RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Miguel「All I Want Is You」
miguel-alliwant.jpg

AmericanとMexicanのハーフという血筋がその顔立ちからも滲む、Miguelのデビューアルバム『All I Want Is You』を御紹介。僕はもう全くもって忘れていたのですが、MiguelはあのMusiq SoulchildとMary J. Bligeが共演したヒット曲「If U Leave」を手掛けたという人物で、ソングライターとしてもUsherの『Here I Stand』と『Raymond V Raymond』の両作品にも参加していたというキャリアの持ち主。最近はこういう裏方作業をsていた人達が、表舞台に躍り出ますよね、やはり自分の世界を完璧に表現するには自分しかいないのでしょう。このジャケットは果たしてサイバーなのかレトロなのか、少し微妙な線なのがまた面白い。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まずはトローリと気だるいプカプカしたサウンドに、Miguelの柔らかくしなるヴォーカルが妖艶に絡みつく「Sure Thing」、製作はHappy Perezが担当。本当に不思議な感覚のトラックで、スーッとクリアで綺麗な純度の高い曲の様でありながら、どこか白昼夢のような毒っぽさもある電子音があちこちから漏れる病みつき度の高い一曲。硬くザラザラとしたドラムスビートに低く曇ったベース弦が鼓膜をほどよく刺激する「All I Want Is You」はSalaam Remiが製作を担当、客演には新人でも最もデビューを期待されているJ.Coleが参加(興奮)。ビート自体は極めてオールドマナーなHip Hopチューンなんですが、ベース弦が野太く弾かれそれに乗せMiguelの少しキーの高くとろみのあるヴォーカルが絡む事で、丸みの帯びたサウンドへと変形しています。J.Coleもやはりのスマートさでカッコイイの一言、“On To The Next One♪”がやはり耳に残ります。Robin Thickeばりの甘く溶けそうな砂糖ファルセットでシナモン色のメロディを奏でる「Girl With the Tattoo Enter.Lewd」、Interludeながら素敵な仕上がりで夢を見させてくれますよ(堕)。かと思うと突然の方向転換でドタバタと疾走するサイバーチューンに転じるBlack Eyed Peasっぽい「Pay Me」はFisticuffs製作、思い切り宇宙サイバーなエフェクト声の“ぎみぃぱぅ♪ぎみぃぱぅ♪”が脳内を軽くシェイクして離れない近未来なダンスチューンでなかなかの駆け足でノリノリに。続いてもFisticuffsが製作を担当した「Quickie」、カリブ海調のマッタリと緩ーく伸びるトロピカルチューンをよりピッチを落として残像を残し、そこにMiguelのなんだかベッタリと甘いキャラメル声がとろとろコーティングを施す一曲。ザクザクと奇妙な音階を行き来しながら波状をもたらす電子音のビートに少し混乱するけれど、それが逆に気持ち良くなって脳内を侵食する「Girls Like」もFisticuffsが製作を担当。なんだろう、このトラックもすごく奇を衒ったという訳でもないのですがやはり変てこな感触で、でもMiguelのヴォーカルが落ち着いていて甘く柔らかいのでまとまりはあるんです(幻聴)。思い切りのイイこのピコポコ電子音がThe Neptunesっぽく感じる「Overload Enter.Lewd」も、なかなかイイ味のInterlude。再びSalaam Remiが製作を担当した「Hard Way」も、軸にあるのは骨太でハードな硬質ビートながら、そこに光線銃みたいなシンセをピュンピュンと交錯させ、巧く過去と未来を繋いだハイブリッドなトラックに仕上げています(技術)。「Teach Me」はState Of Emergencyなる人物が製作を担当、ドロンとしたシンセが明滅するレトロな宇宙曲でそれがどこかPrinceに似たファンクを匂わせる佳曲。ふわふわとどことなくも遊泳する様なMiguelのハイな歌声が癖になる、カテゴライズ出来ない不思議な空気が充満した一曲。「Hero」はなんとあのAndre Harris & Vidal Davisの鉄腕タッグが製作を担当、ロックの様なエレキ弦音を響かせながらも敷き詰めたビートは完璧なR&B仕様という混合種。しかもこのトラックはサウンドトラックっぽい劇的な要素を多分に含んでいて、聴いていてグイグイ惹き込まれる情動曲。このトラックなのにフックでのMiguelは終始として優しく寂しそうな細いファルセットで歌い上げていて、それがまた僕の心をギュッと掴みます。吐息のように甘く悩ましくじっとりと濡れたメロディとMiguelのヴォーカルが凄くセクシーな「Vixen」、製作はFisticuffsが担当。モロにMichael Jacksonっぽいファルセットとステップ運びで月世界に軽やかに舞い上がる「To The Moon」、ちょっとEW&Fっぽい懐かしさの香るディスコチューンを現代風に改造したダンスアッパー、製作は再びAndre Harris & Vidal Davisという事で彼らの音楽への造詣の深さを思い知ります(畏敬)。最後を締め括るのはHappy Perez製作の「My Piece」、夜の闇のような怪しげなダークサウンドを纏った病的なシンセが連なるスロウ。

う~ん何というか、これはなかなか面白い一枚でしたねぇ(意外)。とにかくサウンドがドロっとしていて、様々な音楽要素が溶け合い混ざっている感じで、なんとも奇妙なジャンルレスなトラックばかり。またMiguelのヴォーカルもとても不思議な音階運びで(まるで下手ウマっぽい?)、それがまたこの一枚通してのフワフワトロトロ感を倍増させています(困惑)。でもそれでいて気持ち悪いかといえばそうでもなく、これがMiguelの色としてキッチリ染め上げられています(再困惑)。音もピッチもヴォーカルも全てが中性的で、それがまたMiguelの魅力でちょっと癖になったりもしますね。聴く価値はあります、いや良いんですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment