RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tank「Now Or Never」
tank-now-or-never.jpg

ソングライターとしても多くの楽曲を提供し、自身もシンガーとして高い評価を受けているTankの通算四作目となる『Now Or Never』を御紹介。どの作品も素晴らしい仕上がりながら、特に前作『Sex, Love & Pain』はGrammy Awardsにもノミネートされるなど各方面で絶賛を受けたTank。それから結構短いスパンでリリースされた本作、まずこのジャケットが異常に素晴らしいではありませんか(卒倒)。以前よりTankは物凄く男前だなぁとは思っていました、そんなTankの男臭く隆々とした横顔がなんとも力強くも雄雄しくてカッコイイですね(溜息)。少し濡れた様にキラリとツヤった肌も、きっと女性陣はゴクリと唾を飲み込む色気が漂っているのではないでしょうか。やはりジャケットって凄く重要なんですよね(特に我々の様なCD盤蒐集家としては)、このTankの凛とした表情を見つけただけでおよそ8割の方が購入する筈です(個人的見解)。
とまぁ関係ない話はこのぐらいにして肝心の内容に……まずはTankも名を連ねるProduceチーム、Song Dynastyが製作のInterlude「Showtime(Interlude)」で幕開け。これがInterludeながら滴る水滴の音に美しい弦音がしちやかに絡むスロウ、この一分半のメロディで一気にTankの世界に引きずり込まれます(誘惑)。Song DynastyとHarvey Mason, Jr.が共同で製作した「Sex Magic」は、煌びやかでスーッとぼやけて消える電子音の瞬きに、吐息の様に甘く色っぽいTankのヴォーカルが響く滑らかなミッド。この追いかける様にリフレインするTankのヴォーカルがすごく病み付きになる、このリフレインがどこか夢見心地な幻想感を増幅させています。「Celebration」はThe Stereotypesが製作を担当、客演にはDrakeを起用。静寂系のシンセがじわじわと広がるメロディに、どこかアジアンでオリエンタルな音使いが不思議な魅力を放つ華やかなスロウ。Tankの甘くも男性的なコク深さがあるヴォーカルがは勿論さることながら、ここでのDrakeのあのヘナヘナと柔らかな蛙声でのラップは魅力的で、このどこか異世界へと繋がるミステリアスなメロディに凄くリンクしていて巧いです(賛辞)。「Emergency(Intro)」から繋げる「Emergency」はSong Dynasty製作、これがまたキラキラと美しく気品溢れるパール粒の様なピアノ鍵盤のメロディが流れる最高級の美曲でたまらない(失神)。愛の緊急事態だと大声で切なく叫ぶTankのフックは聴くだけで胸をギューッと締め付ける、この伸びやかなフックがあるから静かにゆっくりと流れるトラックも、すごく情動的で力強く抱き締める様な一曲に仕上がっています(惚)。この曲の持つ昂ぶる感情の静と動のコントラストがすごく鮮やかで美しい、けして派手ではないれど、Tankの歌唱力と表現力が爆発した名曲かと思います。微細いピアノ旋律を軸にシンセサイザーが揺らめき曲線的に絡んでゆく「Scream」、製作はJim JonsinとRico Loveによるもの。雪景色のように静かで繊細なメロディが美しく、Tankのファルセットにちょっと悶絶しそうになります。「Keep It 100」はSong Dynastyが製作を担当、ちょっぴり冷たくシリアスなガラスみたく繊細なシンセが広がり浸透するドラマチックな一曲に。すごく哀愁の漂うメロディが物寂しくてブルージー、少しマイナー調に響くTankの燻し銀なヴォーカルが大人の男性の渋さを香らせます(佇)。Kevin Barnesが製作を担当した「Foreplay」はChris Brownが客演参加(ソングライトにも参加)、この二人は何度か共演しているので親交が深いのでしょうね。プアプアと鳴るシンセサイザが蜃気楼の様に揺れながら色彩を放つトラックが流麗、Tankの色気抜群な男らしいヴォーカルにChris Brownのハイトーンに弾けるフレッシュなヴォーカルが瑞々しく絡む好対照なデュエット。まるで氷の様な透明感がすごくあって美しくもしとやか、このトラックでのChris Brownの起用は頷けますね。グイーーーンと捻れる曲線シンセにTankの囁きが色っぽく流れる「Can I(Interlude)」からそのまま入り込む「Can I」、双方共にSong Dynastyによる製作。アジアンテイストな琴の音がさらさらと流れる艶やかで煌びやかなメロディにウットリ、この弦音が高貴で気品高いスベスベとしたメロディを創り上げています。Tankのフックでの柔らかなファルセットのリフレインが鼓膜を優しくコーティング、ビターチョコレートの様なほんのり甘いヴォーカルがゆっくりとメロディに乗せて漂う極上スロウ。Brandon "B-Lex" HodgeとSong Dynastyが共同制作の「Amazing」、ここでもTankはそのしなやかで繊細なファルセットを綺麗に紡いで素晴らしく悩ましい艶曲を仕上げています(溺)。じっとりと舐める様な色っぽく曇ったTankの細いファルセットが兎にかく甘い、あの鍛え上げた肉体からこんな優しく柔らかな吐息の様なファルセットを奏でるなんて(卑怯)。ピアノ鍵盤を繊細にゆっくりと丁寧になぞる優美で壮大なバラード「You Mean That Much」、製作はSong DynastyとHarvey Mason, Jr.が共同で担当。厳かにして神聖な澄み切った王道バラードは素晴らしいの一言に尽きる、Tankのすべてを飲み込み優しく抱き寄せる歌声に身を委ねるばかりです(溺愛)。最後を締め括るのはSong Dynasty製作の「I Can't Make You Love Me」、静寂の中に差し込む様に奏でられるピアノ旋律がキラキラと輝き、まるで微笑むかのように優しい(癒)。Tankの淀みの無いクリアで純粋なヴォーカルにただただ打ちひしがれる、胸を、心臓を強く打つ屈指のバラードに仕上がっています(感動)。

うーん素晴らしい、やはりTankはR&Bの真髄を熟知していますね(神様)。惜しむらくはやはり国内盤が出ていない事(涙)、こんな素晴らしい楽曲群の詩の意味を知れないのは悲し過ぎます(落胆)。ただ言葉は分からなくても、聴いているだけで本作が秀逸な一枚だと分かります、すごく素敵なのです(涙)。僕のこの記事では本作の素晴らしさは半分も伝えきれていません、すみません(力不足)。最近のR&Bに少し飽きてきている方には絶対にお薦めです、90年代の素晴らしき純粋で真っ直ぐなR&Bが此処にありま(絶賛)。ジャケットも中身も最高水準、絶対に聴かないと大損しますよ(警告)、最近はずっとこれを聴いていました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment