RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ciara「Basic Instinct [Deluxe Edition]」
ciara-basic.jpg

Atlanta出身の歌って踊れて顔も可愛くてスタイル抜群(肉体美)という僕好みの美女シンガー、Ciaraの通算四作目となる『Basic Instinct』を御紹介。Hip Hopに比べてこれだけR&B勢が苦戦を強いられている中で、コンスタントにリリースを重ねているCiaraはやはり人気があるのでしょうね。しかしそんなCiaraも本作は何度も延期を重ねて、ようやく日の目を見たのですから、やはりヒットを出さないと厳しい状況にあるのでしょうか(邪推)。本作では気の強そうなCiaraの内面が伺える、睨みの効いた視線が恐ろしいジャケットになっていますね。Ciaraの顔も僕は好きなんですが、どうも毎回とジャケットが少しダサい様に感じるのは僕だけでしょうか。
まぁそんな事はいいとして内容に触れます……まず本作の大きな特徴は、ほぼ全曲の製作をあのC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの鉄腕タッグが取り仕切っているという事、これが果たして功を奏すのか。まずはC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが製作した曲から紹介、ほぼそうなのですが。そのまずはあの映画『Rocky』のテーマ、Survivor「Eye Of The Tiger」をサンプリング使用した「Basic Instinct(U Got Me)」で幕開け。バキバキと殴る様な攻撃的なトラックに乗せて、Ciaraがラップ調で聴き手を挑発するなんとも勝気な一曲でCiaraらしいです。リロリロリロリロリロ鳴るシンセサイザーにドカッドカッと重ためにビートをぶつける「Ride」、トラック自体はどこかマイナーっぽく堕落的なサウンドに、Ciaraの囁く様な弱めのヴォーカルが妖しくくねる一曲。客演にLudacrisが参加する事でトラックにパンチが効いています、というよりLudacrisが完全に持っていっている気もしますが(笑)。バチバチなハンドクラップに合わせて眩しくもカラフルなシンセが跳ねる「Girls Get Your Money」、陽気に軽快にバウンスするトラックに乗せてCiaraのキュートなヴォーカルが彩るガールチックな一曲。吐息の様なシンセがネットリと漏れてメロディを紡ぎだす艶やかな「Speechless」はラヴソング、このまどろんだ電子音の膨らみがすごくマッタリと幻想的でドリーミーだし、そこに絡みつくCiaraの“言葉にならない♪”と繰り返すフックもすごく滑らかで柔らかで色っぽい(惚)。Ciaraはそんなに声張って歌い上げられる様なスキルフルな歌唱力の持ち主ではなく、香しいフレグランスみたいな色っぽい雰囲気のあるヴォーカルだから、こういうスロウの方が映える気がします(褒)。続いても彼ららしい後引くリフレインと鍵盤の軽やかな音色が聴こえる「You Can Get It」もすごく可愛い、Ciaraのそっと耳元で囁く様なヴォーカルでの連呼フックがすごく病み付きで、鼓膜を優しく撫でて誘惑する小悪魔なじっとりスロウに仕上がっています(虜)。Raggae風のメロディでレイドバックする妖しいミッド「Wants For Dinner」、こういうタッチの曲は苦手な僕にはあまり好きになれない一曲(残念)。Ciaraの息をふっと吐くような囁きヴォーカルが艶やかに響き渡る繊細な極上スロウ「I Run It」が最高に素敵、トロ~リと溶ける様な煌びやかなメロディと共にゆっくりと、Ciaraのふわふわと柔らかく滑らかな歌声に絡まれ堕ちてゆくこの感覚がたまりません(骨抜)。シンセ使いなんかはちょっと癖のある曲げ方でやはり彼ららしい病んだ部分もあるのですが(褒言葉)、そこに真っ直ぐと綺麗なピアノ旋律が加わる事で曲に壮麗さと華やかさが生まれた秀逸曲。とここまでがC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashによる製作曲、他のProducerが加勢した楽曲も紹介しましょう。まずはシングルカットもされたC. "Tricky" StewartとSoundzが共同制作の「Gimmie Dat」、ドコドコドコドコビキビキビキビキと地響きと電撃を走らせながら爆撃する強烈なダンスチューン。このバキバキに暴れまくる高速アッパーは下手したらあまりに普通(安直)なのかもしれませんが、踊れるCiaraが歌う事でよりパフォーマンスに特化したトラックとなっています(この曲にこそLudacrisを起用したら面白かったかも)。「Heavy Rotation」はThe Agency(Mike MolinaとNelson Kyleによるタッグ)が製作を担当(Co製作をSoundz)。軽やかに疾走する電子音が明滅するアッパーで、これもCiaraがダンスしたら魅力が180%アップしそうな一曲ですね。The Neptunesみたいな音数をどんどん削ってダークな宇宙っぽく仕上げた「Yeah I Know」は意外やInfinityが製作を担当。ドンドンと低く唸りを上げるビート部分ではCiaraに機械っぽくフラットに歌わせ、途中で急に眩しいぐらいに輝く煌びやかなイルミネーション電子音を施し流麗なメロディを繰り出す辺りが巧い(策士)、またこういうメロディにCiaraの透明感のあるクリスタル声がすごく映えます(似合)。そして同郷のAtlantaという繋がりで実現した特大コラボ、Usherが客演の「Turn It Up」はC. "Tricky" StewartとTyler "T-Minus" Williamsが共同制作。完璧なテクノ仕様のクラブバンガーでこの二人だからもう誰にも止められない勢い、こういう曲は好きではないけれどこの二人なら完全にアリです(興奮)。思わずフロアを蹴って飛び跳ねたくなる、そんなガッツリ攻めたパーティーチューンに仕上がっています。とここまでが本編の内容で、国内盤にはボーナス曲が一曲収録されていまして。製作はC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashで「This Is What Love Is」、ザクザクと波打ち寄せる曲線シンセがしなやかで神秘的な響きを持った静寂系のアッパーはCiaraにお似合い。
そして本作の“Deluxe Edition”には特典として、これまでのCiaraのPVを収録したDVDが付属していてこれも必見。黒のクロスした部分がバックリ胸元を強調する衣装が衝撃だった「Goodies(Video)」、これは下から見せるブラちらもたまらなくエロくて刺激的だったのを思い出します。Ciaraの完璧なダンススキルをまざまざと魅せつけられ衝撃的だった「1,2 Step(Video)」、一緒に軽く踊っちゃうMissy Elliottが可愛いです。真っ黒を基調とした仮想世界で男達相手に烈しいダンスで真っ向勝負する「Get Up」、ダンサー従え黒衣装で踊るCiarにちょっぴりJanet Jacksonを重ねてしまいます(興奮)、途中に日本語で“いち♪に♪さん♪”というのも当時話題に(?)。トロリトロリと揺らめきとろける艶やかな溜息スロウ「Promise(Video)」では、マイクスタンドを器用に操り絡みながら女性的なダンスを披露します、この曲すごく好きだったなぁ。モノクロ調の映像でギャングスタ気取ったCiaraが力強く踊る「Like A Boy(Video)」、この曲はそんなに好きじゃなかったから印象が薄いな。当時は意外な組み合わせである事と、まさかの交際説で二度驚いた50 Cent共演のキラキラ可愛いラヴチューン「Can't Leave 'Em Alone」、これはもうただただ裸で抱き合っているっぽい50 CentとCiaraが気になるばかりでした(嫉妬)。穏やかなミッド「Never Ever」は、Ciaraのムッチリした胸元が強調された白のタンクトップが素敵で惚れ惚れするばかり(下心)。最近見ないT-Painが参加した「Go Girl」は女秘書に扮したスパイっぽいCiaraの衣装に注目、そこからまさかのメタリックガールに変身するんですが、これだけイイ体してると全然違和感なくカッコイイのが凄いです(驚愕)。そしてその性的な表現が強いという理由で一時放映禁止になった、Justin Timberlake共演の「Love Sex Magic」は文句なしにカッコ良かったですね。腰やお尻をクネクネ動かすCiaraに滅茶苦茶に興奮します、レオタードがこれほど似合うのは全世界でCiaraしかいないのではないでしょうか(認定)。そしてこれまた性的な連想をさせると放映禁止になったのが、Ludacris共演の「Ride」です。股を開きフロア上でグラインドするCiaraのダンスは奇抜で独特、途中でタイツをぐっと腰から降ろす部分がもうたまりません(興奮)。そしてLudacrisとのシーンで着ている黒の露出部分の多い衣装、あの股間部分の鋭角さがすごく気になります(男目線)。と全部で10曲ものPVを網羅しています、これだけ収録されていればもう涎タラタラの豪華な特典になっております。

う~~~ん、どこか物足らない気もしますね、何でだろう。Ciaraの歌唱力というのももしかしたらあるのかもしれませんが、それでもCiaraのヴォーカルスタイルは特に嫌いという訳ではないので、やはりトラックがイマイチ似合っていなかったのかな(困惑)。勿論これだけ踊れるシンガーなので、やはり曲単位というよりパフォーマンスを観てから
評価すべきトラックも多いのかもしれませんね(難)。前作でも組んでいたC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashとの相性がどうなのか……スロウに関しては良いと思うんですが、アップはやはりちょっとズレが生じている気がします(個人的見解)。昔みたくLil JonみたいなCrunk寄りに戻すと良いのかもしれない、斬れ味は確実にあの頃の方があった気がします。とすごく辛口な記事になってしまいましたが、それもこれも結局はCiaraがすごく好きで期待が大きいだけにそうなってしまう訳です(迷惑)。そして僕がこれまでCiara作品を聴いて認したのが、僕はCiaraの歌うスロウが好きな様です、そういう意味では本作のスロウ群はすごく良かったですよ。購入するのであれば絶対にDVD特典のある“Deluxe Edition”をお薦めします、踊るCiaraは無敵にカッコイイですから(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment