RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Will Smith「Lost And Found」
wslafc.jpg


映画俳優として大成功を収めているWill Smithの通算四作目となる『Lost And Found』を御紹介。DJ Jazzy Jeff & Fresh Princeとしてデビュー、その後銀幕に進出しドル箱俳優となった超人気者。ですから僕もWill Smithは俳優として知ってその後にMC側面を知りました、でも結構前に知って聴いてたんで、Will SmithはMCとしても好きです。世間の風はちょっと冷たいかもしれませんが、彼の二枚目な声と流暢でスマートなラップはクリーンで格好良いと思います。
そんなこんなで内容にふわり……まずは相棒であるJazzy Jeffが製作を担当した「Here He Comes」で幕開け、人気アメコミのテーマ曲「Spider Man(Theme)」をまんまに下敷きにしたトラックは面白い以外の言葉が思いつかない、これも僕はHip Hopだと思います、こういう遊び心もないとつまらない(賛辞)。Will Smithが荒々しい声で吠えるフックと中近東系のトラックが中毒性高い「Party Starter」はPollow Da Donが製作を担当、これは現行のHip Hopにまったく遅れをとらないパンチの効いた一曲。続いては先行シングルとなったパーティーチューン「Switch」はKwameによる製作曲、ラジオチューニング音の様なスクラッチ音もカッコイイし、ハンドクラップを前面に押し出したこのバウンスはヤバイ(鳥肌)、良いんですよ思いっきりノれて楽しめたら。ロキッシュで荒く削られた尖ったトラックに乗っかる「Mr. Niceguy」はThe Freshmen製作、いつも紳士なWill Smithがここぞとばかり威嚇攻撃する戦闘曲、そうだやれやれ(応援)。同じくThe Freshmen製作であのLarry GoldがString Arrangementで参加した「Lost & Found」はやはり不思議な感覚の一曲、オーケストラっぽい生楽器の音にスクラッチがこれでもかと掻き回すクールな一曲。Jae Staxx製作(Larry GoldがString Arrangementで参加)の「Tell Me Why」では女王Mary J. Bligeを客演に招待、これもドラマチックな曲展開にMJBの胸が思わず熱くなるボーカルが魅力を倍増させるMJB風味の一曲。これまたThe Freshmenが製作を担当した二曲融合の「I Wish I Made That/Swagga」、前者ではDJ Jazzy Jeff & Fresh Princeのヒット曲「Summer Time」とSnoop Doggのヒット曲「Drop It Like It's Hot」のフレーズを引用。その後の「Pump Ya Brakes」(製作はThe Freshmen)ではそのSnoop Doggのユルユルラップを援護射撃にビュイビュイな電子音とパーカッション、そしてJazzy JeffのScratchで鋭く攻めます。またまたThe Freshmen製作(ScratchはDJ Jazzy Jeff)でNicole Scherzingerが歌声を貸す「If U Can't Dance(Slide)」はドカドカキュイキュイと攻め込む攻撃的な一曲、Nicole Scherzingerの歌声をもう少し上手く活かせなかったかと思うと残念。G1なる人物が製作を担当しあのRaphael SaadiqがGuiterで参加したフィリーの土っぽさ香る「Could U Love Me」は素敵、完全にRaphael Saadiq味が出てて心臓ど真ん中撃ち抜かれました。“俺がこんなにビッグでなくても、俺を愛してくれるかい?”と問いかける内省的な詞も胸打ちます。DJ Twinzが製作を担当したバキバキロック魂な「Wave Em Off 」は、Rhythm Heritage「Caravan」をサンプリングに使用。Hotrunnerが製作を担当した「Scary Story」はDavid Rose「Exodus(Main Theme)」の使用、低い声がこだまする陰湿なトラックはWill Smithにはあまり似合わないかなぁという気も。僕的には大きなトピックだし好きな一曲「Switch...R&B Remix」は蒼い眼のソウルシンガーRobin Thickeがゲスト参加(製作はCo PとO.Banga)、Robin Thickeの甘美な歌声が一気に天国へと連れてゆく昇天Remixに仕上がっています。ここからは国内盤だけのボーナストラック、これがまた侮れない楽曲ばかり。Hotrunnerが怪しく焼け付くシンセサイザー曲を提供した「Coming To The Stage」、Tony Dofat製作のBusta Rhymesばりに暑苦しい「We Won't」、ジャカジャカなトラックで余裕たっぷりに乗るThe Platinum Brothers製作の「Chosen One」、そしてその後には隠しトラックとしてあのElephant Manをfeat.したもう一つの「Switch(Remix)」を収録。このElephant Manを迎えたRemixがヤバイです、原曲の感じからも容易に想像できるほどこのゲスト選択は正解ですが、聞いたら間違いない大正解だと知らされます。これが隠しトラックとは非常に勿体無い、これは盛り上がりますぞ(汗)。

僕はMCとしてのWill Smithも大好きです、俳優としても勿論好き。本作でもその紳士的なラップは健在で、でも切れ味は衰えてなくて凄く聴き易い一枚になっているかと思います。シリアス面を出した楽曲が成功しているかどうかは分かりませんが、聴いて損はないと思います。DJ Jazzy Jeff目当てで聴いても面白いんじゃないでしょうか、僕的には国内盤の最後を飾る「Switch(Remix)」がお薦めです(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment