RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Slum Village「Detroit Deli(A Taste of Detroit)」
slum-ddcovs.jpg


Slum Villageで『Detroit Deli(A Taste of Detroit)』を御紹介。多くのメンバー入れ替えを行いながら、結局現在はT3とElzhiの二人で活動しているSlum Village、故Jay DeeもこのSlum Villageの一員として注目されました。はっきり言ってドの付く素人の僕はJay Deeを本当につい最近(てほどそんな最近ではないが)知った方だし、だからSlum Villageもこの二人編成しか知らないんですよ(苦笑)。
内容にほんの少し触れます……まずはそのJay Deeがやはり殆ど製作には絡んでいません、当然なんでしょうがやはりちょっと寂しかったってのが本音。じゃあ物足らなかったかというとそうでもなく、なかなか引き締まった良いアルバムで御座いまして。殆どの楽曲を製作しているのはYoung RJとBlack Milkなるコンビ、ま~たこの二人がかなり手堅い仕事っぷりで要注意、僕が知らないだけで有名なのかも。だからまずはその二人が手掛けた楽曲から紹介、まずはPhat Katをゲストに迎えた「Zoom」で幕開け、ピコポコな浮ついたビート上でタイトなラップが絡むイカした滑り出し。「Dirty」ではあのDirt Mcgirt(故Ol' Dirty Basterd)がゲスト参戦、相変わらずの奇人なフックを披露(曲者)、しかしながらトラックは夢見心地で煌いたメロウ系、ODBにこういう音合わせると不思議と面白くしっくり来てる(奇跡)。「Closer」では男性シンガーDweleがゲスト参加、このDweleはずっと気になっているシンガーで機会があれば早く作品が欲しいシンガーの一人。Isley Brothers「Don't Say Goodnight」を下敷きにしたシルキーで優しい温和トラックにDweleの甘い歌声が相俟って、もう爆睡できる事は必至です(枕)。「Old Girl/Shining Star」「Keep Holding On」の二曲ではMelanie Ruthrfordなる女性シンガーをfeat.してまして、僕はシックでよりドラマチックな後者の方が断然好き、Alicia Keysみたいなちょっぴり影のあるMelanie Ruthrfordの歌声が映えてる。ちょっぴり歪んだ音の中でSlum Villageのラップが鮮明に光る「Things We Do」もカッコイイ、異次元世界に引き込まれそうなフックも面白くて効果的。「Count the Ways」では再びDweleがゲスト参加、ここでもDweleの囁く様な歌声が神秘的かつ効果的、この歌声がこのトラックの揺らめき度を更に高く中毒性も高くしています。そして最後にはJ.Dillaをfeat.したタイトルもそのままの「Reunion」が登場、J.Dillaは製作せずにMCとしての参加。と此処までがYoung RJとBlack Milk製作曲、Jay Dee(此処ではJ.Dilla表記)が製作したのは「Do You」の一曲のみ、此処ではMC Breedをゲストに招きちょっぴり妖しいトラック上を遊泳。なんだろう、どことなくSnoop Doggを思わせるウェッサイギャングスタな空気感(個人的見解)。そしてもう一人の外部プロデューサーで忘れてならないのが「Selfish」、本作の目玉であり大ヒットした先行シングル、製作は向かう所敵無しの超プロデューサーKanye West殿。Kanye Westは此処でAretha Franklin「Call Me」をサンプリングに選択、これがまたあまりに美しくて涙腺が緩んじゃいます(潤)。Kanye Westの癖あるラップも良い味付けだし、あったかい歌フックを披露しているJohn Legendにもただただ賞賛の拍手を送るばかり(素敵)。

うん良かった、このアルバムでこれだけクオリティが高いならきっと昔の作品はもっとレベルが高いかと思われて気になって眠れない(大袈裟)。でもホント、Jay Deeと一緒にやってた頃の曲を絶対に聴きたいと思いました、きっと素敵な楽曲ばかりだと思います。Talib Kweliが好きな方には持って来いの一枚、とりあえず「Selfish」は聴くべきです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment