RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DJ Quik「The Book Of David」
dj-quik-book-of-david-hq.jpeg

西の大御所Producerとしてもはや重鎮という格も漂う、DJ Quikの通算八作目となる『The Book Of David』を御紹介。僕はもうDJ QuikといったらProducerとしての印象ばかりで、彼のソロ作品を購入したのも本作が初めて。いつもの流れであれば購入しないままだったかもですが、このモノクロのジャケットがあまりに燻し銀過ぎてすぐにゾッコンとなり入手した次第です。やはりアルバム蒐集家としてはジャケットが重要、大きく左右しますよ(笑)。
それでは簡単にですが内容を確認しますと・・・・・・まず最初に一応書いておきますと、全曲の制作をDJ Quikが担当しております(当然)。まずは「Fire And Brimstone」は硬質なドラムスとオルガンの乾いた空虚なメロディが冷たく脆く響き、そこにDJ Quikの語り部の様なラップが淡々と滑走するナイスな始まり。続く「Do Today」ではBlakkazz K.K.とJon B.が客演参加、ティロティロとカラフルに軽快に上下するドリーミーなサウンドにバチバチ叩くビートがすごく心地良いスピード感でまったりドライビング。DJ Quikのちょっと浮ついたラップも最高にライトだし、Jon B.のソフトでトローリとした歌声も変わらず素敵。Dr.Dreと全盛期を築いた頃のシリアスで冷たい鉄製メロディが耳を捉える「Ghetto Rendezvous」はちょっぴり宇宙っぽい細いシンセが不可思議な響きを持たせる、初期のOutKastをちょっと思い出させるトラックでやはり格好良さ抜群。B「Luv Of My Life(Introducing Gift)」もホット、乾いたハンドクラップにベコベコ響くシンセの重ための曲線が西海岸特有のまったりとしたグルーヴを生み出すミッドナイトチューンで痺れる(最高)。続いてはBlakkazz K.K.に加えてあのBizzy Boneまでが参加した「Babylon」は冒頭のBizzy Boneが思い切り持っていく抜群の存在感(笑)、The Neptunesっぽいスペイシーで浮遊感のある電子音のメロディがなかなかクールで、三人の相性も良くて聴いていてすごく鼓膜に染み込んできます。「Killer Dope」は間を置いたピアノ鍵盤の軽やかでオシャレなメロディに、これまた大きく間合いを取ってドラムスキックする空間を巧く機能させた滑らかな一曲で、DJ Quikのフックで変声加工してあるのも良いスパイスになっててカッコイイ。シャカシャカしたロボット声フックとギュルギュル掛かるスクラッチ、そして激しくキックするドラムスをまったりと溶かす甘いバターメロディががたまらないコントラストの「Real Women」が最高。Angera Bofill「Children Of The World」をサンプリングした程よくソウルフルさとサイバー感が融合したトラックがまず最高にオシャレでクール、そこに客演のJon B.の甘美な歌声が挟まってよりスウィートに仕上がっています(惚込)。ちょっぴりゴシックなタッチを醸し出すハモンドオルガンっぽいメロディが厳かな「Poppin'」はBlakkazz K.K.客演、ゾゾゾゾと挟まるスクラッチっぽい擦れ音とフックでの“ぱっぱっぱっぴん♪”がすごく耳にこびり付く面白い一曲で好き。映画挿入曲「Greased Lightning」を下敷きにちょっぴり使った「Hydromatic」はJon B.とGift客演、これもなんだかDJ Quikの音遊び心が満載の面白い一曲で耳に残る事は確か。「Across The Map」ではBizzy BoneにBun Bというかなり手堅い布陣が揃い踏み(垂涎)、すごく重厚で大袈裟な作りながらこの面子ならば全然アリなトラックで、意外と味わえないこのトリプルコンボが面白いですね(興奮)。2Pacが生きていたあの頃を思い出さずにはいられない西海岸クルージングな流麗スマートチューン「Nobody」は最高にクール(昇天)、このビヨンビヨンと跳ねるカラフルなシンセサイザー、その上をするりと疾走するDJ Quikのドライビングラップ、そして客演のSuga Freeの最高にハイなファルセットヴォーカルがたまらな過ぎるウェッサイな一曲で完璧。と思ったらそのままの西海岸のまったりとしたグルーヴで滑り込む最高な「Boogie Till You Conk Out」も最高、ビヨビヨしたシンセの波線にちょっぴり雅な笛音が柔らかに絡み付く滑らかさがスベスベしてて気持ち良い。しかもここでは西海岸の最後の大物Ice Cubeが援護射撃、相変わらずの野太い声でカッコ良くタイトにキメてくれています(男前)。同じく西海岸よりあのKuruptが参加した「Flow For Sale」もやはり外さない、ベンベンとエッヂを効かせて響く弦のリフが最高にクールでシャイニーなメロディを繰り出す最高の一曲。べったりとチープな電子音の悩ましい音色にキラキラしたメロディが塗られる「So Compton」もやはりSnoop Doggが欲しくなってしまうメロウさとドリーミーさが混じる甘美なミッドで、マーブルキャンディ色のトラックにプアーーーと伸びる電子音がキュート過ぎる一曲に(快感)。あのDweleを客演に迎える事で大いに成功している「Time Stands Still」は、思わず溜息が漏れるほどのほんのり甘さがたまらない砂糖チューン(甘党)。とにかくDweleの優しくふっと吹きかける様な囁きに近いヴォーカルで一瞬にして骨抜きにされる、緩やかに優しく柔和に色彩を変えるメロディも素敵ですし、DJ Quikの語りに近いラップも聴き応えあり。最後を飾るのはファンクとブルースのちょうど中間を持つアダルトな影を落とす「The End?」、これはもうインストにちょっと近いアプローチ(実際少し時間を空けて最後に隠しトラックぽくインストが一曲収録されている)。

DJ Quikの音のセンスはさることながら、彼のMCとしての魅力も存分に発揮された一枚で非常に美味でした。結構聴き易くて耳に馴染みますね、客演陣も程よくてDJ Quikの存在感を消してなくて素敵でした。とにかく僕みたいな音を重視してHip Hopを楽しんでいる人間にとってはかなりの御馳走です、やはりDJ Quikは健在なんだなというのも嬉しかった一枚となりました。すごくお薦めです、チェックしないと損かもしれませんね。本作が気に入った貴方は、昨年発表されたNottz『You Need This Music』も併せてチェックして頂きたい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment