RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nicole Scherzinger「Killer Love」
Killer Love

女性ダンスパフォーマンス集団The Pussycat DollsのフロントマンであるNicole Scherzinger(以降はNicoleと省略)の待望のソロアルバム『Killer Love』を御紹介。Nicoleのソロプロジェクトはずっと以前から画策されていましたが、先行カットされたシングル曲がどれもイマイチ売れなかった為か、結局はお蔵入りした様ですね、どの曲もすごく良い出来だったの残念。肝心のPCDもNicole以外はメンバーを総入れ替え、新生PCDとして活動してゆくみたいですが、これも従来のPCDファンからするとかなり寂しい話、皆に個性があったし綺麗だったから好きだったのに(涙)。まあ、こうやって無事にNicoleのソロが聴けて(案外さらりと発売されてて驚き)、安心しました。
それでは簡単に内容を御紹介しますと・・・・・・まずは電気衝撃のビギビギビギビギなエレクトロメロディがザクザク攻める「Poison」で派手に幕開け、制作はRedOne(Co制作をJimmy Joker)が担当。これはもうとにかく麻痺しそうなぐらいに強烈な電撃を喰らわすダンサブルなアッパーで、Nicoleの毒気と艶かしさが入り混じったヴォーカルが最高にクールな一曲。続いてもRedOneが制作を担当した「Killer Love」はブイブイ鳴らすシンセの捻れる様に下降するメロディと、Nicoleのタフで荒いヴォーカルタッチがなんともロキッシュでガンガンな刺激を与えるやはり熱いアッパー。Carl FalkとSteve JosefssonとRamiが三者共同制作(ソングライトにToby Gad)した「Don't Hold Your Breath」は、やはりビカビカと輝くシンセサイザーの波が煌びやかな閃光を放ちながら明滅する、すごく爽やかで華やかなミッドチューン。このたっぷりと空気を含んだ柔らかなメロディがすごく心地良くて、聴いていると気持ちがスカッと軽やかになります。Jim Jonsinが制作(ソングライトにEster Dean)の絶え間ないギターリフの微振動に乗せて、Nicoleのちょっぴりフラットでロボチックなヴォーカルが耳に残る「Right There」はすごくイイ感じ。フックでのちょっぴり南国風味なスパイシーなメロディもすごく刺激的で胸にぶつかるし、ちょっぴりエフェクトがかったNicoleの歌声も程よい色彩は残されていて、何度も頭の中をループする素敵なエッセンスになっています(虜)。思い切りヨーデルっぽいフックアレンジがすごく印象的でやはり頭を離れない「You Will Be Loved」はJulian Swirskyが制作を担当、ピアノ旋律を奏でる滑らかで流麗な美トラックに、Nicoleの大らかで全てを飲み込み包み込むヴォーカルがすごく胸に沁み入ってくるバラード。「Wet」はStarGateとSandy Veeが共同で制作、これはもうだんだんと明るくなり、フックで一気にカッと眩い光を放つ、なんともStarGateらしい(しかしちょっぴりアタッキーなタッチはSandy Veeの仕業か?)エレクトロダンスチューンに。「Say Yes」 は再びRedOneとJimmy Jokerの共同制作、後追いする様なメロディ&ヴォーカルが波の様に押し寄せるエレクトロテクノなタッチ。同じくRedOne制作でエレクトロ全開ながら、どことなく怪しくて不気味な影を落とす「Club Banger Nation」。これはエレクトロながらも他とは違った毛色で、本作の良いスパイスになってる、僕が好きかどうかは別としてですが(笑)。C. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの強力タッグが共同制作の「Power's Out」では、なんとあのStingとのデュエットが実現。乾いたギター弦のメロディがあまりに切なく、一握りの砂の様に儚い優しさを滲ませる哀愁たっぷりのバラード(涙)。そこにNicoleの掠れた悲しげなヴォーカルと、Stingの綺麗に透き通ったヴォーカルがそっと寄り添う素敵な仕上がり。どこか80'sポップみたいな懐かしさの香るメロディが耳に馴染む「Desperate」はRedOne制作、時にのどかで時に力強いヴォーカルが伸び伸びと気持ち良い青空みたいな清涼チューン。再びRedOne制作(Co制作をJimmy Joker)の「Everybody」、曇天の様な湿ったメロディにNicoleの歌声がしっとりと絡みます。「Heartbeat(Rudi Wells' Open Heart Remix)」はMark Taylor制作で、これはEnrique IglesiasにNicoleがfeat.された曲の様。これも完璧四つ打ちテクノなトラックながら、双方共に吐息のように優しく柔らかな歌い上げで、トラックとは裏腹に優しく胸の中に滲んで消えていきます。本作で最も注目なのが「Casualty」ではないでしょうか、あのBoi-1daが制作を担当しているのです。ストリングスの奏でる優美で繊細なメロディに、力強く打ち続けるドラムスが静かな躍動感を生み出す、静と動が絶妙なコントラストを奏でる神聖なメロディチューン。Nicoleの女神様の様に壮大な歌声に、ただただ胸を打たれる極上のバラード(癒)。最後を飾るのはTrina Harmonが制作の、ピアノ弾き語りの美しき神曲風バラード「AmenJena」、湧き水の様に澄んだNicoleの深々と響く歌声が、まるで森林の様なヒーリング効果を発揮するスロウで、聴いているとなんだか涙が零れてしまいます(浄化作用)。

う~~~~ん、いやけして悪くはないのですが、もっと良い作品をNicole Scherzingerなら出せた気もします(惜)。そう感じるのはきっとRedOneが大幅に関与しているからでしょう、彼の作るエレクトロな楽曲が大半を占めた事をどう捉えるかです。僕はNicole Scherzingerはある程度歌えるのだから、もっと艶やかなミッドや泣かせるバラードを入れても良かったんじゃないかなと感じました(偏有)。最近の流行はこういうサウンドなんでしょうが、僕はやはりアーバンR&Bなタッチを濃くして欲しかったかな。でも聴く価値は有り、聴く人によってはKeri Hilson『No Boys Allowed』と意外と良い勝負だったりするかもですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment