RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「No More Drama」
mjbnmdc.jpg


Queen Of Hip Hop/SoulことMary J. Blige(以降MJBと表記)の通算五作目となる『No More Drama』を御紹介。常にR&B界の最前線でシーンを牽引し続けているMJB、様々な苦難を乗り越え発表された本作はMJB快心の一撃でもありました。いずれも敏腕Producerを従えて作られた渾身の楽曲達、いつも満足させてくれるから全く不安などありません(安心)。
そんなこんなで安心しきって内容に……まずはRon "Amen-Ra" Lawrens製作のラッパ音がパラパラ鳴る「Love」で幕開け、うん無難な幕開けです。「Family Affair」はあのDr.Dreが製作したシングル曲、このシンプルで響く重いビートの連なりは正にDr.Dreの構築曲、MJBのクールさを加速させるナイスメイクなトラック。The Neptunesが製作を担当した異次元へとゆっくりトリップするメロウ曲「Steal Away」は僕の好きな感じ、リラックスしたMJBの歌声も、フックを担当するPharrell Williamsのよろめく裏声使い(“ファルセット”ならぬ通称“ファレルセット”)もたまらなく痺れる。「He Think I Don't Know」はGerald Isaac製作のスロウ、ゆらめくトラックにまどろむMJBの歌声に完全癒されます。玄人Chucky Thompsonが製作した哀愁ギターがポロロンな「Pms」は異質、まるでカントリーっぽい匂いもして、これはこれで良いですね。Jimmy Jam & Terry Lewisの間違いない黄金コンビが製作を担当した「No More Drama」は文句なしの最高傑作、悲しげに流れるピアノ旋律とMJBの激情込めた歌声が聴き手の感情を揺さぶるドラマチックな一曲。胸を激しく打たれずにはいられない、女王MJBならではの力強い一曲(感動)。ねじれた細い電子音に綺麗なメロディが絡む「Rainy Dayz」はIrv Gotti製作でJa Ruleがゲスト参加、僕はJa Ruleの濁声で歌うフックが結構好き、ラップもメロディアスで(濁声もなかなかの逸品)聴き易い、しっとりした楽曲にもピタっと合っている。Swizz Beatzが製作しEveが参加した「Where I've Been」は正直いまひとつ、この頃のSwizz Beatzらしい音なんですがそれが物足らない(惜)。The Police「The Bed's Too Big Without You」を使ったDame Grease製作の「Dance For Me」ではCommonをゲストに起用、ちょっぴり南国風味の楽しげトラックにもCommonの生真面目なラップは合うんですね。「No More Drama(Remix)」では久しぶりのP.Diddyとの共演(鳥肌)、Remix手掛けるのは勿論Sean "P.Diddy" CombsとMario "Yellow Man" Winansの強力タッグ。The Chic「You Can't Do It Alone」使いのメロディアスながらも大ネタ使いっぽい懐古趣味のトラックは僕好み、P.Diddyのラップもやはり水を得た魚状態で活き活き。伸び伸びしたトラックに心地よさを覚える「Flying Away」Kiyamma Griffin製作、下敷きネタはBrenda Russell「God Bless You」です。「Never Been」はMissy "Misdemeanor" Elliott製作のスィート過ぎる胸キュン曲、McFadden & Whitehead「Why Oh Why」を使った懐かしさと温もりを感じるトラックメイクは素晴らしい、女性R&B書かせたらMissy Elliottはかなり良い仕事っぷりで御座います(賛辞)。「In The Meantime」はあのRich Harrison製作の生音っぽいスムージーな一曲、ドカドカ派手にホーン吹き鳴らすトラックも好きですが、こういう穏やかトラックもなかなかイケルではないですか(褒)。最後を締め括る晴れ渡る青空の様に透き通った「Testimony」はKenny Flav製作曲、爽やかに優しい気分で聴き入ってしまいます。

素晴らしいシンガーMary J. Bligeと決まりきった称賛しか与えられないですが、彼女の歌声には魂(ソウル)を間違いなく感じます。彼女が今なお最前線で活躍し、大きな成功を収めているのは当然の結果なんですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment