RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Notorious B.I.G.「Ready To Die : Remaster」
biggie-rdc.jpg


東海岸を代表する伝説のMCであるNotorious B.I.G.の歴史的デビューアルバム「Ready To Die」を御紹介。もはや知らない人間はいないと言ってもけして過言ではない愛称“Biggie Smalles”ことNotorious B.I.G.。Sean "Puffy" Combsに見出されBad Boy Recordsに所属、数々のクラシック曲を生み出し、今のBad Boy帝国の礎を築いた人物です。世間一般ではどうも2Pacの方が人気がある様ですが、僕は断然Biggie派で御座います、彼のあの曇った太いラップも唯一無二、そんな彼のラップが十二分に楽しめる一枚、今回は後に発表されたRemaster盤の御紹介。
それでは皆が知っている曲ばかりの内容を……まずはSean "Puffy" Combsとの語りから始まる「Intro」でドラマチックに幕開け、其処から流れ込む「Things Done Changed」はDarnel Scottによる製作曲。流れる様なキラキラ音が配されながらもどこか重たく、Biggieの重量級のラップがガッチリと曲を固めています。Easy Mo BeeがGangstar「Just To Get A Rep」を下敷きにしたこれぞHip Hopと言わんばかりの「Gimmie The Loot」の硬質なドラムパターンが痺れる(失神寸前)、Biggieの唾吐き相手を薙ぎ倒す骨太なラップも鳥肌モノの迫力で凄まじい。Lords Of The Underground「Chief Rocka」をベッタベタにサンプリングしたどす黒いソウル曲「Machine Gun Funk」もEasy Mo Beeによる製作曲、思わず頭を振ってしまうジャジーなビートも素晴らしいし、メロディアスにも攻めるBiggieの器用さも光る一曲。これまたEasy Mo Beeが製作を担当したシリアス過ぎる警告曲「Warning」、Isaac Hayes「Walk On By」を下敷きにしたドロっとしたトラックも不穏だし、ここでのBiggieの吐き出す様なフックも危険な香りプンプンで好きです。完全ソウルフルに流麗なトラックを荒々しく乗り回すぽわわん曲「Ready To Die」もEasy Mo Beeによる製作、ここでの彼の仕事っぷりは最高、彼の創るトラックがこのアルバムの価値を上げているのは確か。Norman & Digga、Carl "Chucky" Thompson、Sean "Puffy" CombsとBad Boyの面々が製作を担当する「One More Chance」、ドラムパターンを軸に後ろで煌びやかで控えめな電子音が流れるトラックは、Biggieの吐き出すラップを殊更と強調していてグッド。本当にトラック自体はなんの変り種もなく単調で味気ない、でもだからこそBiggieのラップの魅力を存分に惹き出してる、これもBad Boy側の戦略通りなんでしょうね。ドロドロに曇った音にゆったりビートが絡みつく「The What」はEasy Mo Beeが製作、ここでは唯一の外部ゲストとしてMethod Manを召還、それでなくとも煙たいトラックにMethod Manが噛み付く事でもっとおどろおどろしくなっています(最強)。そして誰もが聴いた事のある永遠のクラシック曲「Juicy」の登場、製作はJean "Poke" Oliver(Track MastersのTone & Pokeの片割れ)とSean "Puffy" Combsでサンプリングには大ネタMtume「Juicy Fruit」をがっつりと使用。このみずみずしい清涼感溢れるトラックは完全にBad Boy印の反則スレスレ技、がしかしきちっとキマッているではありませんか(涙)。パッと聴きではBiggieの声質に合わない気もするんですが余計な御世話、ある意味あの甘酸っぱさにBiggieの無骨さを中和していて見事なコントラスト。Dave Grusin「Either Way」をサンプリングした躍動感あるメロディアスながらも硬質な「Everyday Struggles」も好き、製作はNormanとDiggaのコンビ。これまたCarl "Chucky" ThompsonとSean "Puffy" Combsが反則スレスレの大ネタ使いでThe Isley Brothers「Between The Sheets」を下敷きにした激スムーズで激メロウな濡れ曲「Big Poppa」が最高、僕のメロディ重視のHip Hopトラック好きは完全にBad Boyによる伝授です、Biggieも野太い声の割りには程よく曇ってて哀愁があるんですよねぇ、感傷に浸ってしまう雨の日に聴きたい一曲。Jean "Poke" OliverとSean "Puffy" Combsのコンビが再び製作の「Respect」はGeorge McCray「I Get Lifted」を下敷き、Diana Kingの歌声も手伝ってちょっぴりRaggaeは雰囲気も醸しつつ。Kool & The Gang「Spirit Of The Boogie」を下敷きにした妖しげトリップ曲「Friend Of Mine」はEasy Mo Bee製作、本当に不思議な一曲でグイグイと飲み込まれます。そして泣く子も黙るDJ Premier製作の激シックな「Unbelievable」、R.Kelly「Your Body's Callin」を下敷きにした埃っぽいトラックは相変わらず漆黒でPrimoならではのグルーヴを生み出しています、Biggieの隠れた名曲としても名高い一曲でお薦めです。ユラユラ揺らめく黄泉への入り口曲「Suicidal Thoughts」はDiggin' In The CratesのLord Finesseが製作を担当、流石はアナログなトラックでブラックの深みを演出しています。そしてここからはRemaster盤だけのボーナストラックです、Nashiem MyrickとSean "Puffy" Combs製作のDavid Porter「I'm Afraid The Masquerade Is Over」使いの「Who Shot Ya」(Faith Evans参加)も要注意曲ですし、弾くベース音がシンプルながらもファンキーなRashad Smith製作の「Just Playing(Dreams)」もカッコイイです。このRemaster盤にはあとDVDも付いてまして、「Juicy」「Big Poppa」「Warning」「One More Chance」のPVと、ライブ映像「Unbelievable(Live Performance In Atlanta)」が収録されています。

僕は輸入盤でしか所持していないので詞の内容が分かりません(残念)、ただ本作はその高い音楽性(鬼の様なキャッチーさ)だけでなく、前提としてBiggieのストリートの過酷さを忠実に描写し、自身の人生を死と隣接しながら物語の様に進めてゆくそのストーリー性が高く評価されている様です。兎にも角にも古き良きHip Hopが此処にはあります、絶……ッ対に聴いておかないと死ねません、この一枚無しでは何も始まりません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment