RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Quincy Jones「Q: Soul Bossa Nostra」
Q_ Soul Bossa Nostra

かの大御所音楽Producer、Quincy JonesがInterscope Recordsより放つ『Q: Soul Bossa Nostra』を御紹介。Quincy JonesといえばあのMichael Jacksonと数々の名曲を生み出したPoducerでもありますが、Quincy Jonesは多くのJazzの名曲も残している、まさに伝説的な音楽家。最近ではProducerとしてKanye Westとの違いを聞かれ“Kanye Westはジャズ・オーケストラのために作曲をしたことはない、彼はただのラッパーだ”と、自分と比較するのは間違っていると発言。その後はJust BlazeがQuincy Jonesに対し“Kanye Westは確かに20人編成のトロンボーンやバイオリンを相手にはしないかもしれない。だが同様にQuincy JonesだってMPC、Pro Tools、Logicとかターンテーブルを前にしたら、どうしていいかわからないだろう。違う時代、違うサウンド、違う聴衆を相手にしてるが共通点はある”と、Kanye Westを擁護しQuincy Jonesを半ば批判する一幕もありましたね。本作はそんな彼の創った楽曲を現代を代表するアーティストを集結させカバーした、なんとも豪華な一枚で御座います。
それでは簡単に収録曲を御紹介したいと思います・・・・・・まず本作ではQuincy Jonesの制作した楽曲を、現代のProducerが新たに焼き直ししたという、これまた新鮮で豪華なものとなっています。まずはあのド派手な“チャッチャラッチャーラッチャーー♪”がここ日本でもあちこちで使用されているスパイシーな「Ironside」、Talib Kweliがここでは登場。このなんともデンジャラスでスリリングなメロディにすごくお似合い、ザサクサク滑る様に流麗なフロウが火を吹きます。続く「Strawberry Letter」はAkonが制作(Giorgio Tuinfortとの共同)し歌っています、ピアノ鍵盤の煌びやかな響きとすごく神秘的なメロディがAkonの透き通るクリスタルヴォイスを通し、より鮮やかに光ります。「Soul Bossa Nostra」ではLudacrisにNaturally 7、Rudy Currenceが参加、制作はRoger ThomasとKevin DeaneとSimuelとStevensonが担当。この曲はLudacrisがもう以前に「Number One Spot」で使用済み、なのでなんとなく既出感もありますがそこにNaturally 7のクーリーなハーモニーが絡む事でよりキラキラした仕上がりになっています。ポコポコ叩かれるパーカッションに流麗でエレクトロな電光を放つ電子鍵盤のメロディが近未来感溢れてカッコ良い「Give Me The Night」はJamie Foxxの登場、制作はあのWarryn CampbellとDavid Bannerの共同制作。まず冒頭にDavid Bannerのラップが入る事で僕のテンションはMAX、そしてこのサイバーな空気漂う超クールなトラックにJamie Foxxの艶やかで華やかなしっとりヴォーカルが彩る最高にスマートな一曲に。Wild Animanls制作のアットホームな温かさに包まれるブルージーな「Tommorow」はJohn Legendが登場、子供達の合唱も入るこの曲はとにかく優しく柔らかく希望に満ちていて、John Legendのクリーミーな歌声が聴き手のハートをスーッと癒す極上ソウルフル曲でウットリ(快感)。かなり久々に感じるScott Storchが制作した「You Put A Move On My Heart」はJennifer Hudsonが登場、この曲もビュンビュンと細やかな電子光線が飛び交う中をビートがキックする、すごく色彩鮮やかなエレクトロ風味のミッドチューンでグッド。Jennifer Hudsonの眩しいぐらいの力強い輝きを放つヴォーカルが閃く、胸の内がスカッと気持ち良い一曲で僕は好き。Terrace Martin制作のファンキーなグルーヴが色濃く唸る「Get The Funk Out Of My Face」はSnoop Doggが登場、Pファンクっぽい要素満載のこのバンギンチューンはSnoop Doggに超お似合い。ホーンがブイブイと派手に鳴るこの骨太なバウンスに、Snoop Doggのレイドバックしたラップがユルユルと通り抜ける痛快過ぎる一曲。本作で最も豪華だと個人的に思うのが、Jermaine Dupri制作(Co制作をLRoc)の「Secret Garden」でUsher、Robin Thicke、Tyrese、LL Cool J、Tevin Campbell、Barry White(!)というなんとも男前ばかりを勢揃いさせたたまらない一曲(興奮)。細かく刻まれるビビビビビビビートと共にクールにオシャレに滑走する全員のヴォーカルが失神する程にカッコイイ(痺)、しかも後半ではLL Cool Jがあのタフでスウィートなラップを聴かせるんだからもう鉄壁のスロウジャムに仕上がっています(称讃)。「Betcha Wouldn't Hurt Me」はMary J. BligeとAlfred Rodriguez(Piano)が登場、制作はQ-Tipで彼もちょっとだけ客演登場しています。ベース弦の奏でる粋なエッヂと躍動感溢れるパーカッションのリズムに合わせて、Mary J. Bligeのソウルフルでドラマチックな濃厚ヴォーカルがまったりと溶け合う最高にカッコイイ一曲でやはり最高です(涙)。Mervyn Warren制作の「Everything Must Change」では大御所Bebe Winansが登場、とにかくBebe Winansの奥深く大らかな渋味の効いたヴォーカルに抱かれる壮大なスケール感の生まれる一曲で素晴らしいの一言に尽きます。Wyclef JeanとJerry "Wonda" Duplessisが共同制作の「Many Rains Ago(Oluwa)」はWyclef Jeanの登場、彼ららしいカリブフレイヴァーの香るメロディにキラキラ目映い電子音を散りばめた爽快アッパーとなっています。そしてあのMichael Jacksonの名曲をカバーした「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」はT-PainとRobin Thickeが登場、制作もT-Painが担当しております。これはやはり原曲が有名過ぎてT-Pain起用にちょっと批判もあった様ですが、それでも原曲の持つフューチャリスティックな感触を巧く活かしたアンドロイド曲で面白いと僕は思いますが。あのAmy Winehouseが久々に登場する「It's My Party」は彼女の盟友でもあるmark Ronsonが制作を担当、やはり一癖も二癖もあるドロッと濃い歌声で僕はちょっと苦手かな(笑)。Three 6 MafiaとDavid BannerというQuincy Jonesとは縁遠そうな男臭い野郎が集結した「Hikky-Burr」、制作はDJ PaulとJuicy Jが担当。これはもうとにかくゴリゴリにホットに突き進むファンキーアッパーで、彼らのパワフルなマイクリレーを堪能するばかり。最後を締め括るのはRedOne、Johnny "JSev" Severin、Jalien 2010が共同制作の「Sanford And Son」は、T.I.にB.o.B.にPrince CharlezとMohombiが登場。晴れやかな清涼メロディに乗せる彼らの歌う様なライトなラップがすごく気持ち良く響く、スカッと突き抜ける様なミント風味ソングで素敵。

原曲知らないものばかりですが、それでもやはり現代Producerがアレンジも加えているし、これだけ豪華な面子が参加しているので最後まで楽しんで聴けますね(最高)。これだけ豪華なアーティストを集結できるのもQuincy Jonesの人徳の成せる業、天晴で御座います(感服)。あとはKanye Westとの共演なんかが実現したら素敵ですね、どちらも一枚を完璧に仕上げる意味では、やはり共通点も多いと思いますし。一枚でこれだけのアーティストを楽しめるのはやはり贅沢、Quincy Jonesの諸作『Back On The Block』『Q's Jook Joint』も合わせてお薦めですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment