RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

David Banner & 9th Wonder「Death Of A Pop Star」
david9th-death-of-a-pop-star.jpg

あのDavid Bannerと9th Wonderがまさか手を組んだ衝撃の異色タッグ、David Banner & 9th Wonderによるデビューアルバム『Death Of A Pop Star』を御紹介。Mississippi州出身のDavid BannerはMCとしても勿論有名ですが、南部のMCに多くの楽曲を提供する売れっ子Producerとしての側面も持つ、なかなか器用な人物。そして9th WonderはLittle Brothersの頭脳として活躍し(現在は袂を別っている)、あのJay-Zも9th Wonderのトラックを引退作『Black Album』に起用した程。そんな彼らに共通するのはProducerという点のみ、そんな無関係っぽい二人が組んだだけでもう大注目の一枚かと思います(断言)。このサイバーでエレクトロなジャケットがデジタルポップアート趣向で素晴らしい仕上がり(絶賛)、このジャケットに惚れ込んで購入する音楽好きも多いと思いますよ。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……まず本作の全楽曲を制作しているのは9th Wonder、ただAdd Producedでも関与している人物がいますので、それは楽曲を紹介しながら。まずは教会チックな厳かなヴォーカルが響く「Diamonds On My Pinky」(Add ProdにDavid BannerとTHX)、このなんとも神秘的でゴスペル風のリフレインにどこかサイバーで冷たい電子音が絡むという、なんとも面白い化学反応を起こす一曲。「No Denying(Channel 3)」(Add ProdにWarryn CampbellとDavid Banner)はオルガン鍵盤の軽やかに跳ねるメロディに、ソウルフルなリピートフックがグルグル回る華やかなレトロチューンが9th Wonderらしい一曲。David Bannerも濃淡を使い分けたその野獣声でなかなか滑らかにラップをかましていてグッド、獰猛そうな野獣声なんだけどなんだか優しさが滲んでいて、まるで御伽話の中の心優しき野獣といった感じで愛着の湧くヴォーカルで好き。キンキンと甲高く響く金属っぽい鍵盤音の激しい鳴りに、バチンと弾く様に鳴るドラムスビートが鬼カッコイイ「Mas 4」、製作は9th Wonderが単独で担当。この曲はすごく斬れ味の鋭いハードコアなトラックでDavid Bannerにすごく似合う攻撃曲、唾を飛ばし力強く叩きつける様にラップを衝突けるDavid Bannerの気迫が素晴らしいです(男前)。David Bannerの野獣な“でぇいッ!”の掛け声が隙間で活きるレトロエレクトロチューン「The Light」は唯一の外部Producer、E.Jonesが製作を担当。エレクトーン鍵盤の色鮮やかで機械的なメロディ運びがどこかサイボーグっぽいメタリックな輝きを放つ、のですがビートはやはり骨太でファンキーなストリートの荒涼とした空気を匂わせるタフなHip Hop曲。David Bannerの垂れ流すようなフックが嫌でも耳に残る、スマートではないけれどその剛力振り回す様なラップが痛快なインパクトを生み出す一曲。Heather Victoriaなる女性シンガーを客演に招いた、艶っぽく濡れた官能的なサイバースムージー「Slow Down」(Add ProdにWarryn CampbellとDavid Banner)も素晴らしい一曲(惚)。電子的な発光を繰り返すシンセメロディが宇宙的な冷たさと夢幻をジワジワと脳内に広げる、コスモファンタジーとも言うべき不思議な華やかさを湛える心地良いミッド。David Bannerの息継ぎを排除したガツガツと畳み掛けるフラットなラップもカッコイイし、Heather Victoriaの癖のないパッと光って火花をチラチラさせて散る様な歌フックも綺麗で文句なし。フルートのしなやか音色やべったりと寄り添うホーンが華やかでオシャレな洗練されたミッド「Be With You」(Add ProdにWarryn CampbellとDavid Banner)では、なんとLudacrisとMarsha Ambrosiusという豪華な客演陣を招待(拍手)。ラインストーンの様な細やかな輝きを煌かす、しっとりと気品の溢れる淑女の様なメロディがすごく美しくてドレッシーでたまらない(溜息)。David Bannerと共にLudacrisがドカンと響かすあのデカ声で相性抜群、Marsha Ambrosiusのラグジュアリーな輝きを放つヴォーカルも華麗ですねぇ(惚)。ノスタルジックなメロディが下敷きになったハモンド調の曇り具合がキュートな「Stutter」(Add ProdにWarryn CampbellとDavid Banner)ではあのAnthony Hamiltonが参加、David Bannerのザザザザザとザッピングするフロウも面白いし、そこにAnthony Hamiltonのまろやかで温もりのあるヴォーカルがちょっぴりブルージーな味付けを施す渋い一曲。そして僕的に最も要注目だと思うのが、あのErykah Baduを客演に招いた「Silly」(Add ProdにDavid BannerとTHX)、この組み合わせがまた斬新で聴いただけで失神寸前です(瞬殺)。天使の様な歌声がスーーッと伸びてメロディを紡ぎ、そこにErykah Baduのほんのり甘く悩ましいクリーミードリーミーなヴォーカルが色彩を与える昇天しそうなスロウ(恍惚)。ここにErykah Baduを絡ませた時点で作戦勝ち、このうっすら靄っぽい霞みがかったミステリアスなシンセメロディにお似合い、David Bannerまでがちょっと霞んでしまっています(惜)。Lisa Iveyなる女性シンガーの情感溢れるソウルフルなヴォーカルが胸を熱くする「Something Is Wrong」(Add ProdにWarryn CampbellとDavid Banner)も素晴らしい、古き良きSoulとHip Hopが綺麗に融合したオールドマナーを踏襲したトラックが燻し銀で素敵。David Bannerのひたすらと吐き出すラインも耳をがっちりホールドして離さない、気持ち良いぐらいにストレートなソウル曲。最後を締め括るのはBig Remoを客演に招いた「Strange」(Add ProdにWarryn Campbell、David Banner、E.Jones)、これも昔のソウル曲を下敷きにした様なハミングの美しい煌びやかなミッドで、ツカツカと響く鼓ビートを滑らかなシルキーメロディが上品に包み込む、大人の品格漂う上質な一曲となっています。

全10曲ととてもコンパクトですし、一曲一曲も結構も短くて一枚通して聴いてもあっという間。ほぼEP盤と言っても一枚なのですが、これがすごく濃くて華やかで、良い意味で物足らない一枚となっています(賛辞)。David Banner×9th Wonderというだけでも僕は興奮したのに、それにLudacrisやMarsha AmbrosiusやAnthony HamiltonやErykah Baduまでが参加しているんだから素晴らしいに決まっています(卒倒)。素晴らしいジャケットを見るとエレクトロ路線かなと思いきや、そこは9th Wonderが取り仕切っているだけに(というかあのWarryn Campbellが製作に関わっているのも僕としては嬉しい驚き)上品なソウルフル曲ばかりでした(美味)。所持していない方はすごく勿体無いと思います、少なくとも僕はかなり聴き込んでいる一枚です、自信を持ってお薦め致します(喝采)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment