RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Rihanna「Loud [Deluxe Edition]」
5103962411_bbf25e59ea.jpeg

Jay-Zに見出されDef Jam Records入りし、瞬く間にトップアーティストへと成長したRihannaの通算五作目となる『Loud』を御紹介。最近では自身の香水ブランド“Reb'l Fleur”(フランス語で“反逆の花”という意味らしい)も立ち上げるなど、もはやBeyonceをも凌ぐセレブリティへと昇華したRihanna、真っ赤に染めた髪の毛もまた斬新かつ鮮やかで、前作『Rated R』で纏っていた黒いイメージから一気に転換しましたね。しかし05年のデビューから約五年間でトータル五枚のアルバムをドロップするなんて、Rihannaがどれだけ意欲旺盛で大物スターなのかが伺い知れますね(驚異)。RihannaはDef Jamに籍を置きつつも、マネージメントはJay-Z率いる“Roc Nation”が受け持っている様です。
それでは気になる内容を簡単にですが御紹介・・・・・・まずはその過激な詩とPVが話題になったシングル「S&M」で幕開け、制作はRihanna作品には欠かせないStarGateが担当。完璧四つ打ちなシンセビートがガツガツぶつかるクラブアッパーで、ちょっぴり狂気じみたRihannaのヴォーカルがクルクルと表情を変える尖った電子ビートが病み付きな一曲。そして一時期噂にもなったDrakeが客演参加した「What's My Name?」もStarGateが制作を担当、冒頭からDrakeが例のカエル声でじんわりと沁み出る様な撫で声でラップをかますのが効いています。トラック自体はスーッと透き通ったクリスタルなシンセが絡み合うクールな一曲ながらも、そこに変則的なパーカッションが上から塗られる事ですごくエモーショナルでカラフルなトラックに仕上がっています(巧)。繰り返しループするフックや“おーなーな♪”なんかが凄く耳に残るThe-Dreamに似た節、でありながらもBarbados出身のRihannaの血統を活かした南国フレイヴァーの香るリズム感がたまらなく刺激的(虜)。Rihannaの甲高く突き抜ける“いえいえーい♪いえいえーい♪”フックが脳内をグルグル回ってしまう「Cheers(Drink To That)」はThe Runnersが制作を担当、これはゆったりと進むビートと開放的な乾いたメロディが颯爽と吹き抜ける晴天チューン、とにかく気持ちを軽くしてハイになって伸び伸びと聴き入ってしまう、広大な景観が眼前に見えてくるスケール感がたまらない一曲。繊細にして煌びやかなストリングス&ピアノ旋律にサクサクと挟まるシンセビートが曲線を描き流麗に舞う「Fading」、制作はPolow Da Don(ソングライトをEster Dean)が担当。ここでもふんわりとリフレインさせる“あなたは色褪せてゆく、消えてゆく♪”と謳うフックが柔らかく鼓膜を包み込んで離さない、眩しいぐらいに輝きを放つRihannaの鮮やかな歌声がスーッと胸に浸透する悲しくも淡い失恋曲(涙)。そして本作からの先行カットとなったのがStarGateが制作を担当した四つ打ちテクノポップチューン「Only Girl(In The World)」、少しダークメタリックなクールシンセ使いがヒンヤリした感触を与える一曲。最初聴いた時は流行過多なトラックに聴こえてあまり好きになれなかったですが、本作の流れで聴くと良い意味で独特なスタイルを持ったスタイリッシュなデジタルアッパーチューンになっていて中々の出来映え(納得)。そして僕が本作で最もお気に入りなのがこの曲、The Runnersが手掛けたアコースティックスロウ「California King Bed」、アコースティックギターを爪弾くメロディが切なくて、力強く訴えかける様に唸るエレキギターは激しく悲しそうで、そんなメロディの上を真っ直ぐと赤裸々に叫び泣く様に歌い上げるRihannaのヴォーカルに胸を激しく打たれます(泣)。“カリフォルニアキングベッドで、二人は一万マイル離ればなれ♪”という詩がすごく切ない、こういう寂しく悲しいスロウバラードがRihannaは似合います。あのSham(?)が制作を担当したRaggae風味なスパイシー曲「Man Down」、ここまで来ると僕はあまり好きになれなかったりします(我侭)。Mel & Musなる人物が制作を担当した「Raining Men」、ちょっぴりメタリックにサイバー加工したトロピカルチューンにハンドクラップを塗したキュートな呪文系チューン。ここでは客演にNicki Minajが参加、カラフルで華やかなRihannaのヴォーカルに負けない、悪魔憑いたカワイイラップで掻き回してくれます(笑)。Rihannaの閃光の様にギラリと鋭く光る伸びやなヴォーカルが鼓膜を刺激する「Complicated」はC. "Tricky" Stewartが制作(ソングライトをEster Dean)が担当、プカプカと浮遊する不思議なカラフル電子音が幻想的でRihannaの鮮烈な歌声も印象的。Soundzが制作を担当した「Skin」は、暗く沈んだシンセの繊細な連なりに重たく引きずる様なRihannaのヴォーカルがじっとりと悩ましくも妖しい、いかにもRihannaらしいダークでソリッドなベッドソングに。最後を締め括るのはAlex Da Kidが制作を担当した、Rihannaが客演したEminem曲の続編「Love The Way You Are(Part II)」。最初はこういう安易な続編曲はどうかなと思ったのですが、それは間違いで、元よりすごくRihannaに似合ったトラック&メロディだったのですごくしっくり来るのです(所有)。原曲よりもピアノ旋律が全面に出た、脆く危うい傷だらけのRihannaのヴォーカルが痛々しくも切ないダークバラード(心痛)。Eminemがきちんと客演でラップしているのもすごく重要で、唾吐き鋭くぶつかりキレ回すラップはやはり鬼気迫るものがあってEminemにしか出せない世界観。とここまでが本作の内容で、国内盤にはこれらに加えて「Only Girl(In the World)(The Bimbo Jones Radio)」「Only Girl (In the World)(CCW Radio Mix)のRemix二曲が収録されています。
そして本作の“Deluxe Edition”にはDVDが付属していまして、Rihannaの楽曲制作やライヴツアーやジャケット撮影などの裏側を追ったドキュメンタリー映像が観れます。取り立てて“これは観ないと損”みたいな豪華映像なんかはないのですが、レコーディングの際にはあのKanye Westが登場したり、ライブ衣装のRihannaが過激セクシーで胸押さえて動き回っていたり、ジャケット撮影ではセミヌードっぽい場面もあったりと、男子諸君はちょっと喜びそうなシーンもあります。ちょっぴりスッピン素顔なRihannaも垣間見れます、すぐに手で覆い隠すので分かりませんが。Rihanna好きならば絶対に観て損はないと思います、これでライブ映像かPVが何曲か収録されていれば完璧だったと思います。

前作『Rated R』のダークなイメージは捨て、正に漆黒から深紅へと鮮やかに変身したRihannaに逢えます。全曲を通して故郷Barbadosを思わせる様なトロピカルフレイヴァーが随所に聴かれ、そういった意味でぐるりと一周して原点回帰に近い一枚に仕上がっている様に感じます。Rihannaの諸作に比べると斬新さや奇抜さには少し欠ける様にも感じますが、アーティストとして明確なヴィジョンを得た統一感のある一枚です(収録曲数も全11曲と少なめなのもあるか)。本作はそんなに期待していなかったのですが、やはり聴いているうちにどんどん魅了され虜になっている自分がいます(術中)。とにかく僕は「California King Bed」がすごくお気に入り、なかなか毒気のある一枚なのは流石はRihannaといったところ。
スポンサーサイト



Comments

No title
自分もこれかなり聴いてます(^-^)/
というより今までのRihannaのアルバムの中でも1番長く聴き続けてるかもw
Roc Queenさんの言うとおり統一感があって通してしっかり聴ける1枚ですよね。
それにRihannaの声がのびのびしてて、聴いてて気持ちがいいです!
No title
コメント有り難う御座います!
いややはり中々Rihannaのこの『Loud』にはやられましたね。
なんだかんだでいつも良作を完成させる、独自のスタイルを熟知していますよね。
どの曲が一番のお気に入りですか?
あ、ちなみにIritamagoさん・・・・・・Adeleは本当に素晴らしいですよね。
ではまたTwitterの方でお会いしましょう。
こんにちは
前に一度書き込みさせていただた記憶があるのですが・・・・。
よろしくお願いします。
前作がダークだっただけに
今回はどうなるのかな?なんて思いましたが
「What's My Name?」ような耳にのこる曲もあったりで
自分では気に入ってる作品です。
すっかり大物に成長した彼女ですが
今後の活躍が楽しみです。
No title
ともっちさん、コメント有り難う御座います!
コメント頂く機会が少ないので、なかなか記憶できなくて・・・
とにかく訪問ありがとうございます、これからもよろしくお願いします!
たしかに、このRihannaにはまたしてもヤラレましたね(不覚)。
先行曲がそんなに嵌らなかったので、あまり期待していなかったんですが。
流石はRihanna陣営といったところ、もはやトップアーティストです(認定)。
今度はともっちさんのブログに遊びに行かせて頂きます。

Leave a Comment