RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ghostface Killah「Apollo Kids」
Apollo Kids [Explicit Version]

Wu-Tang Clan随一のソウルフル野郎、Ghostface Killahの通算九作目となる『Apollo Kids』を御紹介。一時期は最後のKillahを省いていましたが、また付けていいみたいですね、やっぱり付いていないとしっくり来ないですもんね。最近はRaekwonがまた高評価を得ていますが、Wu-Tang Clanの中でも一番コンスタントに作品をリリースしているのがGhostface Killahではないでしょうか。本作はGhostface Killahがジャケットに写っていないですね、それがまた渋さを際立たせていますね。
それでは簡単ですが内容に触れておきます・・・・・・まずはFrank Dukes制作でGZAとKillah Priestを客演に招いた「Purfield Thoughts」で幕開け、Them Two「Am I A Good Man」を大胆にサンプリングしたなんとも哀愁たっぷりにブルージーに聴かせる、拳の効いたソウルトラックでぐっと来ます。Roy Ayers「He's A Superstar」をサンプリングした「Superstar」はShroom制作、客演には暴れ馬Busta Rhymesが参戦。この燻し銀でドカドカと叩くドラムスにブンブン振り回すメロディに、ノンストップで激走するGhostface Killahのバキバキのラップがガンガンぶつかるだけで痛快。なのに輪をかけてBusta Rhymesの重低音を効かせた叩き潰す様に力強いラップも混合、もう敵無し状態で暴れてくれています(木端微塵)。再びFrank Dukes制作でAsha Bhosle「Jogan Ban Gayiu」をサンプリングした「Black Tequila」、客演にはCappadonnaとTrifeの旧友が相性抜群で参加。これも硬質なドラムスがひたすらに激しくビートを刻む、からりと乾いた殺伐でキレキレなトラックでやはり最高にソウルフルで燻し銀。こういう(良い意味で)質素なゴツゴツと骨骨しいタフ曲だからこそ、Ghostface Killahの有無を言わせぬ真っ直ぐストレートなラップが映えるのです。コツコツと叩くドラムスに電子鍵盤のソワソワしたメロディが浮遊して絡み付く「Drama」、制作はSean CとLVが共同制作。この音数少なくざわざわと鳥肌立ちそうなぐらいにシリアスなメロディに、Joell OrtizとThe Game(!?)の二人が参戦する事でより危険度がグンと高くなっています。やはりここでもThe Gameのあのやさぐれたヴォーカルがギラギラ光っていて、やはり焦げ臭いてハードボイルドな仕上がりに一役買っています(助演男優賞)。Yakub制作でThe Intruders「Together」をべったりとサンプリングした煌めきソウルフル「2getha Baby」、フックとブリッジのこのチグハグ感(継ぎ接ぎ感)がなんともラフでたまらない、こういう質感ってWu-Tang Clan一派の特許っぽい気もします。Scram Jones(久々)が制作を担当した「Starkology」はDavid Matthews「Theme From Star Wars」をサンプリング、ピュンピュンと光線か機械音に近い高音がつんざめくスピード感溢れる一曲で、そのスペイシーな空間を縦横無尽にGhostface Killahがマイク一本の光線銃で迎撃していてカッコイイ(惚直)。ブオーーンブオーーンと捻れて大音量で響く重低音がブラックムーヴィーさながらの重厚感を生む「In Tha Park」、制作はFrank DukesでJohnny Thunder「I'm Alive」をガッツリ使用したロック調の無骨なトラックが最高に熱いし、援護射撃にはこの手の音が得意なBlack Thoughtという事でもはや鉄壁の一曲に。そして本作中最も注目すべきはあの生ける伝説Pete Rockが制作を担当した「How You Like Me Baby」、サンプリングにはSyl Johnson「Different Strokes」を使用。やはりPete Rockらしくけしれ派手でなく素材のエッセンスを凝縮抽出したループで中毒性は高い、ソウルを熟知した二人の共演だけにすごく落ち着いています。どことなくアジアンテイストなポロロン音が優雅さを醸し出す流麗な「Handcuffin' Them Hoes」はChino Maurice制作、このしっとりと艶やかなトラックもGhostface Killahにかかればより味わい深く芳醇に。しかも客演にはあのJim Jonesが参加、タイプの違うMCの共演でより華やかさが増していますよ。Sheek Louch、Wiggs、Sun Godとかなり職人っぽいMCがマイクを回す「Street Bullies」はBig Mizza制作、J.J. Barnes「You Are Just A Living Doll」を45回転早回ししたトラックがまた刺激たっぷりで耳にベッタリこびり付きます(癖有)。Anthony Acid制作でMarlena Shaw「Woman Of The Ghetto」をサンプリングした「Ghetto」、ここではRaekwon、Cappadonna、U-Godと気心知れた身内でマイクリレー。ベンベン渋く低くなるベース弦の太い旋律がやはり大人の男な静かに燻るソウルを放っていて、この無骨な野郎共のラップを盛り上げています。最後を締め括るのはRaekwon、Method Man、Redmanというもう最強の布陣で徹底攻撃の「Troublemakers」、制作はあのjake Oneが担当。これはもう各々の強烈な個性を浴びる様に愉しむ以外にない豪華曲、誰も彼もが相手構わずに火を吹くタフ過ぎる一曲で昇天確実です(一撃)。

とにかく聴きやがれ!と吠えたくなる程に、骨っぽく荒削りな楽曲ばかりです(平伏)。最近のHip Hopではまず聴けないぐらいにハードで男臭い音楽、やはり彼らが牽引した90年代Hip Hopも黄金期だったと実感させられます。もうとにかくGhostface Killahがパワフルで熱くて渋い、焼酎か日本酒のような味わいでたまりません(酔)。通なRapファンからは2010年のベスト盤に挙げる方も多かった本作、勿論その評価は納得で御座います、腰抜けな男(僕を含め)はこれを聴いて身を引き締めましょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment