RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Talib Kweli「Gutter Rainbow」
Gutter Rainbows

Mos Defとの最強ユニットBlack Starでも知られる詩人、Talib Kweliの通算四作目となる『Gutter Rainbow』を御紹介。ヒットとなった前作『Eardrum』をリリースしたWarner Bros. Recordsを離れ、インデペンデントに活動を始めたTalib Kweli。こうやって日本国内でも流通して良かった(しかも解説付きの国内盤)、やはり実力のあるMCは扱いが違いますね。このジャケットがなんともアーティスティックで不可思議な魅力を纏っていますよね、僕はTalib Kweliは好きなMCなのでこうやって無事に新作を聴けて感無量で御座います(感謝)。
それでは簡単にですが内容を御紹介・・・・・・まずはケホケホと咳込みながらブルージースモーキーに始まる「After The Rain」で幕開け、制作はなんとあの88-Keysが担当。短い曲ながらやはり存在感は抜群で味わい深い、もっと長い一曲で聴きたかった(惜)。そして華やか且つ絢爛なストリングスと、情熱的でホットなパーカッションに彩られ滑り込む「Gutter Rainbow」で一気に加熱。M-Phazes制作のこのソウルフルでドラマチックなメロディが躍動感に溢れていてたまらない、その上を滑る様に走るTalib Kweliのツヤツヤ光るラップが凄まじくカッコいい(痺)。Shukoなる人物が制作を担当した、雨を降らす雨雲の切れ間から光が差し込む様なコントラストが美しい「So Low」。神々しくもどこか重たくシリアスな響きを含むトラックは詩人Talib Kweliに最適、Add Vocal参加したResとKendra Rossの両名も良い味出しています(美味)。「Palookas」はMarco Polo制作で客演にSean Priceが参加、ヒリヒリする様な金属音に近いメロディにドカッドカッと重ためのビートがキックするダークなストリート曲で、淡々とライムするTalib Kweliが神懸かりな威光を放ちますし、Sean Proceの野太いフロウも逆方向ですごく刺激的でグッド。華やかでオシャレで煌びやかなドレスアップ曲「Mr.International」はS1制作、客演には男性シンガーNigel Hallが参加。この曲はシャンパンゴールドな甘美なメロディ旋律ながら、絶えず疾走しながら刻むドラムスが鼓動に似た弾道を描く素敵なメロウアッパーで、Nigel Hallの柔らかなファルセットでコーティングする歌フックもすごく滑らかでたまらないです(溺愛)。「I'm On One」はKHRYSIS!が制作を担当、グドグドと底辺を這い回る様な不穏な電子音に“あおーあおー♪”な怪しい煽りが旋回するハードボイルドな一曲、こういう硬めの鉄屑ビート上もすんなり滑るTalib Kweliはやはり玄人。再びS1が制作を担当した「Wait For You」では客演にKendra Rossが参加、ピアノ鍵盤の粋な弾むメロディが効いたJazzy風味の一曲で、そのピアノとドラムスだけを軸にしたビート重視のトラックに彼らの洒落っ気が充満した聴かせる一曲は圧巻。宇宙の中をスーッと滑る流星の様な眩しさがたまらない流線形の加速アッパー「Ain't Waititng」は6th Sense制作、Outasightが客演で参加。これはエレクトロ趣向ながらもきちんとHip Hopはしてる花火の様に壮大な華やかさのあるアッパーで気分爽快。美しく艶やかながらエッヂの効いたメロディを聴かせてくれる「Cold Rain」は、完全復活を果たした鉄人Ski Beatzが制作を担当(狂喜乱舞)。この品のあるピアノメロディにあれだけタフで荒いビートをぶつける辺りがやはり伝統職人、Abby DobsonとKendra Rossによるヴォーカルも手伝ってどこかゴスペル風の輝きを放つ素晴らしい一曲(惚)。E.Jones制作の「Friends & Family」も快晴の青空みたいに突き抜ける爽快感が色鮮やか、ちょっぴりコスモファンタジーな奥行きたっぷりのトラックにTalib Kweliが遊泳します。「Tater Tot」は久々にNick Speedが制作を担当、少しノイジーでざらついた殺伐としたトラックがハードな一曲。微振動を起こしながらザワザワと浸食してくるダークシンセが病的な魅力を放つ「How You Love Me」、制作と客演はBlaq Tovenが担当。このだんだんと脳内に入り込み酩酊喰らう毒っぽいビートと歌声加工フックはまずい、気付けば中毒起こしています。しかもこのトラックの凄いのはハンドクラップ音での進行で、これもかなり病み付き度を高くします(溺)。盟友Jean Graeを客演に招いた「Uh Oh」はOh No制作、これもゴシックホラーな暗澹としたメロディでじわじわと黒く染められてゆく感覚がたまらない(溺)。最後を締め括るのはドラムス、ピアノ、ホーンとクラシカルな鉄板ビートでシックにキメる王道Hip Hopチューン「Self Savior」、制作はMaurice Brownが担当。この真っ直ぐシンプルで飾り気のないビートでこそMCは真の威力を発揮すると思う、やっぱりTalib Kweliはストーリーテラーだなと実感します(畏敬)。

やはりTalib Kweliは魅力あるMCだなと痛感、最近のHip Hopが好きな方には是非とも聴いて頂きたい、そしてこういうRapもあるんだと視野を広げて頂きたい(薦)。当代を彩る人気アーティストが集結した前作でも勿論Talib Kweliは喰われていませんでしたが、やはりこの親しい周辺に任せた本作は水を得た魚の如く活き活きしていましたね(快感)。マーケットを対象とした時に売れるかどうかは抜き、自分のやりたいHip Hopを貫くそのスタイルがたまらないです。出来ればHi-TekやKanye West制作曲なども一曲は聴きたかったけれど、それ無しでもしっかりタフな一枚に仕上がっています(流石)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment