RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Black Eyed Peas「The Beginning」
bep-begginig.jpg

今や世界を代表するスーパーグループとなったBlack Eyed Peasの通算六作目となる『The Beginning』を御紹介。前作『The E.N.D.』は全世界で特大ヒットを記録、本国アメリカでも2009年度年間第十位を獲得しています。Black Eyed PeasはFergieが加入した『Monkey Business』からもう負け知らず、その勢いは作品をドロップするごとに加速するばかり。それと同時にどうもエレクトロポップなタッチになってきてはいますが、そもそもwill.i.amはキャッチーなトラックを作る事に長けていたので、自然な流れなのかもしれませんが。本作はそのタイトルからも、前作からの延長線上にあると考えていいのでしょうか、結構唐突に発売された気もしますが。
それでは気になる内容をさらりと御紹介します……まずは変てこ奇天烈な電子音がソワソワと動き回る「The Time(Dirty Bit)」で幕開け、will.i.amとDJ Ammoが共同制作した完璧なテクノサウンドにちょっぴり(そしてやはり)違和感を感じずにはいられない一曲。ただこの電子音の落ち着きの無い浮遊メロディはなんだかんだで身体が勝手に動き出すのも事実、フックに入った途端に清涼感溢れるメロディに転ずるのもwill.i.amのセンスかなと。will.i.am製作であのSlick Rick「Children's Story」をサンプリングした「Light Up the Night」は、ほんの少しだけレトロな空気を香らせるもやはりエレクトロな電気トラックで、終始平坦なwill.i.amのエフェクトかかったロボット声にどうも感情移入できない。ただ思い切りエレクトロしながらも、懐古趣味なんかもチラリと見えるのは良い感じかな。ちょい昔の懐かしいポップチューンを気取った「Love You Long Time」もwill.i.am製作、彼がNicki Minajに提供&客演した「Check It Out」に酷似してはいますが、このベタベタな華やかスムージーチューンはそう嫌いでもないです。グオングオンとこもったシンセサイザーのダークな響きがこだまし続ける「XOXOXO」はwill.i.am製作、ここでは皆がきちんとラップしFergieの歌声も彼女と判別できる程度の加工処理がされているのでOK。このシンプルにドカドカとお構いなしに叩き続けるビートがなかなかタフでカッコ良く、これぐらいなら僕も素直に聴けます。will.i.am製作(Co製作をFree School)の「Someday」でもwill.i.amはガッチリ歌っていてラップそっちのけ、う~ん嫌いではないけれどラップが凄く良いのに勿体無い。ジャランジャランと掻き鳴らすアコースティックギターの弦色に、Fergieのスーッと爽快なヴォーカルが風となって溶け込むwill.i.am製作のメロウ「Whenever」は素直に好き。Fergieのヴォーカルも好きだからこれぐらいに思いっきり使ってくれると気持ちが良いし、ここでのwill.i.amの優しく包み込む歌フックもそっと寄り添う程度で聴き易い。Chicの定番ディスコチューン「My Forbidden Lover」をベッタリとサンプリングしながら近未来風のクールネスも加味させたwill.i.am製作の「Fashion Beats」は凄く好き、これも確かにエレクトロしてるんですが、それはサンプリング素材の旨味を巧く抽出した結果だから聴いててすんなり馴染むのです(快感)。これに関してはwill.i.amの大ネタキャッチーの才能をビンビン感じる、遊び心の効いた一曲でグッド。DJ Ammo製作(Co製作にwill.i.am)の「Don't Stop The Party」は曲線を描くソリッドなデジタル波の上を全員でクールに滑る一曲で、確かに音もBEPもカッコイイだけど……イマイチ僕はピンと来ないのです。引き続きDJ Ammoが製作を担当した「Do It Like This」はベコベコと凸凹なシンセが上下し疾走するバウンス曲で、ビートの面白さではズバ抜けたハジケ具合で脊椎無しの変体ぶりがかなり癖になる一曲。これはこれですごく中毒性の高いクラブパーティーチューンで確かに先鋭的で病みつきになりそう(認)。しかしこれはBlack Eyed Peasの面々にはあまりに変化球過ぎるというか、もっとキャラの濃いMC(Lil WayneやBusta Rhymes、Nicki Minaj等々)がやるともっと映えたかもしれません。apl.de.ap、Replay、DJ Ammoが共同制作した「The Situation」はロック色の強い一曲で、まぁ可もなく不可もなく。Barrington Levy「Here I Come」を下敷きにしフレーズを何度もフックしループするRaggaeチックな「The Coming」はwill.i.amが製作、灼熱ビートが暑く響き渡るダンスホールチューン。will.i.am製作でどことなくT-PainやAkonっぽい空気の漂う「Own It」、マーチングバンドっぽい武装ビートに南国っぽい柔らかなメロディが絡み、そこにサンセットの様に淡く揺らめくwill.i.amのヴォコーダーヴォーカルがなびく一曲。will.i.amにDavid Guetta、Giorgio Tuinfortが共同制作した「The Best One Yet(The Boy)」も、昔懐かしいディスコポップ曲で聴いてて耳すぐ馴染むアッパーで痛快なのは確か。will.i.amとDJ Ammoの共同製作(Co製作にあのRodney Jerkins)の「Just Can't Get Enough」、ドカドカとキックするビートにエフェクト使いのBEPの面々がエレクトロ主義ながらも、壮麗なストリングスなどこか劇的な印象を膨らませセンチメンタルに仕上げている、ちょっと毛色の違う電気ポップ曲。最後を締め括るのはFree School製作の「Play It Loud」、少しブルージーなギター弦を絡ませながらも全体的には電光イルミネーションで鮮やかにライトアップしたディスコアッパーで近未来的な一曲に。

う~~~~ん、やはり前作『The E.N.D.』同様に、Black Eyed Peasのこのエレクトロ全開のアプローチはさほど嵌れません。確かにガチガチHip Hopに囚われないジャンルレスでクロスオーヴァーな楽曲が彼らの売りではありますが、それはMC三人(will.i.am、apl.de.ap、Taboo)がきちんと真っ直ぐなラップを聴かせてこそ。昔の彼らを知っている僕としては、かなりスマートに真摯なラップを出来る事を知っているだけに、ここまでラップを置き去りにされると本末転倒に感じてしまうのです(辛口)。ただ僕が年を喰ってしまったせいで、新しいものを素直に受け入れられなくなっただけな気もします、テクノポップな音楽としてはきっと先鋭的で遊びの効いた最高にホットな一枚なのだと思います。最近の音楽が好きな人にはピッタリ適した一枚だと思います、僕があともう十歳若ければ心底楽しんでいたかもしれませんね(笑)。
スポンサーサイト



Comments

No title
えー、83年生まれならまだまだお若いじゃないですか。
10年も若かったら、良い悪いより流行で聴いちゃうんじゃないですかね?(初対面で失礼)

とりあえず私はこのアルバム好きなんですが、確かに昔のアルバムの好きな所とビギニングの好きな所は違う感じです。
どちらにせよ、ミクスチャー色がかなり強くなってきて、ヒップホップというジャンルからはもう片足出ちゃってる気がしますね。
まぁ、アルバムを出す度に違う面が見えてくるのは楽しいかも。
No title
おさかなさん、コメント有難う御座います!
いや確かに、あと10歳若いとかなり若くなりますね(笑)。
ただ僕がBlack Musicにどっぷり浸かったのが中1の頃なので、およそもう15年前に僕の嗜好が固まってしまっていて、それで素直に楽しめないのかなと思いました(悲)。
と言いつつも、僕の母は楽しんで聴いてますからね(笑)。

まぁ僕の好きなサウンド、ラップ曲ではなかったのかもです。
でもBEPは好きですし、これからも活躍してほしいです!
コメントまたお待ちしてます、ブログしてたら教えて下さい★

Leave a Comment