RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Marsha Ambrosius「Late Nights & Early Mornings」
marsha-ambrosius-late-nights-early-mornings.jpeg

Natalie Stewartとのコンビ、Floetryの片割れであるMarsha Ambrosiusのソロアルバム『Late Nights & Early Morning』を御紹介。Floetry時代にもあのMichael Jacksonの名曲「Butterfly」をはじめ、Glen LewisやKelis、Alicia Keys、Jazmine Sullivanなどにソングライト提供をしてきたMarsha Ambrosius、もはやソロ作品が出たのは必至の過程だったかと思います。彼女はDr.Dre率いるAftermath Entertainmentと契約をしていましたが、なかなか作品を出す事は出来ず、結局はこの『Late Nights & Early Morning』もJ Recordsからのリリースとなった様です。とりあえず無事にリリースされて良かった、素直に嬉しいです。そしてMarsha Ambrosius、痩せて綺麗になりましたよね。
それでは簡単にですが内容を御紹介・・・・・・まずはじめに述べておきますと、Marsha Ambrosius自身が全曲のソングライトに関与しております(補足)。嵐の前の静かな雨の様なピアノ旋律で幕を開ける「Anticipation(Intro)」はMarsha Ambrosiusによる制作、すごく短い曲なのですが彼女の愛に満ちた温もりたっぷりのヴォーカルで既に骨抜きに。続く「With You」もMarsha Ambrosius制作(Alicia Keysがソングライトで参加)、こちらもゆったりまったりとスロウテンポのピアノの上品は響きに、Marsha Ambrosiusの吐息に近い柔らかく甘いヴォーカルが寄り添うほんのり官能的な一曲。少しだけシンセサイザーの不思議な響きが上昇する「Late Nights & Early Mornings」は、意外にもあのRich Harrisonが制作を担当。ピアノ鍵盤を置きながらも、どこかミステリアスでザクザクと意識を途切れさせる様な電子音のスラッシュが刺激的。そんなちょっぴりスペイシーなトラック上を、Marsha Ambrosiusのふわふわとしたトロトロヴォーカルが包み込む悩ましいベッドソング(骨抜)。本作からの先行シングルとなったのが「Hope She Cheats On You(With Basketball Player」はMarsha AmbrosiusとCanei Finchの共同制作、ボトムスの効いたビートにキラキラと輝くラインストーンメロディを織り交ぜたスムージーなミッドは美しい。元彼を忘れられない彼女が“あなたの今の彼女、バスケ選手と浮気すればいいのに♪”と願うという、なんとも突飛ながらもそこにMarsha Ambrosiusのソングライト能力の高さを感じる綺麗な失恋曲。そしてこれまた意外にあのJust Blazeが制作を担当(ソングライトにあのSterling Simms!)した「Far Away」、サンプリングにThe Supremes「You Keep Me Hangin' On」を使用したソウルフルスロウ。しっとりと柔らかくシルキーなピアノ旋律に、強めにキックするビート、静かながらも強く熱っぽいヴォーカルでぎゅっとメロディを抱き締めるMarsha Ambrosiusが素晴らしい(痺)。最後の方にはトークボックスっぽい加工で宇宙人っぽいヴォーカルが施されて、これがまたちょっぴりサイバーな感じを演出していてより病み付きにさせてくれます(策士)。「Lose Myself」はあのLauryn Hillの同名曲のカバー、これも古き良きソウルミュージックを蘇らせる渋くも淡いメロディが美しく、ちょっぴりヴォコーダーっぽいヴィブラート(自力)で低音を効かせて熱っぽく歌い上げるMarsha Ambrosiusに拍手喝采です。「Your Hands」はMarsha Ambrosiusにとっては盟友ともいえる、Andre Harris & Vidal Davisの黄金タッグが制作を担当。ここではトラックの音数も極力少なく奥行きと間がたっぷりとられた極甘スロウ、だからこそMarsha Ambrosiusの溜めの効いたすがる様な涙まじりのフックがたまらばく胸を打つのです(深々)。すっきりと爽やかでドリーミーな甘美ミッドが甘酸っぱい「I Want You To Stay」はMarsha Ambrosius制作、すごく爽快でクリアなトラックに乗せて“行かないでほしいの♪”と歌うMarsha Ambrosius、フックの最後には完璧にMichael Jackson「Human Nature」のあのファルセットでの涙声を駆使していてたまらない(感極)。「Sour Times」は英国のPortisheadなるグループの同名曲カバー、ドロドロとした漆黒メロディにギュルギュルとスクラッチが刻まれる妖艶かつ異質な一曲に。あのFocus...が制作を担当した「Tears」、Norman Whitfield「Crying」を下敷きにしたレコード調の一曲。情緒豊かで深みのある泣きのバラードで、Marsha Ambrosiusの堂々たる歌声にただただ聴き惚れるばかりのブルージーソウルな一曲(感動)。「Chasing Clouds」はSyience制作という事でこれも意外、軽やかなピアノ鍵盤音が躍動感溢れるドラムスに後押しされてグングン加速する清涼な朗らかアッパー。Marsha Ambrosiusの突き抜ける様な瑞々しいヴォーカルが目の覚める程に鮮やかで気持ち良い、身体中を透明感溢れる歌声が巡ります(浄化)。Marsha Ambrosius制作のピアノ弾き語り曲「The Break Up Song」は素晴らしいの一言に尽きる(感嘆)、もはやゴスペルの様に尊い響きを放ちながら、切々と別れる辛さ苦しさを身を引きちぎられそうなヴォーカルを、振り絞るようにして丁寧に歌い上げるMarsha Ambrosiusにただただ涙。最後にはMarsha AmbrosiusがあのMichael Jacksonに提供した同名曲のカバーRemix「Butterflies(Remix)」を収録、ほんの少しトラックも敷き直していてよりライトでカラフルな煌びやかな仕上がり、Marsha Ambrosiusのひらひらと舞う蝶の様なヴォーカルにMichael Jacksonを重ねてまた涙。国内盤にはこれらに加えてもう一曲、Marsha Ambrosius制作の「Fan」をボーナス曲として追加収録。これもピアノ弾き語り曲で、ちょっぴりジャズっぽいオシャレな響きがシャンパンの様に繊細でオシャレな一曲で素敵。

う~~~ん大満足、Marsha Ambrosiusらしくてすごくエレガントで繊細な一枚でした(称讃)。下手に売れっ子のProducer陣を敷く事なく、彼女のテイストを分かったごく周辺の人物に数曲委ねたのが吉と出ました(そういう意味でもJust Blaze参加は驚いた)。とにかくしっとりと上品に聴かせるソウルフルな歌声は絶品で、するすると鼓膜を通過し僕のハートを射抜いてしまいました(虜)。Floetryの事実上解散はやはり悲しいし残念ですが、これだけ素晴らしいソロ作品を聴くと、この道も正解だったのかなと思います(納得)。Floetryというルーツを踏まえた上でも、すごく真っ直ぐにMarsha Ambrosiusの音楽が詰まった極上のソウルアルバムとなっております(美味)。
スポンサーサイト



Comments

No title
このアルバムは素晴らしかったですよね。おっしゃるように派手な売れ線路線では全くなく、彼女の資質を活かしたプロダクションがきらりと光るナイスな1枚。Alicia Keysもいい仕事してました。こういうアルバムがもっと増えてくれば、R&B界も新たな方向性が見えてくるような気がします。
No title
いや、本当に素敵なアルバムでした。
相方のThe Floacist『Floetic Soul』もすごく良かったし、やはりこの二人は才能あるアーティストだったんだなと痛感しました、これぞソウルミュージックですね(惚)。
最近のR&Bもそれはそれで魅力あるけれど、こういうR&Bもあるからこそ。
これからももっと沢山の素敵なR&Bが聴けそうですね。

Leave a Comment