RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nicki Minaj「Pink Friday」
nicki-minaj-pink-friday-high-resolution-500x500.jpeg

多くのアーティストからの客演依頼が殺到、2010年大躍進を遂げたNicki Minajの待望のデビューアルバム『Pink Friday』を御紹介。Nicki MInajはあのLil Wayne率いるYoung Moneyの一員、という事でDrakeにNicki Minajにと物凄い勢力を誇っている現状のYoung Money軍団。この『Pink Friday』は発売から11週を経てBillboard Album Top 200で首位を獲得、これはEveの『Let There Be Eve...Ruff Ryders First Lady』以来、実に十二年振りの快挙という事でその凄まじさは計り知れるかと思います。僕としても女性MCでこれだけ興奮したのは久しぶり、本当に圧倒的な存在感です。
それでは簡単にですが内容を触れてゆきますと・・・・・・まずはKane Beatzが制作を担当した自己讃歌「I'm The Best」で幕開け、これがストリングスの効いたなんともドリーミーで滑らか且つ華やかなメロディで美しい。ピンク色の髪をなびかせるNicki Minajのイメージをそのまま具現化した様なお人形さんトラックで、Nicki Minajの可愛くも強気なラップが牙を剥きます。続いてが早くも本作の注目曲となる、あのEminemとの共演が実現したSwizz Beatz制作の「Roman's Revenge」。いかにもSwizz Beatzらしいギザギザした鋼鉄ビートを縦横無尽に叩き散らすシンプルなトラック、これだけ少ない音数で重厚感を生み出しているSwizz Beatzに敬服。そんなシンプルビートの上で好き勝手に暴れ回るNicki MinajとEminemの拮抗した舌戦が凄い、Eminemのあの毒気づいたキレキレのラップもさることながら、低音や音飛び加工を施したラップでクルクル表情を変えるNicki MInajもやはり只者ではありません(強烈)。どちらもそれこそ竜並みに火を吹いています、クレイジー過ぎる一曲で満足。要注目のProducerであるSeandrae "Mr. Bangledesh" Crawford制作の「Did It On'em」も奇天烈、ブアーーンブアーーンとねちっこく陰湿に響き渡る低音トラックに、Nicki Minajのほぼ呪文に近いグルグル系のべったりラップ(ここでも音飛びする様なあのつんのめる加工が効いている)が耳に残ります。Drew Moneyなる人物が制作した「Right Thru Me」はスーッと煌びやかに流れて浸透してゆく流麗なシンセが心地良く優しい、フックではNicki Minajも可愛く伸びやかに歌い上げています。J.R. Rotemが制作を担当した「Fly」ではRihannaが客演参加、柔らかでほがらかな丸みのあるシンセメロディが緩やかに流れ、そこにRihannaの妖艶で気持ち良さそうに舞い上がるヴォーカルがたまらない(溺)。こういう可愛いくメロディアスなトラックはNicki Minajに似合わない気がします、ちょっと単調に攻め過ぎている気も。心拍音に似た機械音の連なりにエモーショナルなNicki Minajのヴォーカルがすごく胸を打つ「Save Me」、制作はPop WanselとOak(!)の共同制作。“今度はあなたが私の事を守ってくれない?”と繰り返すフックが切ない、途中で急速にピッチを上げるドラムスビートが、二人の緊迫した状態を巧く表現する素晴らしいエッセンスに。本作からのシングルだった「Moment 4 Life」はT-MinusとNoah "40" Shebibが共同で制作を担当、客演にはレーベルメイトのDrakeが参加。少しオルゴールに似た繊細なメロディにドカッドカッと力強くキックするビートが熱っぽいドラマチックさを演出、どこか少し物悲しいメルヘンチックなこの流麗旋律にNicki Minajの悪魔っぽく可愛いラップがすごく似合っていて、聴いていてどんどん惹き込まれます(術中)。そして本作からの先行シングルとしてヒットしたのが「Check It Out」、The Buggles「Video Killed the Radio Star」をベッタリと下敷きにしたのはwill.i.amで客演でも参加。これだけ直球で王道ポップをやってのける二人の度胸に完敗、そしてこのベタベタなキャンディーシンセメロディがすごく二人にお似合いなんです(瞬殺)。下手すると一本調子になりそうなんですが、表情豊かに聴き手を小馬鹿にしてニッコリ笑うNicki Minajiとロボットに徹したwill.i.amのコントラストで全く飽きない素晴らしい仕上がりに(賞賛)。再びDrew Moneyが制作を担当した「Blazin」ではKanye Westが客演参加、これがまた徐々に熱を帯び上昇してゆくすごく情感溢れる恍惚系のトラックで、Nicki Minajの可憐な声での“ぶれいじん♪”がほのかに鼓膜に響きます。「Here I Am」は再びSwizz Beatzが制作を担当、サンプリングにJohn B「Red Sky」を使用しています。ブーーッと加速し唸りを上げるエンジンに似たシンセ、どこか退廃的で荒涼としたメロディが冷たく美しい鋭さ光るトラックは流石。Nicki Minajの冷静に淡々と繰り出すフロウも最高に冴えていて、すごく線の細い柔らかさが印象的でやはり表現力が突出している。未来の自分への気持ちを宛てた「Dear Old Nicki」はKane Beats制作、ひらひらと優雅に流れるピアノ旋律もすごく綺麗だし、フックでのNicki Minajのヴォーカルも華やかなドリーミーチューン。指スナッピンにポワンポワンと優美に響くメロディがメリーゴーランドの様にゆっくり回る「Your Love」はPop WanselとOakが共同制作、このおとぎの国みたいなメルヘン調もNicki Minajにかかれば、違和感無しの胸キュンラヴソングに。最後を飾るのはDrew Money制作の「Lost Chance」でUK出身の女性シンガーNatasha Bedingfieldが参加(意外)、ちょっぴりギター弦のエッヂが効いた爽快ロックチューンで、突き抜ける様なメロディがミントの様に心地良いアッパー。ふんわりピコポコ響く電子音に時折跳ねる曲線メロディが病み付きな「Super Bass」、制作はKane Beats(ソングライトにEster Dean)が担当。これも色彩豊かに華やかに輝く万華鏡チューンですごくドリーミー、ここで聴かせるフックでのNicki Minajの撃ち抜く程にカワイイ歌声がもうたまらない(必殺)。泥臭いダーティーなロックサウンドから転調し、サイレンけたたましい警報トラックへと様変わりする「Blow Ya Mind」はThe BlackOut Movementが制作。この一気に沸点を迎えるバキバキ暴れ回るトラックは中毒性高い、これぐらい派手にぶっ壊れた方がNicki Minajには丁度良いかも。Papa Justifi制作(Co制作にはOak)のエキゾチックな民謡っぽいトラック「Muny」、ごちゃごちゃ混ぜ込んだビートに合わせて繰り返す“むんむんむに♪”が耳に残る(洗脳)。とここまでが一応本作の内容で、国内盤にはさらにボーナス曲4曲が収録されています。まずはSwizz Beatzが制作の常夏トロピカルなカラフルビート「Wave Ya Hands」、これは一昔前の全盛期の頃のSwizz Beatzを彷彿とさせるトラックで逆に新鮮に感じました(懐)。続いてもSwizz Beatzが制作したピュンピュン光線が飛び交う中を、硬質なドラムスビートと共にひたすら突き進む宇宙浮遊曲「Catch Me」も面白い。アメリカンロックのど真ん中をどっしり歩く「Girls Fall Like Dominoes」、制作はJ.R. Rotemが担当。最後を締め括るKane Beatz制作の「Bedrock」は、 Lil WayneにGudda GuddaにNicki MinajにDrakeにTygaにJae Millz、それからLloydという豪華なYoung Money面々が揃い踏みしたマイクリレー曲。

うん、やはり魅力たっぷりの実力で安心しました。ちょっとポップ寄り過ぎるのかなとも思いました、もうちょっとクレイジーにぶち切れた狂想曲的なものを期待していたのですが。でも良い意味で裏切ってくれて、そのお人形さんっぷりを巧く活かした、可愛くもどこかこちらをあざける様なラップスタイルは病み付きです(歌もなかなか上手かった)。このぶりっ子クレイジーなキャラクターは唯一無二、女性MCの中でも抜きん出たキャラを確立したのは大きいです。オールラウンドでオールマイティな方に聴いてもらえそうな、そんなポップさが美味かった一枚ですね。今度は思い切りダークかハードコアにしたら、また振り幅大きくて面白いかも(期待)。これを機にまた女性MCが盛り上がると良いですね、Nicki Minajの登場は本当に大きな意味があると思います(抜群)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment