RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Talib Kweli「Quality」
talib-qualitycovs.jpg


Talib Kweliのソロデビューアルバムである『Quality』を御紹介。爆発的なヒットこそ無いですが、その真摯なラップに誰もが酔い痴れてしまうのがこのTalib Kweli氏。Mos DefとのコンビであるBlack Starでも知られていて、実質Mos Defの方が人気もあるんですが、僕はそのMos Defと同じぐらい(てかちょっぴり上)このTalib Kweliが大好きなんです(惚)。メジャーでは絶対に聴き得ないその黒いサウンド、ソウル、本作でも十分に魅せてくれていますよ~。
そえでは気になる内容の方を御紹介……まずはコメディアンDave Chapelleによる演説(ジョーク)「Keynote Speaker」で幕開け、まぁここはさらっと聴いて。そこからガツンと始まるロキッシュな「Rush」はMegahertzによる製作曲で超カッコイイ、最後にちょっと濁声で喋っているのはXzibitで御座います。そして早くも本作の最重要曲である「Get By」がお目見え、これはヒットしたから皆が知っているTalib Kweliの一曲でしょう(断言)。製作は御存知のKanye West、もうこのトラックは完全なるKanye魂注入のトラックで聴いた瞬間に手を叩いてノッてしまうソウル曲。ここでサンプリングされているのはNina Simone「Sinnerman」、このボーカルの使い方も絶妙でテンション上がる、もっと大人数でのRemixやったらもっと盛り上がる(Jay-Z版有り)。女性シンガーのフックが冴えているこれまたソウルフルな「Shock Body」はDJ Scratchによる製作曲、ここではCharles Mangione「Diana In The Autumn Wind」を下敷きにしています。銃を主軸に置いた「Gun Music」は再びMegahertzによる製作曲、ゲストにCocoa Brovazを招いた一曲。最初聴いた時はちょっぴりレゲエチックかなと思ったんですがそうではなく、Cocoa Brovazもなかなか野太い声をしたMCでした。銃を撃ち捲くる様な弾けるビートがかなり刺激的でカッコイイ、Talib Kweliの詩もめちゃカッコイイしね(惚)。「Waitin' For The DJ」はDahoud Darienによる製作曲、ゲストにはあのBilalが参加であの独特でハイな歌声を聴かせてくれています(魅)。トラック自体はピリピリと緊迫感もあるんだけど、そこにBilalが歌った途端に爽やかな風が吹き込むトラックメイクが上手い、そして存在感有りまくりなBilalが上手いです(褒)。「Joy」では満を持して相方の実力派Mos Defがガッツリと参加(痺)、Ayatollahなる人物がAretha Franklin「A Get High」をサンプリングしたこれまたソウルフルで渋くカラフルなトラックを提供、二人の相性も当然ながらバッチリでキマッてます。James Poyserがキーボード、Ahmir "?uestlove" Thompsonがドラムスと完全にThe Soulqueriansが製作を担当している豪華な「Talk To You(Lil' Darlin')」はブルージーでひたすらと美しい、再びBilalがゲスト参加し甘く切ない歌声を披露し、Talib Kweliはひたすら“君と話がしたいんだ”と愛を囁くラップが相俟って……叙情的であったかくて、愛がこもった一曲(必聴)。「Guerilla Monsoon Rap」は再びKanye Westによる製作曲、Chi-Lites「I Never Had It So Good」を下敷きにしたこの曲がまた独特でKanye御得意の弦楽器を効果的にあしらったクラシックな装いの一曲。ゲストがこれまた通な人選でThe RootsのBlack ThoughtとPharoahe Monchを起用、このマイクリレーで痺れない輩はきっと居ないです。「Put It In The Air」ではあのDJ Quikが製作を担当&ゲストで参加、西の大御所らしく極めてウェッサイな香りのする疾走トラックを提供。「Where Do We Go」は今は亡きJ Dillaによる製作曲、ゲストにはResが参加。これまたJ Dillaだからこそ作り出せるドラマチックな仕上がりで、それは続くJ Dilla製作曲「Stand To The Side」も一緒、これなんかCommonと一緒にやってくれていたらかなり熱~い事になっていると思う黒い一曲(鋭)。「Good To You」でまたまたKanye Westがゲスト参加、Al Green「Simply Beautiful」をサンプリングしたこのトラックがなんとも魂どろんと漲る力作でたまらなくイイ、Talib Kweliにばっちりマッチしているんですよ、この曲の仕上がりはめちゃイイ……Jay-Zがこの曲やったらどうだろう(夢見)。最後を締め括る「Won't You Stay」はDave Westによる製作でこれがまた非常に素晴らしい、ゲスト参加しているKendra Rossなる女性シンガーの深みのある黒い歌声がすべてを包み込む超濃厚な一曲、最後に相応しいです(上手)。

いやぁさすがはTalib Kweli殿、腕がいいです感覚いいです(誉)。Mos Defばかりがどうしても評価されがちな気がしますが(けしてMos Defが嫌いな訳ではありません、むしろ好きです)、やはりTalib KweliのMC能力は逸品中の逸品で御座います。聴いて下さい、名曲は「Get By」だけではありません、本作収録曲の全てです(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment