RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Vado「Slime Flu」
Slime Flu

N.Y.はHarlem出身の新進気鋭、VadoのMixtapeアルバム『Slime Flu』を御紹介。このVadoはあのCam'ronにフックアップされ急浮上してきたMC、Cam'ronとはThe U.N.という名義でデュオも組んでいる模様。僕はほぼノーマークで過ごしていたのですが、何かしらでVadoのフロウを聴き一発で惚れ込み、Amazonで早速探して購入しました。そんなドタバタ劇で購入したので、本作がMixtapeだとは知らず、公式盤と思い込み購入した僕は少しガッカリ。しかしクオリティはかなり高い、だからこそ正規でCDプレスされたのでしょうね。
それでは非常に簡単ですが内容を御紹介・・・・・・ まずはあのB!nkが制作を担当した「Council Music」で幕開け、これがクラシカルな生楽器音を綺麗に継ぎ接ぎした様な、映画のワンシーンの様な滑らかさのあるメロディでやはり秀逸。サンプリングの妙技がキマったトラックも流石ですが、Vadoの男らしく野太いラップもすごくカッコ良くて聴いてて痺れる。このホーンのベッタリと鳴る感じがたまらない、古き良きN.Y.サウンドでかなりツボ。ひたすら繰り返す"ぽろぽろぽろぽろ♪”が耳にこびり付いて離れなくなる「Polo」はSidney "Omen"が制作を担当、おどろおどろしい重低音効いたメロディにポカポカ間の抜けたパーカッション、そしてガチガチにキメたエレキ弦のヘヴィーな音にVadoのひたすら唾吐き攻め込むハードコアなラップに痺れるばかり。このトラックもドタバタ喧騒がたまらないバキバキな雑踏ビートで、後ろで鳴り続けるキンコンカンな金属音も病み付きにさせます。僕の好きな45回転早回し系の燻し銀トラック「The Greatest」はLamont "Raw"が制作を担当、これも古き良きソウルメロディをサンプリグしたいかにもN.Y.サウンドな曲で好き、Vadoの太めの声がやはり魅力的。ものすごくストリングスが流麗で滑らかながら、ザラザラした感触の硬質yなビートがストリートの厳しさを物語っています。Eminemっぽいゴシックホラーなシリアスめのトラックがヒリヒリ冷たく感じる「Beat Knocin」はJahlil Beatsが制作を担当、少しボカされたフィルターがかったVadoのヴォーカルがすごくジリジリ燻る火種の様なホットさを備え、同じくジリジリと迫り来る恐怖ビートと重なり余計に貫禄が増幅しております(震)。Fever Beats制作の「Celebration」はやはり古き良き芳しいソウルフルな曲をサンプリングした、スベスベと滑らかで壮麗なトラックで華やか且つオシャレにキメ込んでいます(紳士)。Vadoの少し枯れた男臭い太い声も、こういう哀愁漂うメロウチューンだとよりエモーショナルで咽び上げる吐き出し方で余計にカッコイイ(失神寸前)。Tivon "V.Don" Keyが制作を担当した「Wake Up」は、少し埃被って曇ったピアノ鍵盤の繊細かつ脆いメロディに、タフにキックする打ビートがエッヂを効かせるドラマチックな一曲。Jahlil Orlando制作の「Rugby Down」は金属っぽい一つの音を連打して紡いだメロディに、ブアーーーーーと鳴るサイレン音とカチカチ叩くビートを混ぜ込んだ、シンプルだけにVadoの野郎丸出しなゴリゴリなラップ(でもクールで研ぎ澄まされた感触があるのが不思議)が際立つ仕上がり。Fever Beatsが再び制作の「The U.N.」は電子鍵盤のちょっぴりコスモチックなまろやかネオンチューンで、時折と変則なビートを刻むドラムスがナイスアクセントな、浮遊系のメロディアスミッドでThe Neptunesっぽいタッチかな。Jahlil Orland制作でMeek Millが客演で参加した「Bullets & Gun Smoke」は、細かく構築されたシンセが電子回路盤を駆け巡る様なキラキラしたメロディが印象的。Vadoが低めの厳つい声なのに対し、Meek Millの吠える様な甲高い声がナイスコントラストでグッド。しっとりと湿っぽいホーンの鳴りに、レコードみたいなプツプツ音が被さる「Crimesquare」はTivon "V.Don" Keyが制作を担当。ひたすらハードに叩き続くドラムスビートにギュルギュルと絡むスクラッチ、客演参加のGruffと共にクールに淡々と唾吐き繰り出すフロウが最高にホットで、これぞHip Hopだと聴き手に思い出させるどっぷりとストリート仕様な硬派チューン(撃墜)。ほぼドラムスビートだけを鳴らし、しかもその打音をかなり奥行きたっぷりに置いて、Vadoのバキバキと正面衝突で突破するパワーあるラップがくっきり浮かび上がる「Snapped」もTivon "V.Don" Keyが制作。続いてもTivon "V.Don" Keyが制作で、若手有力候補のJae Millzが客演参加の「Filthy Game」も真面目にハードコアを貫いた鉄拳曲で一撃K.O.は確実なタフさ。Vadoをフックアップした張本人、後見人ともいえるCam'ronが援護射撃の「Shooter」はNyceが制作。ドシンドシンと地響き鳴らしながら踏み締めるビートは圧巻、ド派手なくせしてVado×Cam'ronはいなたく燻し銀な焦がすようなラップでジリジリ迫るのがたまらない(興奮)。最後を締め括るのもCam'ronが助太刀した、Jason "Sire" TurnbullとPaul "Puma" Robinsonが共同制作の「Speaking In Tungs」。寺院の中に迷い込んだ様な念仏がグルグルと辺りを旋回、その中を骨太なビートに乗せてバンギンバウンスして暴れる中毒性の高いアジアンテイスト香るアッパーで、スパイシーでホットでタフで怪しい麻薬曲。

とにかくVadoの声がすごく魅力的、この声と節回しは完璧にThe Diplomatsな流儀で、Cam'ronやJuelz SantanaやJim Jonesが好きな方は一発で気に入ると思います。その声も良いですがN.Y.出身というだけあり、ソウルフルで燻し銀な渋いトラック群も最近には聴けないトラックの連続で、ちょっと前のHip Hopが好きな方にはすごくウケるであろうハードな一枚となっています。やばいですね、久々にこれだけ骨のあるフロウを聴いた気がします、Vadoを含めてこれからもDipsetからは目が離せませんね(警戒)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment