RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Black Star「Black Star」
blackstar-bscovs.jpg


Mos DefとTalib Kweliによるユニット、Black Starのデビューアルバム『Black Star』を御紹介。僕はまずMos Defを知り、その後すぐにTalib Kweliを知り、その結果としてこのBlack Starを知ったのでかなりすんなりと聴く事が出来たアルバム。このアルバムはイイですよ~、ジャケットも洒落てるし、やっぱMos DefとTalib Kweliってのは相性が良いんだなぁと痛感しました。
ってもう既に内容紹介になっちゃってますね……まずは「Astronomy(8th Light)」で幕開け、製作を担当しているのはMr.Waltなる人物。ここでは浮遊感のあるスクラッチ音にちょっぴりダークなトラックが絡む玄人受けする一曲、ゲストにWeldon Irvineなる人物が参加しています。誰かしらの演説らしきものから流れ込むちょっぴりRaggae調な「Definition」は今や売れっ子のDJ Hi-Tek(最近はHi-Tek表記では)が製作を担当、かなりシンプルなトラックなのでそれでまたMos DefとTalib Kweliのラップが引き立ちます。そのまま流れ込む続編的な「RE:DEFinition」もDJ Hi-Tekが製作を担当、ここでの物悲しげな雰囲気を帯びたトラックメイクは、どことなくThe Fugeesを思い出しました(個人的感想)。「Children's Story」はShawn J. Periodが製作を担当、これがまたかなり硬質な血ラックでこれぞ王道の“Hip Hop”って感じました。「Brown Skin Lady」はJ. Rawlsによるメロウ系のトラック、Mos Defの歌う様なフックとTalib Kweliの甲高く粘着質にも聴こえるラップがめっちゃ美しくて、心の琴線に触れる事は必至な浮遊感のある一曲。ガチャガチャな雑音と切れ味鋭いスクラッチ音が交錯するオールドスクール風味な「B Boys Will B Boys」はG-orogy Cutsが担当、これはもう完全にDJありきな一曲。「K.O.S.(Determination)」は再びDJ Hi-Tekが製作を担当、ゲストに女性シンガーのVinia Mojicaが参加したこれまたスムージーな一曲、僕の好きなSade風味なトラックにVinia Mojicaのまったりとした歌声が絡まって最高に甘くなっています。Shawn J. Periodが製作を担当した「Hater Players」も最高にカッコイイし、88 Keysが製作を担当しためちゃ生楽器の温かみが出た大人な雰囲気の「Thieves In The Night」もやはり最高にカッコイイで御座います。でもやはり一番の白眉はあのCommonがゲスト参加して援護射撃をかます「Respiration」でしょう、製作はDJ Hi-Tekが担当、Mos Def×Talib Kweli×Commonの化学反応はかなり熱い(火傷)、三人の空気感が見事に融和していてこの三人でBlack Starなのではって感じ。

とにかく黒い、本格的、そこらへんのHip Hopとは完全に一線を画していますよねぇ(溜息)。これだけどちらも活躍しているデュオってのも珍しい、一人一人のクオリティが高いんだから、質の高い音楽が詰め込まれるのは当然の結果ですね。ノリノリになりたい時に聴くって感じではないけど、クラブやらの暗がりで聴いたら完全にハイになるんでしょうねぇ(無縁)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment