RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Avant「The Letter」
Avant-The_Letter.jpeg

長年に渡り第一線で活躍するシンガーソングライター、多くのR&Bリスナーを魅了し続けるAvantの通算六作目となる『The Letter』を御紹介。Avantといえばあの爽やかスッキリクリアテイストな歌声が特徴で、あの淀みの無さは唯一無二な美しさ。しかし最近の多くのNe-Yo系シンガーとは一線を画すアダルトな色気があるのです、その証拠がこのコンスタントに作品をドロップし続ける事のできる理由でしょうね(納得)。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います・・・・・・まずはCooper McGillが制作を担当した「Graduated」で幕開け、卒業しすごく変貌し綺麗になった女性に恋をするという、誰しも経験のある成長を描いたスッキリと爽やかな胸キュンソング。The Pentagon(Antonio Dixon、Eric Dawkins、Damon Thomasで構成)による「Hot 16」はAvantの切なく甘酸っぱい高音ヴォイスがキューンと唸って胸を締め付ける、多重録音されたフックでのAvantの歌声がミネラルウォーターの様に煌めいていて素敵。柔らかなスナップスに哀愁漂う寂しげなアコースティックギターのメロディが絡み合う、切なくも儚げなほんのり暗い一曲「Kiss Goodbye」はThe Pentagonが制作を担当。“彼女を逃すな♪”と警告を与えるAvantのシリアスな歌声が木枯らしの様に吹き荒ぶ、いかにもAvantらしい繊細な線の細いヴォーカルがすごく際立ったミッドスロウに仕上がっています。ドカッドカッとキックする太いビートと共に突進するちょっぴりTimbaland風味のアッパー「Had Enough」はKajunなる人物が制作を担当、妖しくてダークなザクザク系のトラックでAvantのスベスベしたヴォーカルが滑走します。“僕はボディポリス、君をセクシー過ぎる罪で逮捕する♪”と歌う、なんとも阿呆っぽいけれどAvantが歌えばすんなり嵌る「Body Police」もKajunが制作を担当。内容はすごくエロいのですがトラックはキラキラと輝くラインストーンの様なオシャレな美しさ、Avantのスーッと伸びる歌声もいやらしさが全く無くてあくまで紳士的(凄)。少し古めかしいソウルテイストを織り込んだベースの音色が絶妙に効いた深夜系トラック「Nightlife」はあのMike Cityが制作を担当、すっきりクールなメロディはしなやかでスマートだし、そこに絡むホーンやベースがより上品で大人な雰囲気を演出していてすごくカッコイイのです(惚)。ゆったりとグラインドする様なビートと細く柔らかな弦音が美しい「Your Body Is The Business」はBerris Boltonが制作を担当、王道な煌めくメロディ展開にゆっくりと穏やかなAvantのガラス細工の様な歌声が響き渡ります(清涼)。またもやThe Pentagonが制作を担当した「Wake Up」はマッタリと後を引くドリーミーなメロディが印象的、Avantのファルセットが美しく響き、時に力強く吠えるヴォーカルもぎゅっと胸を締め付けるリフレイン系の一曲。ちょっぴり宇宙系なシンセがほんのりと交錯するダンスチューン「That Dude」はMarshall Leathersが制作、現行のテクノ/クラブっぽいトラックなんですが嫌みのない程度のアゲ方でいい感じ。綺麗なピアノ鍵盤の音色に悲しさが込み上げる別離曲「Where Did We Go?」はThe Pentagon制作、聴いているだけで悲しくて涙が零れそうになる。”君といると不可能に思えた事も簡単に思える、まるで水の上を歩いてるみたいだ♪”と真っ直ぐに歌い上げる、永遠の愛を誓うラヴバラード「Walking On The Water」もThe Pentagon制作曲、スッキリと晴れやかな晴天の様なメロディとヴォーカルがみずみずしく綺麗に透き通っていて。聴いているだけで心が洗われて純粋な誰かを愛したくなる、結婚式にピッタリなAvantお得意の王道なバラードとなっています(気召)。とここまでが本作の内容、国内盤にはこれらに加えてボーナス曲の「Africa」が収録されています。この曲はThe Pentagon制作なのですが、すごくアフリカの広大で荘厳な大地を思わせるスケールのデカいメロディがすごく気持ちが良くて、このアフリカ系のトラックにもAvantのクリアテイストなヴォーカルがマッチした、晴れた日のドライブに最適なナイストラックになっています(贅沢)。

うん、Avantらしさが綺麗に表現された正統派な一枚に仕上がっております。確かに突出した一曲というのはなかったですが、それでもAvantらしい曲ばかりですんなり一枚を通して聴ける一枚で、昔からのR&Bリスナーには持って来いな一枚ではないでしょうか。やはり本作ではThe Pentagonの尽力が大きかったと思われます、どの楽曲も素晴らしかったです。でも意外と今気に入っているのはボーナス曲の「Africa」だったりします(笑)、だから国内盤の購入をお勧めします。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment