RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A Tribe Called Quest「Beats, Rhymes And Life」
atcq-brlcovs.jpg


A Tribe Called Questの通算四作目となる『Beats, Rhymes And Life』の御紹介。Q-Tip(大好き)、Phife、Ali Shaheed Muhammadの三人から成る伝説的グループATCQ、再結成の噂がずっとありますがまだ実現されていなくて、ATCQファンの僕としては本当に待ち遠しくて仕方ないです(首長)。そんな彼らのアルバム、このジャケットはちょっと頂けない感がありますが内容はもうバッチリですから御安心を。
それでは内容に触れますと……まず本作を語る上で重要なのが製作陣、本作はThe Ummahが全曲を担当しているんです。The Ummahは前回も書きましたがQ-TipとAli Shaheed Muhammadに今は亡きJay Deeが加わった製作チーム、そんなこんなで今までのATCQ作品とはちょっと違う訳なんです。まずは流麗な旋律にキックすスネアが鳴り回す「Phony Rappers」で幕開け(Additional VocalsにConsequence、Additional ScratchesにDe La SoulのMaseが参加)、Q-TipとPhifeの飾らない真摯なラップが映えます。「Get A Hold」ではThe Cyrkle「The Visit」をサンプリング、これまた図太いビートを前面に押し出したシンプルながらも力強さが後引く一曲。「Motivators」ではMichael Urbaniak「Sound Pieces」をサンプリング、この感じはこれまでのATCQの感じに一番近いかなと僕は感じました。生楽器演奏の温かさに包まれるジャジーな「Jam」も素敵、こういうリラックスしたトラックにATCQのラップは綺麗に嵌ります。細かく鳴るハイハットとドラムパターンに美しい旋律が絡む流麗さが売りの「Crew」なんかも僕は好きだなぁ、これぞATCQって感じでイイ、Q-Tipのラップがこれまたカッコイイんすよ(惚)。スクラッチから流れ込むオールドスクール調の「The Pressure」も、The Gary Burton Quartet「I'm Your Pal」を下敷きにして女性シンガーTammy Lucasによるフックを活かした浮遊感漂う「1nce Again」も最高、Kool & The Gang「N.T.」をサンプリングしたこれまた美メロにスネアを混ぜ込んだ「Mind Power」はATCQ流儀だし、乾いたギターのエッジが鋭く他と違った趣の「Keeping It Moving」なんかもいいスパイスになっている。James Brown「Funky Drummer」からJBの雄叫びをちょっぴり拝借しながらも変わらず極上メロウに仕上げている「Separate/Together」も最高に冴えているし、続けてJames Brown「Make It Funky」とOhio Players「Pain」をサンプリングした「What Really Goes On」は夜のヒンヤリした空気に似た曲調がムード満開な静けさ。一番最後を締め括る「Stressed Out」は白眉、Bad Boy RecordsよりあのMaseとFaith Evans、そして今や有名人のConsequenceがゲスト参加した豪華曲。Faith Evansが歌う熱っぽいフックは勿論素晴らしいんですが、Maseは何処で顔を出しているのかが分からない(素人)。

このアルバム、1996年発表の作品なんですね、今聴いても全然色褪せてなくてカッコイイ、こういうアルバムって凄いですよねぇ。Jay Deeがこの世を去ってしまった今、The Ummahの作品をもう聴く事は出来ない訳で、そう考えるとこの作品の持つ意味はもっと大きなものになりますよねぇ(感慨深)。つい先日、Q-TipとCommonがThe Standardなるユニットを結成するとニュースになっていました、これは一大事、これからもQ-Tipから目が離せませんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment