RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「Dangerously In Love」
bedilc.jpg


女性ボーカルグループDestiny's Childのフロントマンであり、僕の“恋人にしたい女性No.1”でもあるBeyonceのソロデビューアルバム『Dangerously In Love』を御紹介。Destiny's Childの中でも突出した歌唱力と容姿で常に注目されてきたBeyonce、僕はDestiny's Child時代から彼女のムチっとした健康的なナイスバディが大好きでたまりませんでした……ってまず歌声が好きなんですよ、あと顔も好きですし。とにかく遅かれ早かれ発表されるであろうと思っていたBeyonceのソロ盤、これを早いと取るか遅いと取るかはその人次第ではありましょうが、誰もが待ち望んでいた事は証明されました。
皆様もう殆ど聴いた事のある曲ばかりでしょうが……まず幕開けからして誰もが知っているメガヒット曲「Crazy In Love」で華々しく登場、Rich Harrison製作のChi-Lites「Are You My Woman?(Tell Me So)」を下敷きにしたホーン鳴り回すジャカジャカと騒々しいトラックがド派手でBeyonceの他を圧倒するパワーにぴったり匹敵。そして援護射撃には恋人のJay-Zがしっかりサポート、まさにKingとQueenの共演で向かうところ敵無し。PVで見せる踊りもすんごいカッコよくてグッド、全てが完璧に完成されていました。どことなくアジアンな香り漂うScott Storch製作の「Naughty Girl」、いけない女の子を色っぽく歌い上げるBeyonceに翻弄され捲くり。これまたアジアンテイスト爆発な妖艶曲「Baby Boy」はScott Storchが再び製作を担当、Reggae界の貴公子Sean Paulをゲストに迎える事で強度も中毒性もより強力になっております。OutKastのBig BoiとSleepy Brownがゲスト参加したちょっぴりロキッシュな一曲「Hip Hop Star」はBeyonce Knowles製作曲、Big Boiのラップは当然カッコイイんですが、急な参加となったSleepy Brownをもっと強めに使って頂けたら嬉しかったのに(我侭)。Rich HarrisonがShuggie Otis「Strawberry Letter 23」をサンプリングして作り上げた悩ましい極上スロウ「Be With You」、ここからは聴き手の予想を裏切って(?)バラード曲ばかりが続くから驚き。ではバラードは無しか、と聞かれればそれは否、この曲も力強さと微細さが絶妙なバランスで構成された歌で、シンガーとしてのBeyonceにどっぷり浸れます。Scott Storchが製作を担当した「Me, Myself And I」は本作でも僕が最も好きなバラード曲、過去に傷ついた女性達に等身大の自分をぶつけるBeyonceにも好感が持てるし、Scott Storchが時折魅せるこの美味スロウに不意打ち喰らってヤラレました。「Yes」はBeyonce Knowlesが製作、空間を生みながらその隙間にレコードのプツプツ音を入れたノスタルジックな一曲。「Signs」ではMissy Elliottが製作&ゲストで登場、これまたキラキラと脆く儚いトラック上で射手座の男(Jay-Zは12月4日生まれで射手座)と恋に堕ちたことを歌ったラヴバラード、フックでのファルセット駆使で一気に昇天してしまいます。再び恋人Jay-Zとのデュエット「That's How You Like It」はD-Royによる製作曲、DeBargeの名曲「I Like It」を引用した完全二人の世界に嫉妬(笑)。でもなんだかんだでこの二人の相性は抜群で、ここでのJay-Zno一歩引いたラップが紳士でグッド。「The Closer I Get To You」ではあの大御所Luther Vandrossと濃厚デュエットでシルキーな夜を演出(製作はNat Adderley Jr.)、しかしこの曲はやはりLuther Vandross『Dance With My Father』に収録されて然るべきな一曲かと思います。「Dangerously In Love 2」はDestiny's Child時代のアルバム『Survivor』に収録されていた同曲を録り直して収録、製作はBeyonce Knowles自身によるもの。アルバムタイトルとなっている事からも判るように、Beyonceはこの曲がいたく気に入った様子で。でも静けさの中にも力強さと熱い想いを一途に届けるこの曲は、本当に素敵で感動できるバラードで僕も好きな一曲です。国内盤にはこれらに加えてキラキラと飛び跳ねるビートがキュートで愛らしい「What's It Gonna Be」、Jay-Z主軸でBeyonceがfeat.され話題となった(勿論ヒットした)「’03 Bonnie & Clyde」、そしてThe Neptunesが製作した生バンドっぽい音使いでファンキーに攻め上げる「Work It Out」、マネージメントも務めている父親への感謝ソング「Daddy」を収録しており、どれも聴き逃すのは勿体無い楽曲となっています。

これまでのBeyonceを彷彿させるアッパーでダンサブルな楽曲は前半数曲のみで、あとは本当にバラード中心、しかも全てをBeyonce自身がソングライティングしています。Beyonceが一人の女性シンガーとしての実力を発揮する事に全力を注いだ、渾身の一枚となっております。「Crazy In Love」狙いで購入しても損は絶対にしませんし、女の子なら気に入って聴ける一枚になっているのではないかと思います(賛辞)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment