RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brian McKnight「Gemini」
gemini-brmccovs.jpg


僕の敬愛するシンガーソングライターBrian McKnightの通算7作目となる『Gemini』を御紹介。“珠玉のバラードを歌っているのは誰”と聞かれたら、僕はイの一番にBrian McKnightの名前を挙げるでしょうね(断言)。それぐらいにBrian McKnightの作る曲が好きだし、その切ない歌詞が好きだし、なによりその甘くも渋い歌声が好き。ドッカ~ンとは売れないけれども毎回確実に素晴らしい作品を届けてくれるBrian McKnight、本作もきっとそうだろうとは思いませんか。
はいそうです、やっぱり素晴らしい内容に仕上がっています(惚)……まずは小手調べといった感じでハンドクラップとコーラスをバックに街角で歌っている様な「Stay With Him(Intro)」で幕開け、完全なアカペラでこれが粋でカッコイイんですよね~、もう誰もBM(Brian McKnightの略称)には勝ってこないと確信します。「What We Do Here」はBM製作の生粋バラード、なんですが従来のBMが作るクラシックなR&Bではなくて最近のR&B味を加味させた浮遊感ある一曲。冒頭のピアノの演奏からもう切なさで涙線を緩ませられる「Everytime You Go Away」も勿論BM自身による製作、ピアノを基調としたキラキラ輝く愛の歌、こんな風に人を愛せるって美しいし素敵ですよね(憧)。「Grown Man Business」では打って変わってちょっぴりHip Hop風味な一曲、製作を担当したのは古株の名コンビ、Tone & Pokeのお二人です(納得)。ここでは得意のサンプリング技術でMarcus Miller「Much Too Much」を使用、清涼感を残しつつもグルーヴの光る一曲は流石の出来栄え。BMがファルセットを駆使して恋人の待つ家までの気持ちを愛たっぷりに歌った「Everything I Do」もBMによる製作、家に帰るまでにこれだけの想いを巡らせられるのはBrian McKnightだけではないでしょうか(絶賛)。シャンパン片手にゆらゆら揺れる様に恋人とダンスしながら聴きたい囁き歌「Here With You」はオシャレ、都会の夜にピッタリの流麗なメロディ。「She」は本作の目玉曲である事は確実、何故ならゲストにTalib KweliとMusiq Soulchildと玄人ウケする素敵な布陣だから。しかも製作はこれまた玄人なCarvin "Ransom" HagginsとIvan "Orthodox" Bariasが担当しているんだからこれはもう間違い無しの一曲、Tarib Kweliのメロウなラップが僕の心臓をバキュンと撃ち抜きます。そのままライトなノリでまろやかに僕をとろけさせる「Stay」、未練も後悔もタラタラで僕になんともぴったり(笑)なんだけどやはり美しい仕上がりの「Come Back」とBM製作曲が続きまして。次はNikki Holliwoodなる人物が製作を担当したシンセ音混ざる「Watcha Gonna Do?」のお目見え、この曲ではJuvenileと彼の子分であるSkip、そして売れっ子Akonの三人が参加したかなり異色作。しかしそこはベテランBrian McKnight、上手く料理しています。ここからは最後までBrian McKnightの独壇場、ジャズっぽい雰囲気漂うスタンダードな「Your Song」、ちょっぴり悲劇的でドラマチックな信仰曲「Me & You」、そして国内盤にはボーナストラックとしてこれまたBM節がなんとも切ない復縁曲「Don't Lie」とエッジが聴いた現行R&Bトラックで艶かしく迫る「Sexy」の二曲が収録されています。

いやぁ……素晴らしいですよ、心に染み入る歌ってのはこういう曲の事を言うんでしょうね(切)。だって僕は全く英語の歌詞は理解できないんですよ、それなのに曲聴いてたら情景が思い浮かんで泣けてくるんです、これはBrian McKnightの神業で御座います。これからも流行に流されずBrian McKnightの世界を貫いて素晴らしいバラードを聴かせ続けて頂きたいです(好)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment