RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Charlie Wilson「Just Charlie」
File:Just Charlie

往年の名R&BグループThe Gap Bandのリードヴォーカルを務めたCharlie Wilsonの通算五作目となる『Just Charlie』を御紹介。そのコク深くほんのり甘いビターなヴォーカルが大人の男性の色気を醸し出していて、やはりCharlie Wilsonでないと表現できない魅力がたっぷり。移り変わりの激しい音楽業界でこれだけ息の長いアーティストもそういない、しかも“およそ○○年ぶり!”とかいう訳でなく、ある程度コンスタントにリリースを続けるあたりが物凄い事だと思います(尊敬)。
それではすごく簡単ですが内容を・・・・・・本作では全曲の制作にCharlie Wilsonが共同で名を連ねています。まずはCharlie Wilsonのちょっぴりエフェクトがかった“だいむだいむだいむだいむ♪”フックが優しく耳に残る「My Girl Is A Dime」、制作はWirlie "Optimas Pryme" Morrisが担当。しっとりとシルキーでキラキラ輝くシャンデリアの様なメロディに、吠える一歩手前な奥深い濃厚ヴォーカルが強く絡まるミッド。同じくWirlie "Optimas Pryme" Morrisが制作を担当した「You Are」は、ピアノ旋律を静かに横たえたしっとりと柔らかな美曲で、神々しく眩しい後光の差すメロディが溜息の出るほどの美しさ(堕)。Greg Paganiが制作を担当の「I Wanna Be Your Man」では、Charlie Wilsonが思い切りトークボックスを使って揺らめき滑らかな不思議なふんわりヴォーカルで魅惑。しかもこの曲ではあのFantasiaが客演参加、相変わらずのハイでエネルギッシュな弾けるヴォーカルで華を添えています。ちょっぴり昔のNJSみたいなグラインドに思わずステップ踏んでしまうダンスチューン「Never Got Enough」、制作はEmile GhantousとEric Nelsonが担当。この電子鍵盤の小気味良いエッヂの聴いた細やかなリズムがすごく爽快で気持ち良い、この懐かしいディスコフレイヴァーがたまらなくて往年のファンもきっと満足のアッパーです。しっとりと朝露のように純粋で煌びやかな美曲「Once And Again」もGreg Pagani制作曲、純真で汚れなきこの王道バラードにCharlie Wislonの少しハスキーで太いヴォーカルが優しく寄り添う、とにかく聴いているだけで心がスーッと浄化されてゆくのを感じます(昇天)。少しヒンヤリとクールな深夜のハイウェイチックな夜会系チューン「Life Of The Party」はその気障さがバッチリとキマっていて悔しい(興奮)、軽くステップ踏む様なリズミカルなキラキラトラックはまるでステッパーズ調で軽やか且つオシャレ(踊)。ピロピロ上下に曲線を描きながらループするシンセサイザーが神秘的で宇宙っぽい浮遊感を生む「I Can't Let Go」はWirlie "Optimas Pryme" Morrisが制作、透き通るようなクリアさと繊細さはStarGateっぽいクリスタルシンセ使いながらも、やはりそことは一線を画すアダルトでしなやかな魅力漂う流麗さでグッド。同じくWirlie "Optimas Pryme" Morris制作の「Crying For You」はCharlie Wilsonの真っ直ぐで濃厚なソウルフルヴォイスが伸びやかに炸裂する、 しかもそこにT-Painっぽくヴォコーダーを施して変則的なビブラート加工をする憎らしい演出。「Where Would I Be」もWirlie "Optimas Pryme" Morrisが制作を担当、繊細で寂しげなピアノ旋律とだんだん上がってゆく音階を辿るヴォーカル、色鮮やかにブラッシュされたヴォーカルと、どれをとってもNe-Yo風味な甘酸っぱい悲しさがキュッと胸を締め付けるミッドで切ない(涙)。最後を締め括るのはThe-Dreamばりの“えっ♪えっ♪”が飛び出す電子音とヴォコーダー使いがアクセントになった「Lotto」、制作はやはりWirlie "Optimas Pryme" Morrisが担当。この色彩豊かでほんのり弾けるエレクトロポップスロウが完璧に最近のサウンドながらも、Charlie Wilsonのような立派な紳士がきちんと軽い身のこなしでキメてくれているのが凄い、スーッと広がる宇宙空間のようなクールシンセの中を優雅に溶けてゆくのがすごく魅力的です(溺愛)。

驚くほどに現行サウンドを吸収し切ったシンセ&ヴォコーダー駆使の楽曲が多く、かの有名なCharlie Wilsonを知らない若者でもすんなり聴ける一枚に仕上がっています。製作陣も皆が古くから活躍する人達なだけに驚きの内容でした、まあこれまでもwill.i.amやJustin Timberlakeなどを制作陣に迎えたりしていたし、そういう意味では様相範囲内ではあるのですが。全十曲とコンパクトなのも聴き易い一因、もっと濃厚なソウルトラック(例えばR.Kelly制作曲)などがあると振り幅大きくて良かったかなとも思いますが、重鎮があえてこういう軽めのテイストのR&B曲をサラリと歌うのもカッコ良いのでしょうね(流石)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment