RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Travie McCoy「Lazarus]
Lazarus-Travie-McCoy.jpg

RockとHip Hopを美しく融合したスタイルで多くのファンを獲得しているGym Class Heroesのフロントマン、Travie McCoyのソロデビューアルバム『Lazarus』を御紹介。今は一口にHip Hopと言っても種々雑多でかなりボーダレスな状況、そんな環境が生み出されるのもこういったラインを超えた音楽を想像する素敵な輩がいるからでしょうね。そうは言ってもがTravie McCoyこんなに早くソロでデビューするとは思っていなかった、しかも本作はあのT-Painが主宰する“Nappy Boy Entertainment”からの配給というのも結構驚きでした。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います......まずはThe Smeezingtonsが制作であのCee-Lo Greenが客演参加した「Dr. Feel Good」で幕開け、パーッと閃光放つようなすごく明るくて弾けたメロディがすごく色鮮やかで、一気に気分が爽快になるグッドな一曲。Travie McCoyの疾走するラップもいい感じでライトだし、やはりCee-Lo Greenの怪鳥ばりのケーッと鳴く様なハイヴォーカルがたまりません(昇天)。DJ Frank EとWes Borlandが共同で制作した「Superbad」はガッツリとエレキギターを激しく鳴らしTravie McCoyが歌い上げる、完璧にRockなどこか哀愁漂うザラザラした感触がカッコいいハードな一曲。続いては今一番アツいヴォーカル、Bruno Marsがバッチリと客演した「Billionaire」。The Smeezingtons制作のちょっぴりトロピカルなリラックスしたメロディに、ドカッドカッとキックするドラムスがカッコ良くメロディアスに奏でるスムーズな一曲。またここに絡むBruno Marsのブルージーかつ切なく張り上げるヴォーカルがとても美しく、このトラックにセンチメンタルと色ツヤを施していますよ(巧)。シャンシャン鳴るタンバリンみたいな音にどこかノスタルジックでセピア調のメロディが加速する「Need You」はLucas Secon制作、Travie McCoyはラップだけでなくヴォーカルもやはり良くて、程よく甘くしゃがれた歌声でこういうレトロで懐かしいメロディにもすごく馴染んでいて不思議です(魅力)。Tim Williamなる人物が客演した「Critical」はAndrew "Drew" Correaなる人物が制作、ちょっぴりエフェクト掛かったヴォーカルでグルグルとループし巡るガラスっぽいメロディがやはりちょっと寂しげで耳にすんなり馴染んでくるメロウさ。冒頭のピアノ鍵盤の軽やかな舞いですぐにハートを掴まれる「Akidagain」、制作はなんとInfamousという事でちょっと驚き。子供のコーラスを混ぜたフッド仕様の一曲で、カラカラと鳴るピアノ鍵盤がどこかノスタルジーと淡い感覚を生み出す、哀愁たっぷりなモノクロチューン。エッヂの効いたエレキのメロディに華やかな電子音がキラキラと輝く「We'll Be Alright」はThe SmeezingtonsとThe Stereotypesの共同制作、思わず一緒にハンドクラップしたくなるキュートで懐かしいポップチューン。Hannon Lane制作の「The Manual」はT-PainとYoung Cashが客演参加、さっぱりと晴れやかな青空チューンでクリアなメロディが美しい。こういうメロディになるとやはりT-Painの独壇場、あのヴォコった声で空間を捻じ曲げてより幻想的に仕上げています(強烈)。パチパチな手拍子とリズムに乗っかり走る胸キュンな甘酸っぱいRockチューン「After Midnight」はJosh AbrahamとOligeeが共同制作、とにかくキャッチーで思わず心と体が跳ねてしまうハッピーチューン。最後を締め括るのはChad Beatzが制作の「Don't Pretend」、客演にはあのTravis BarkerとColin Munroeが参加しています。この客演陣がすごく良い味を出していて、繊細かつミステリアスな童話のようなおかしなメロディで耳に残る(夢幻)、Travis Barkerのドラムスの存在感がやはり半端じゃありません。

Hip Hopではないけれどすごく聴き易くて、白黒問わず聴く相手を選ばない良い意味でキャッチーな一枚に仕上がっています。非常にコンパクトな曲数という点でも聴き易いし、見た目の割にTravie McCoyのヴォーカルは哀愁漂う甘い歌声なので鼓膜にすんなり浸透します。Rockが好きな方にも是非とも聴いて頂きたい一枚、併せてGym Class Heroesもチェックして下さい、結構良いんですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment