RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kevin Michael「International」
International.jpg

イタリア系の血も混じる若きシンガー、Kevin Michaelの通算二作目となる『International』を御紹介。前作『Kevin Michael』がなかなかの力作で驚かされたKevin Michael、その時は見事なアフロヘアがカッコ良かったのですが、本作ではストレートロングヘアに変わっていて、彼の路線変更を強く意識してしまいますね(と思いましたが、中のアートワークでは挑発のアフロです)。Kevin Michaelは自身でTHEYなるバンドを結成するなど、自身のやりたい音楽を追求している様でしたので、こうやって新作リリースが出来て良かった(安堵)。本国よりも早く日本が先行発売されたっぽいですね、本国でもリリース出来たら良いですね。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと・・・・・・まず本作では全曲のソングライトをKevin Michael自身が担当、そして全曲の制作をGarlic Breadなる人物が担当しており、やはりKevin Michaelの表現(意向)が色濃く反映された一枚となっております。まずは爪弾くアコースティックギターの音色に爽やかな電子音がキラキラ施された「The Answer」、いきなり四つ打ちのテクノポップっぽいアッパーに驚きを隠せませんでしたが、Kevin Michaelの清涼感溢れる柑橘系のヴォイスにはピッタリで違和感無し。続いても思い切り四つ打ちのシンセビートにスラリとソフトなヴォーカルが伸びる「International」、晴れ渡る青空の様にスカッと目映いサウンドが胸のモヤモヤを吹き飛ばす一曲。色彩豊かにカラフルなシンセをベッタリと塗りたくったトロトロしたスロウ「Teacher」、ぽわんぽわんと丸みを帯びた間延びしたバウンス感と、ゆるゆる繰り返すフックといい、完璧にThe-Dream節の一曲に仕上がっていてニヤリ。ダークなビートをぶつけるメタリックなサウンドが刺激的な「iHeart Girls」はNoize Tripとの共同制作、夜の帳を切り裂く様に舞うKevin Michaelの吸血鬼的なヴォーカルが妖艶でカッコ良いアッパー。「Spread The Love」(Riyo Hidakaとの共同制作)では日本の女性シンガーEMI MARIAとのデュエットを披露、StarGateっぽい爽やかで透明感の溢れる広大なトラックがすごく気持ち良くてたまらない。Kevin MichaelとEMI MARIAの相性も抜群で、どちらも大海に身を投げ出して漂う様な壮大で伸びやかなヴォーカルで心地良さが倍増しています(癒)。純粋な愛がたくさん詰まったラヴソング、心がだんだんと美しく軽くなるのを感じます(自由)。ポコポコと打つ丸みのあるシンセビートに、スーッと滑らかに流れる美旋律がクリアな「Tear Jar」は、失恋して悲しいけれど“僕の涙の壷の中に、涙をしまうよ♪”と、悲しさで涙の止まらない男の切ない心情を謳った失恋曲(泣暮)。この透明感のある深々と胸に響くシンセメロディが柔らかくて、それがまた失恋した心の脆さとすごくリンクしてて、サウンド的にはどこかMichael Jacksonを思わせるポップ路線。ここではやはりKevin Michaelの柔和な(中世的な)歌声が、失恋に打ちひしがれる男の涙っぽい声を思わせて、余計に胸を強く締め付けられるんです(涙腺直撃)。ヴォーカルにエフェクトをかけたガブガブ声がなんとも耳に残る「Animal」、メロディの運びもどこかエキゾチックだしトラックもどこかジャングル(アマゾン)っぽいゲロゲロ感で、よくよく聴くとなかなか奇怪で面白い病み付きビートでグッド。オルガン鍵盤の軽やかに弾むメロディと、硬質なドラムスの小気味の良いビートがキュートな「Semi」はNoize Tripとの共同制作、これはフックでの“せみせみ、お、おー♪”なんかが思わず口ずさんでしまう胸キュンチューンでグッド。再びNoize Tripとの「Who I Am」なんかはChris Brown「With You」に物凄く似ている、と思わず指摘したくなるほどのアコギ弦律の効いたStarGate風味の爽やかチューン、ですがKevin Michaelに似合っているので許せるかな。グルグルとループするようなヴォーカルが、ずっと立ち往生して前に動けずにいる過去の愛とリンクしていて切なくなる失恋曲「Break Up」もNoize Tripとの共同制作。繊細で儚いピアノ旋律にユラユラと危うい神経質な毒気のあるシンセが絡み付く事で、より重たくて執拗なトラックに仕上がっていて秀逸。ここでのリフレインフックもThe-Dreamの二番煎じとかではなく、終わった愛を自分に何度も言い聞かせている様なタッチですごく胸に突き刺さります(涙)。最後を締め括るのは「U Know U Love Me」、微かに囁く様な細いファルセットがたまらなく悲しい失恋曲。さらさらと流れるアコースティックギターの淀みのないメロディに流されまいと、Kevin Michaelが“昔の恋人をまだ愛しているなら、手を挙げて♪”と謳うブリッジがもうつらくてつらくて、胸が張り裂けそうになります(没)。

どうだろう、前作のKevin Michaelに囚われると馴染めないかもしれませんが、僕はすごくしっくり来て好きな一枚です。本来からKevin Michaelの歌声はクリアで柔らかくてソウル向きというよりは、むしろこういうポップ向きだったかなと思います。ただヴォーカルアプローチなんかはやはりR&B仕様で、そういう意味ですごくイイとこ取りした様なライトなアルバムだと思います。そしてこの細くしなるヴォーカルは失恋曲によく似合う、そういった意味でも全てが(全曲を任されたGarlic Breadも良かった)巧く機能していたと思います。地味にお薦め、前作を購入した方は是非とも聴いて違いを楽しむのも良いと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment