RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

N*E*R*D「Nothing」
nerd-nothing-cover.jpg

Hip HopにR&Bと多くの楽曲を制作するヒットメイカーチーム、The Neptunesとその友人Shaeで組まれたユニットN*E*R*Dの通算四作目となる『Nothing』を御紹介。The Neptunes葉僕の大好きなProducerですし、Pharrellのあの細くナヨったファルセットも好きなので、このN*E*R*Dも好きなグループの一つです。毎回思うのはN*E*R*Dはジャケットが素敵でカッコいい、本作も赤い動物が描かれていたらと思っていたんですが、本作ではインディアンの格好をしたPharrellが大きく載っていますね(これはこれで好きです)。一時は新メンバーに女性シンガーのRheaが加入(しかもなかなかの美人)といわれていましたが、すぐに脱退してしまって残念でした(回想)。
それでは気になる内容を御紹介していきましょう・・・・・・まず最初に述べておきますと本作の全曲をPharrell WilliamsとChad HugoのThe Neptunesが制作しています、ただ一曲のみを除いて。その一曲というのが本作からの先行カット「Hypnotize U」、制作はなんとあのDuft Punkが担当という驚きのコラボ。プカプカした浮遊感たっぷりのサイバービートに滑らかに絡み付くPharrellの裏声が最高にハイで気持ち良い。あと途中の囁く様な“たちゃがーる♪たちゃがーる♪たちゃがーる♪”が耳にこびり付く、いかにもDuft Punkなスペースチックなクール電子チューンで、程よくエッジーなミッドに仕上がっていてPharrellとの相性はなかなか良かったかなと。幕開けを飾る「Party People」はジャカジャカと掻き鳴らすシンセがもうザクザクと脳内に響き渡るトラックで、延々と繰り返すフックもガンガンと押し寄せて来てこの波は癖になる疾走感。しかも客演にはT.I.が参加し、あの二枚目でスベスベしたスマートなラップで斬れ斬れなラップを撃ち込んでくるんだからたまりません(失神寸前)。思いっきりブルージーに仕上げながらも、どこか電子的で機械的な冷たさがトラックをコーティングするThe Neptunesらしい仕上がりの「Help Me」はPharrellの下手なシャウトが逆にたまらない。ピアノ鍵盤をゆったりと歩くように鳴らすカラフルキュートな懐かしいRockチューン「Victory」、この曲聴くThe Beatlesみたいな優しさとキャッチーさを感じずにはいられないまろやかな一曲。エレキ弦がビビビビビと鳴りホーンが派手になる、かなりSoul寄りなファンキーチューン「Perfect Defect」も、徐々に体温が上がり興奮するようなメロディ展開で彼らの技師な部分を感じるなかなかの一曲だと僕は思います。煙たく妖しい温もりが漂うスモーキーハイな夢想曲「I've Seen the Light」、この曲はフックでのPharrellのヴォーカルの重ね方がすごく綺麗でお気に入り、これでKid Cudiなんかを召還出来たら最高だったかも。ヘナヘナと淀んだシンセ音が漏れる様に浸食する「God Bless Us All」も、シンセ使いはThe Neptunesっぽいサイバー趣味ながらも底辺にはブルースが流れる骨太な一曲。僕が好きなメロウなハイトーンヴォイスでPharrellがカッコ良くキメてくれるクリアなミネラルチューン「Life As A Fish」、このなんともいえない空虚感みたいなのが僕の胸を締め付けますね。硬質なビートの連続の作るループにPharrellのブレスが効果的に嵌め込まれた「Nothing On You」、これも一聴すればディスコっぽいノリのトラックなんですがどこかブルージーさも香る不思議なアッパーで、Pharrellのサクサクと軽快に吹っ飛ぶファルセットが快感。小気味良く爪弾くベース弦のベンベンなメロディに軽くシンセを塗したデジタルクールに尖った一曲「Hot-N-Fun」ではNelly Furtadoが客演参加、より妖しいダンスビートチューンに仕上がっています。何重にもなったホーンの強くしなやかな音色が艶っぽく滑らかに響き渡る「It's In The Air」、The Neptunesらしく音数を極端に減らす事でより鋭利でソリッドなタッチに仕上がった「Sacred Temple」、縦横無尽に暴れて叩き壊すRockチューン「I Wanna Jam」、ドコドコと叩く太鼓音にチープで単調な電子音が降り掛かる「The Man」と、最後までThe Neptunesらしいデジタルファンキーな曲達が連なります。国内盤にはこれらに加えて「Hot-N-More(Boys Noise Remix)」「Hot-N-More(Starsmith Remix」の二曲も追加収録されています。

本作には輸入盤だと通常盤とDeluxe盤の二種類があるようで、国内盤はDeluxe盤と同様の曲数にRemixが追加収録されていますので、国内盤の購入を僕はお薦めします。本作はそんなに評価は高くないようですが、僕はThe Neptunesが創る音が好きなので楽しめましたよ。最近のテクノっぽいノリが好きな方ならすんなり入れる一枚になっているんじゃないかと思います、あとはPharrellのヴォーカルを好きになれるかどうかが鍵(笑)。ちなみに僕は好きなので、これからもN*E*R*Dの活動は続けて欲しいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment