RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T.I.「T.I. vs T.I.P.」
tivstipc.jpg


新たなKingの座に鎮座確定のこの男、T.I.の通算四作目となる『T.I. vs T.I.P.』の御紹介。もはや向かう所敵無し、最強の称号を欲しいままにしている新たな若きKingがこのT.I.、もうこれは皆が認めるんではないでしょうか。通算5作目となる本作も前作ほどではないでも大ヒット、初週売り上げはJay-Z復帰作『Kingdom Come』を軽く超えたんだとか。遂に王座を明け渡す事になるんでしょうか、もう皆が持っているであろう本作。
ちょこっとふんわり触れますね……内容はもういつも通りにカッコイイ、T.I.の低い声格好良いんすよ、これは女の子もメロメロになりますわ。顔も二枚目でラップも巧み、本作ではストリートで生きるT.I.P.とスターダムで生きるT.I.の一騎打ちという難しい題目に挑戦していまして、それ自体がラップ巧者の印でしょうね(感心)。まずは先行シングルとなった「Big Things Poppin'(Do It)」で幕開け、製作はサウスの曲者Mannie Freshが担当。Mannie Freshにしてはちょっぴり癖が無さ過ぎるかなって感じなんですが(Mannie Freshの声が入っていないってのも物足りない)、それでもT.I.の男前な威勢の良いラップで闘争心が沸々と沸く熱い一曲。「Raw」はLil Cなる人物が製作を担当、これもゆる~いノリがサウスっぽくてT.I.っぽいラップの運び。冒頭の警報音みたいなのがずっと鳴りっ放しで耳にこびり付く中毒性の高い「You Know What It Is」もシングル曲、Wyclef JeanとJerry "Wonda" Duplessisが共同で製作。不穏なビートにちょっぴりカリブっぽい音も絡む一曲、最初は地味に感じるんだけど噛めば噛むほど味が出る一曲なのは流石の一言。ハンドクラップのみのトラックから静かにT.I.がラップし始める「Da Dopeman」は再びMannie Freshが製作を担当、サンプリングにN.W.A.「Dopeman(Remix)」のフレーズも飛び出すギャングな一曲、ここでのT.I.の連呼フックが印象的。そして本作中で最も最高にハイな一曲が我らがJay-Zが参加した夢の共演曲「Watch What You Say To Me」、僕はこの曲が聴きたくて購入しましたしこれが本作の目玉曲と言っても絶対に過言ではないハズです(断言)。Kevin "Khao" Catesが製作した荒んだ殺伐な空気感がたまらなくカッチョええビートにT.I.のラップでも充分イカしてるんですが、やっぱ僕はJay-Zに痺れる(鳥肌)。だって“オマエが相手にしているのはラップの作者だ、「ブループリントの建築家」だ、オレのDNAがオマエの音楽にも入っているんだぞ、オマエらは愚か者だな”ですよ~、たまらんですばい(惚)、そうだぜぃ、Jigga様に平伏せぃ(笑)。完全にTimbalandっぽいビートな「Hurt」はDanjaによる製作曲(納得)、ゲストにAlfa MegaなるMCとBusta Rhymesが参加しています。此処でお披露目されているAlfa Megaなる男はT.I.率いるGrand Hustleの一員、男臭くて僕の好きな声で御座います。まぁでもそうは言ってもBusta Rhymesのキレ具合には勝てっこない、Busta Rhymesが凄まじくカッコイイ、この破壊力は彼ならでは。「Help Is Coming」は前作から引き続き参加のJust Blaze製作曲、ここではBarry White「Somebody's Gonna Off The Man」をサンプリングしています。ここではT.I.がメロディアスに流麗にさらりとラップをかます、余裕綽々で御座います。「My Swag」は再びWyclef JeanとJerry "Wonda" Duplessisによる共同制作曲、此処ではWyclef Jeanも拳の利いた歌声でゲスト参加しています。現段階ではどう考えても先述の「You Know What It Is」よりもコッチの方が二人らしく南国っぽくてイイ、シングルカットはコッチの方が良かったのでは(Wyclef Jeanの歌声がなんとも熱い)。歪んだシンセ音がなんともピリピリと緊迫感のある「We Do This」はThe Runnersによる製作曲、これはめっちゃ格好良くてT.I.の新たな一面を発掘した一曲かと思われます。「Show It To Me」では前々作でもゲスト参加していたNellyがゲスト参加、この曲もThe Runnersによる製作で御座います。ここでは打って変わってメロウなT.I.を引っ張り出し、Nellyも合わせて(というよりこの曲はNelly風味)メロウに歌う様なフロウで応戦、Nellyは新作も楽しみだしこの曲の仕上がりもイイ感じ。これまたThe Runnersがメロウ面を開花させた「Don't You Wanna Be High」は文句なしの素晴らしい仕上がり、こういうメロウ物のラップ曲に弱い僕、T.I.の王様な威風堂々なラップも良いけどこういう優しいラップもしっかりキマってます(二枚目)。「Touchdown」ではもう復活間近な感じのするEminemが製作&ゲストで参加、考えれば今回のT.I.とT.I.P.の使い分けは、EminemがSlim ShadyとMarshall Mathersの三人を使い分けたその手法と一緒ですね。ここでのEminemはかなり控えめ(トラックも控えめ)、もっと爆発した狂気な一曲に仕上げて欲しかったなぁ(惜)。「Tell 'Em I Said That」では再びDanjaが製作を担当、シンセの流れがT.I.のラップを加速させるなかなか癖のある一曲。そのDanjaの本作最高の仕事が「Respect This Hustle」、ちょっぴりこもったシンセ音が織り成す浮遊感が独特で一気に飲み込まれる。最後にKeith Mack製作の静寂ピアノ旋律に紳士なラップを乗せる「My Type」で幕を閉じますが、国内盤には更にKevin "khao" Cates製作の鐘鳴るドロった電子音曲「The Hottest」と、Lil C製作のサウス丸出しのハンドクラップ散りばめた「You Ain't Fly」の二曲が収録されています。

肝心のT.I.対T.I.P.に関してはまだそんなに詩を読み込めていないんでピンとは来ませんが、きっとこの課題(難題)をT.I.は(T.I.P.は)簡単に乗り越えている事でしょう。一番のお薦めはやはりJay-Zとの共演曲「Watch What You Say To Me」でしょう、T.I.はJay-Zに“次はオマエだぜ”って言われたんだから、事実上の王位継承曲なのかもしれません。でもまだJay-Zの方が数段上ですけどね、それでもやはりT.I.はカッコイイですね、うちの弟もT.I.の虜になっています(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment