RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mos Def「New Danger」
mosdef_newdanger_covs.jpg


超実力派のMCの一人であるMos Defの通算二枚目となる『The New Danger』の御紹介。相変わらず燻し銀なジャケットで御座います、このジャケット見た時点でもう購入を決まったも同然だという意見もあります(想像)。毎回本当にディープで時たま素人の僕にはついていけない奥地まで走ってゆくMos Def殿、そこが彼の魅力ですしなんとかついていきたいというのが僕の夢で御座います。
そんなこんなでついていけるかちょっぴり緊張の本作……驚きました、これはHip Hopアルバムではありません、いやそうなんでしょうが普通のHip Hopではなく完全にRock寄りな一枚に仕上がっているのです。まずは幕開けを飾るこれまたディープで黒く妖しく光る「Boogie Man Song」は僕の大好きなRaphael Saadiqが製作を担当、Mos DefがひたすらBoogie Manぶりを発揮する一曲。続く「Freaky Black Greetings」はMos Def自身による製作曲なんですが、これがもう完全にRockテイスト、めちゃ鋭いギターリフが鼓膜をがっしり掴むトラック。「Ghetto Rock」はMinnesotaによる製作曲、ここでやっとこさMos Defのラップらしいラップが聴けた様な気が(笑)。本当にこの人は芸術家肌が強すぎてこういう楽曲が多い、こういう作りに慣れない僕はかなりやきもきしちゃいますよ。「Zimzallabim」はBiggie作品で御馴染みの重鎮Easy Mo Beeによる製作曲(驚)、当然の様にエレキギター音を取り入れながらもどこか黒いHip Hop音(ループ)を取り入れた魅惑の一曲、Mos Defも冴え捲くってます。「Blue Black Jack」は再びMinnesotaによる製作曲でゲストにShuggie Otisなるギタープレイヤーが参加、これはもう完全なるブルース曲でMos Defは歌っちゃってます。「Sex, Love & Money」は本作からの先行シングル(だったハズ)、あのバラードの名手であるWarryn "Baby Dubb" Campbellが製作を担当した(個人的には)驚きの一曲、途中で鳴るフルートがなんとも不思議で、しかしすんなり引き締まったトラックで純粋にMos Defのラップが活きている一曲かと。「Sunshine」はこれまた超人気Producer(今では超人気MC)のKanye Westが製作を担当、僕的にはこれぐらい真っ直ぐで分かり易いトラック&ラップを聴きたいです、物悲しげなこの曲が大好きです。「Close Edge」はまたまたMinnesotaが製作を担当したバトル物、民族楽器の様な打楽器がMos Defの渋いラップに速度を与えていてかなりカッコイイ仕上がり。続く「The Panties」もMinnesotaによる製作曲、なんですが此処では打って変わって艶かしいセックスソングでめちゃソウルフルなバラード、Mos Defもここでは全くラップせず囁きかける様な歌声で惹きつけます、この曲はかなりセクシーで大好きです。「War」はPsycho Lesによる製作曲、これも純粋なHip Hopトラックって感じで不穏でジャカジャカで超燻し銀、Mos Defのラップも絶好調。「Grown Man Business(Fresh Vintage Bottles)」はMinnesotaが製作と共にラップでもゲスト参加した一曲、このMinnesotaがまたなんともカッコイイラップを聴かせてくれえていてグッド、まるでミックスCDの様なストリートっぽい荒れた音感色がイケてますよねぇ。「Modern Marvel」もMinnesotaによる製作、此処でのMos Defはラップというよりポエムを詠むといった具合に優しくも切実に謳った9分の超大作、途中でのアップな転調からのラップも凄く効果的で素晴らしい(Marvin Gaye風味)。「Champion Requiem」はたまに名前を聞く88 Keysによる製作曲、飽くなき挑戦を続ける者、そしてその挑戦の途中で惜しくも命を失った者への鎮魂歌、Mos Defのセンスが光ります。最後に国内盤にはボーナストラックとして88 Keys製作の「The Jump Off」が収録されていまして、これはMos Defと同郷のBrooklyn出身のFoxy Brownがゲスト参加した派手さはないが力強い一曲に仕上がっています。

相変わらずMos Def作品ってのはアーティスティックで、単純に全てを理解するのは難しいかなぁと。よっぽど体力が残っている時(感覚が研ぎ澄まされている時)であればその格好良さに溺れる事が出来るけれど、そうでない時は聴いてて疲れるかも(笑)。まだまだ僕の耳が肥えていない証拠なんでしょうねぇ、Talib Kweliの方がそういう意味では聴き易いかなぁと。それでもMos Def作品はカッコイイです、通な方にはピッタリね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment