを駆使したらきっと凄い、そんな期待値を誇る一枚となっています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment