RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Roscoe Dash「Ready Set Go!」
Roscoe Dash - Ready Set Go - DOPEHOOD.COM

ATL出身の弱冠21歳、Roscoe Dashのデビューアルバム『Ready Set Go!』を御紹介。Roscoe DashといえばWaka Flocka Flameのヒット曲「No Hands」にWaleと共に客演していたMC、という事で必然的にその独特な声は耳にしていたという事で。この赤と青が入り乱れるジャケットがあまりにカッコ良くてずっと入手したかったのですが、結局AmazonでもTower Recordsでも手に入らず終い。結局僕はネット経由で落として入手して聴いています、CD愛好家の僕としては使いたくない手法なのですが、どうしても聴きたかったので。
それでは簡単に内容を御紹介しますと・・・・・・まずはK.E. On tha Trackが約半数の全五曲を制作しているので、そちらの楽曲から触れてゆきます。幕開けを飾るのは「Ready Set Go」、これはいかにもATLというか南部っぽい泥臭いロック風味のサウンドがぎらつく灼熱系のトラックが熱い。そこにRoscoe Dashのちょっと抜けた様なだるんだるんのフックが絡み付き、かと思えば淡々と並行スライドして走るフロウも組み合わせて聴き応え有り。「All The Way Turnt Up」では若くして一気にスターダムを駆け上がった同世代の代表格Soulja Boyが客演参加。このなんともマッタリとこちらを馬鹿にした様なグイーーンと伸びるフックが耳にこびり付く、フロウスタイル的にはかなり似通った所もあり、聴き分けられなくなりそうな程。ただそういう意味でも相性は抜群で綺麗に整列した波状攻撃、結局はグルグルと脳内をトラックが回遊する刺激が面白い。ほんのりバックでティロティロと細やかに刻まれる電子音のメロディがじわじわ聴いてくる「Show Out」、ちょっぴりシリアスで冷ややかなメロディも手伝って少し緊迫した感覚が生まれる一曲。Roscoe Dashの持つライトでオチャメな雰囲気が爆発しているのが「I Be Shopping」、なんというかカラフル且つ眩しい電子音のポップな響きがキュートにグラインドしてて気持ち良い。これは良い意味でメルヘンチックなほんんわか和やかなメロディが、Roscoe Dashの子供っぽい単調に並べるラップスタイルに合っていると思う。あとこの上空に架かる虹のような弧を描く放射線状のフロウが効いている、この痛快プラス爽快なメロディはちょっと癖になるトロピカル風味な一曲。本作の最後を飾る「All I Know」もかなりカッコイイのでお気に入り、ガッツリとぶつかるハードなロックテイストのトラックが抜群に斬れています(一撃必殺)。エレキギターのザクザクしたリフと硬質ドラムスのビート、そこにRoscoe Dashのモヤモヤしたスモッギーなメロディアスなフロウが最高にクールでたまらない(撃沈)。客演にはJared Evanなる白人シンガーソングライターが参加、しかし多重エフェクトかけたRoscoe Dashの輪唱っぽいラップで掻き消されている気も。とここまでがK.E. On tha Trackが制作を担当、それ以外のProducerも参加しておりまして。本作からのシングルとなっている女性讃歌「Sexy Girl Anthem」はDJ Spinz制作曲、ガブガブ噛んでくるような押し寄せ系のトラックに乗せて、Roscoe Dashもゴリゴリと上空を旋回し放射線状のラップを投下します(中毒)。Big Fruitなる人物が制作を担当した「Yes Girl」ではなんとJ.Holidayが客演参加、ひらひらと花弁が舞い散るようなセンチメンタルかつキュートなトラックには最適な糖度のヴォーカルで最高。キラキラと滑らかなこのオリエンタル美曲に、Roscoe Dashの甘酸っぱさ残るライトな上昇系のフロウがお似合いでグッド。しっとりとしなやかで濡れたシンセ音が絡み付く深夜系の電子クールチューン「One Night Stand」はBig MakkとCheftoneが共同制作、ここでは少しRoscoe Dashも少し空気を抜いた柔らかなヴォーカルでじっとりと優美に聴かせていて曲者ぶりを発揮しています(夢中)。これまたキュンキュン系の可愛くてドリーミーな伸びやかメロディがたまらなくツボな「Employee of the Year」にもヤラレタ、しかも制作はあのBoi-1daが担当なんだから凄い。このゆったりとレイドバックして歌っちゃっているRoscoe Dashがなんとも憎めない、ちょっぴり間を空けながら浸透してゆくクリアなシンセ音に合わせて、優しくポッピンするフロウが巧過ぎます。

なんなんだろう、全く期待していなかっただけにかなり惚れ込んで聴いている自分がいます(恥)。とにかくこのRoscoe Dashのキュイーンと放射線状に弧を描きながら広がる曲線フロウが曲者、ゆっくりシンプル単調だからすごく耳に残るのです。頭の凝った剃り込みといい出で立ちもかなり曲者なRoscoe Dash、彼も新世代期待のMCの一人なのではないでしょうか。僕個人の意見を言わせてもらえば、Waka Flocka Flameよりも好きですね。これ早くCD盤を見つけ出さないとだなあ、結構お薦めなので聴いてみて下さい、Soulja Boy好きならイケる筈です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment