RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dru Hill「InDRUpendence Day」
File:InDRUpendence Day

90年代を代表する人気R&BグループだったDru Hillが活動を再開、約八年ぶりとなる通算四作目となる『InDRUpendence Day』を御紹介。初期のメンバーはSisqo、Nokio、Jazz、Woody、その後にScolaが加入するも、本作からはWoodyとScolaは脱退し新たにTaoが加入し四人編成となって新たに活動する様です。しかしこのDru Hillの再始動はかなり嬉しいニュースですね、往年の(いや、特に僕世代の)R&Bファンにはすごく馴染み深いのがこのDru Hillであり、フロントマンであるSisqo。全員が歌えて楽曲制作出来て楽器もこなせる、そんな本格派グループの久々の音楽はいかに。
それでは簡単に内容を御紹介してゆきましょう・・・・・・まずは本作のExecutive Producerに注目、あのKedar Massenburgが関与という事でもう内容は保証済みでしょう(安心)。幕開けを飾るのはNate Mooring制作の「Shut It Down」、これがもうバチバチと電撃の走る尖った電子ビートアッパーでデジタル仕様のクール曲、Dru Hillのちょっぴりエフェクトかかったコーラスも最高に痺れる一曲に。ビヨビヨビヨと微振動を起こしながら次第に光を纏う「Do It Again」もNate Mooring制作、これは最近の流行のヴィヴィッドなシンセチューンで、色鮮やかにカッと閃光を放つヴォーカルがまた素晴らしくカッコイイエレクトロなダンスチューン。「She Wants Me」はWirlie Morrisが制作を担当、往年のDru Hillを彷彿とさせるクールでソリッドなビートが疾走するダークナイトチューン(鳥肌)。Sisqoのあの鋭くシャウトする雄叫びヴォーカルが炸裂するのがたまらない(興奮)、あのラップする寸前みたいな低空滑空するヴォーカルスタイルも健在でやはりあれが僕の脈拍を速くしますよ。再びWirlie Morrisが制作を担当した「Watcha Do」はキラキラ輝くピアノ旋律にドカッドカッと力強く叩くビートが刺激的なアッパー、ちょっぴりトークボックス使いでコーラスをいじっているのも良い具合にメタリック近未来な空気を演出しててカッコ良い。Wirlie Morris制作の「Below Zero」は電子鍵盤とエレキギターの尖ったタフなメロディとDru Hillの灼熱コーラスが燃え上がるロキッシュな一曲で、力一杯にキックするビートも相俟ってHip Hop色の強い一曲に。Jason "Jhto" Scott制作の「Can't Stop」はアコーディオンみたく捻れるシンセチューンに、思い切りロボット加工されたヴォーカルでベタベタとラップし歌い上げるSFチックなミッドで、じわじわと広がるメロディがなんとも面白いです。Wirlie Morris制作の「Remain Silent」はもう王道中の王道な作りが嬉しいじっとり濡れる艶やかなスロウバラードで、Dru Hillの迸る様な濃厚コーラスを存分に堪能できる一曲で満足。ゆっくりと波打つシンセのフワフワしたメロディラインがすごく曲線的で美しい、熱っぽく声を張り上げるSisqoのヴォーカルもたまらない。Jason "Jhot" Scottが制作の「Makin' Luv」ではTeddyRileyばりに思い切りトークボックスでヴォーカルにポワワンと丸みを帯びたカラフルな響きを与え、ひっそりと静まり返る奥行きたっぷりなシンプルトラック内を充満してゆきます(妖艶)。微かな息遣いまでが聴こえてきそうな静寂系のトラックがたまらなくセクシー、エフェクトがイイ感じで作用していますね。Wirlie Morris制作の「State Of Emergency」も熱く濃くタフなコーラスに噎せ返りそう、煌びやかでいて情熱的なベッドソングに仕上がっています(昇天確実)。続いてもWirlie Morris制作の「Back To The Future」はピアノバラード、心の汚れを綺麗に洗い流しそうな純白系の真っ直ぐと美しい美曲にも、Sisqoの熱く焦げそうなヴォーカルはピッタリと似合うんだから不思議です(感涙)。同じくWirlie Morris制作の「Love MD」は本作からのシングル曲です、まったりドロリと溶け出るダークなシンセとピアノ鍵盤のメロディが退廃的な美しさを纏う、真夜中の部屋で一人で照明も灯さず聴くと盛り上がるであろう漆黒チューン。ピアノ鍵盤とビートが心臓の鼓動の様に高鳴る痛々しい傷心バラード「Away」、Wirlie Morris制作の胸を締め付けるメロディと懇願するヴォーカルが突き刺さる激動スロウ。最後を締め括る「Rule The World」はどこか懐かしい70'sポップ風味の爽やかチューンで、なんだか聴き覚えのあるメロディながらクレジットには無いので気のせいなのかな(不明)。とここまでが本作の曲目として記載されているのですが、実際にはあと三曲が収録されているサプライズ。「Wind」「How Deep Is Your Love」は同じギターリフメロディを使った一分程の曲で、二曲で一曲で良さそうなバキバキのロックチューン。硬質なドラムスビートを全面に押し出した荒涼感漂う「The End」は、カントリーロックの様なラフさがすごく壮大なスケール感で素敵・・・・・・なんですが一分程の途中で終わるので、なにか宣伝チックな三曲なのかもしれませんね。

男臭いこのコーラスワークは正にDru Hillそのもの、全く衰えず色褪せずに蘇ってくれて本当に嬉しいです(感動)。トラック群もどれも昔ながらのDru Hillファンが聴いても違和感のない芯の通った美曲ばかりで、この噎せ返る程の熱感はDru Hillでないと生み出せませんよ(唯一無二)。昔はJodeciやDruHillといったこういうしゃがれたヴォーカルグループがいて良かったな、最近では男性ヴォーカルグループもいませんもんね(悲劇)。これからもDru Hillには活躍してほしい、そしてSisqoのソロも久々に聴きたいな(夢)。とにかく素晴らしい一枚で感動しました、結構何度も繰り返し聴いています(虜)。もっと評価されるべき一枚、国内盤待たずもっと早くに購入すべきでした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment