RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Floacist「Floetic Soul」
floacist-floetic.jpg

ネオソウルを代表するA Touch Of Jazzの一員として活躍した女性デュオFloetry、そのFloetryの片割れであるNatalie StewartがThe Floacistのデビューアルバム『Floetic Soul』を御紹介。あのMichael Jacksonの後期の名曲「Butterfly」をFloetryのもう一方Marsha Ambrosiusがソングライトするなど、どちらかというとMarsha Ambrosiusが目立ちがちだったFloetryも現在は解散状態。かなり前からソロデビューが囁かれていたMarsha Ambrosiusよりも先に、Natalie StewartがThe Floacistとしてソロアルバムをドロップしましたね(意外)。FloetryではMarsha Ambrosiusが歌、Natalie Stewartがラップ兼ポエトリーリーディングを担当、この双方が溶け合うサウンドがすごく心地よくてたまらなかったので、このThe Floacistの作品もすごく楽しみにしていました。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはJ.R. HutsonとKid Easyが共同で製作を担当したポロロンと奏でられる煌びやかな弦音が悩ましくも滑らかなスロウ「Breathe」、The Floacistの囁く様なラップとフックでの吐息混じりな柔らかなヴォーカルがすごくドリーミーでソフトな一曲にウットリ(惚)。続いてはKnow-1 Specialが製作であのRaheem DeVaughnを客演に迎えたJazzyなアダルトチューン「Keep It Going」、ザクザクと爪弾き奏でるアコースティックギターの音色に、ちょっぴりデジタルなシンセも曲線を描いて交錯する、なんともPhillyっぽいムードが漂うセクシーな一曲。Raheem DeVaughnのハイでシルキーなファルセットがすごく気持ち良くて、The Floacistとの相性も抜群、軽やかに運ばれるピアノ鍵盤の音と共にThe Floacistの言葉がふわふわと浮かび流れるオシャレ過ぎる一曲。Chris "Big Dog" Davisが製作の「Need You」、キラキラと輝く繊細なメロディにドリーミーでまろやかな膨らみを備えるメロディがキュート。プアプアと鳴るホーンが可愛くて、さらさらと流麗に流れるメロディに生温かいメロディに、フックでのThe Floacistのリラックスしたふんわりヴォーカルが抜けます。そして本作からの先行シングルとなったのがJ.R. Hutson製作の「Forever」、ここでは同じくPhiladelphia Soul系統のMusiq Soulchildが客演で参加(興奮)。ここではMusiq Soulchildも思い切り歌うという訳ではなく、そっとピッタリ寄り添う様にハーモニーを重ねるしっとりと繊細な極上スロウを完成させています(溜息)。チョコレートのような甘さの香るThe Floacistの艶やかで官能的な囁きがそっと鼓膜を刺激し、トロトロと徐々に夢の世界へと流れてゆく甘美な極上スロウラヴソング(惚)。続いてもJ.R. Hutsonが製作を担当した「You」、ピロロロロロと電子音が流星の様に弧を描きストリングスの上を滑るミッド。Philly仕込みのアコースティック感にこのシンセの使い方が粋でカッコ良く、途中ではトークボックスを使うなどしてより宇宙っぽいネオンライクな煌びやか曲に仕上がっています(素敵)。Know-1 Specialが製作の「Come Over」ではLalah Hathawayが客演参加。ちょっぴりダークでタフなメロディにポツリポツリと囁れ沈んでゆくThe Floacistの言葉、Lalah Hathawayのコクと深みのある歌声が静かにじわじわ広がる、これぞスポクークンワードだと感じさせられる奥深い深遠な一曲。Chris "Big Dog" Davisが製作したクラシカルなピアノ鍵盤ソング「What R U Looking 4?」、純白でクリアなメロディは静かなんですがフックでは少し華やかで色彩豊かなハーモニーメロディになっていて、The Floacistのそっと触れる様なヴォーカルにウットリしてしまう一曲(安息)。硬質なドラムスのカチカチビートにエレクトーンがビビビと細かく鳴る「Go Get It」はJ.R. Hutson製作曲、フックでのメロディ使いにちょっぴりTeena Marie「Ooh La La La」が使われていたり、淡々と斬り進んでゆくThe Floacistのエッヂーなラップなど、どこかLauryn Hillを髣髴とさせる最もHip Hopに近いクールな一曲。チキチキチキチキと細かいビートを刻みながら冷たく光るシンセ音を連ねる、OutKastやTLCを思わせる銀河系のサウンドがカッコイイ「Overtime」はJ.R. Hutsonが製作を担当。この曲ではThe Floacistが無機質に囁くリーディングがより機械的に聴こえ、不思議な感覚をより強くしています。やはりJ.R. Hutsonが製作の「Let Me」はThe Floacistのリーディングが吐息に近いマッタリさで浮かぶ、レイドバックしたナイスな一曲。Sound Brigade(Salem Brown、D.L 4.0の二人)が製作を担当した「The Stand」、流麗なピアノ旋律に鼓舞する様に躍動感のあるドラムス、朝陽の様に希望に満ち溢れた色鮮やかなシンセサイザーがそこに絡む、純白系のブライテスト曲に(素敵)。最後を締め括るのはChris "Big Dog" Davis製作の「Alright Then」、トランペットの音色が悩ましくセクシーに響き渡るオシャレで色っぽいナイトチューンで、The Floacistの撫でる様なヴォーカルがくすぐったい官能曲。

ああああああ素敵、とにかく聴けば分かるグッドミュージックで御座います(溺愛)。ポエトリーリーディングなどというと少し敬遠されがちかもしれませんが、普通にソウルミュージック好きな方ならスーッと入り込める一枚だと思います(Floetryが好きな方なら当然もっとすんなり入れます)。クレジットの最後にThe Floacistは“Neo Soul Is Alive...”と書き記しており、元相方のMarsha Ambrosiusは反対に“Neo Soul Is Dead”と語ったそうで、やはりもうFloetryが再結成する事は無さそうで残念な限り(涙)。ただこうやってThe Floacistのソロを聴く事が出来たのでひとまずは安心しました(Marsha Ambrosiusもそろそろソロアルバムが出ます)、しかもすごく愛とソウルの詰まった濃厚な一枚で大満足です(幸福)。ただ残念だったのは国内盤に歌詞対訳が付いていなかった事、せっかくの国内盤なのに解説のみというのは出来ればやめて頂きたい。詩の意味が分からないのは本当に辛いけれど、それでもこうやって日本に届いているのだから文句を言うのは我侭ですかね(反省)。オシャレでセクシーな恋人達のBGMにきっと大活躍するであろう素晴らしい一枚、聴かないのは絶対に損します。“もう私は立派な大人だ”と胸を張って言える方にはお薦め、未成年でもThe Floacistのこの魅力が分かれば、素敵な大人の感性を持っていると言えるでしょう(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment