RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lloyd Banks「H.F.M.2 (Hunger For More 2)」
lloydbanks-hfm2.jpg

50 Cent率いる軍団G-Unitの二番手にして右腕、Lloyd Banksの通算三作目となる『H.F.M.2 (Hunger For More 2)』を御紹介。軍団の二番手となるとどうも、どうもなかなか抜きん出ないまま進んでゆく印象があるのですが、このLloyd Banksに関してはメキメキと頭角を現している様に感じます(痛感)。とは言ってもLloyd Banksは元々より腕利きのMCとして名を馳せていたので、こうやってコンスタントにリリースを重ねる事が出来るのも実力の表れでしょう。本作のタイトルもLloyd Banksのデビュー作の続編という位置づけなのでしょうか、ジャケットもモロに前作を踏襲した物になっていますね。これ、Twitterにも書きましたがなかなか入手できなくて、Amazonで頼んでようやく届いたという一代物で御座います。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはキュインキュインと鳴るスリリングな弦音に、艶っぽく滑らかなメロディと硬質なドラムスが絡み合うクラシカルな「Take 'Em To War」で壮麗に幕開け。製作はCardiakで客演には同じくG-Unit所属のTony Yayoが参加。これがなかなかオールドスクールなビートとソウルマナー溢れるメロディ使いで王道なエレガントさ、Lloyd Banksのしゃがれた焦げたヴォーカルもなかなか冴えています。ビリビリで電流っぽく流れる電磁波シンセにシリアスで冷たいシンセがぶわぶわと振動しながら突き刺さる「Unexplainable」、製作は同じくCardiakなる人物が担当。硬派でピリッと緊張感の走るトラックがカッコイイし、援護射撃に加わったStyles Pがやはり殺気に満ちたラップでLloyd Banksとの相性抜群でグッド。いかにもG-Unit調な不穏で重く圧し掛かるビートがゴリゴリな「Payback(P's And Q's)」はGrandz MuzicとBiz Moneyが共同制作、サンプリングにKenny Nolan「A Song Between Us」を使用。ここではボスの50 Centが参加しあのボケた声でうわずった歌フックを披露、もっと50にもラップして欲しかったけれどLloyd Banksがキッチリと聴かせるので物足らなさは皆無。「Home Sweet Home」はNick Speed製作、Essie Moss & Rev「The Detroit Riot」を下敷きにしたソウルフル且つ哀愁溢れる一曲。45回転早回しっぽい涙っぽいヴォーカルがほんのり聴こえる燻し銀なトラックが泣かせる、そこにLloyd Banksの焦げ臭いラップが滑る様に走り、Pusha Tの鼻にかかった危険な甘さのフロウが援護射撃する、ハードコアな男臭さがそそる一曲に。そして本作の注目ヒット曲であり、2010年の重要曲ともなったPrime製作の「Beamer, Benz, Or Bentley」、客演があのJuelz Santanaというのも驚きとなった注目タッグチューン(50 CentとCam'ronはBeefにあった筈)。浮ついたピコピコ電子音が洞窟内で滴り落ちる水滴の様な不思議な響きを含んで鳴り続け、それが輪になって脳内の深層にじわじわと周波となって侵食してくる癖の強い一曲。それだけでなくバックでは時折とヴォーーーンと警戒サイレン音が響き、この曲により殺伐とした冷酷さを増強させています(中毒)。ここでのLloyd Banksのひたすら繰り返す呪文フックもかなり耳に残り病み付き度高いんですが、やはりJuelz Santanaのラップが加わる事でより無骨でハードな攻撃曲になっています(睨)。Ryan Leslie製作&客演の「So Forgetful」は、いかにもRyan Leslieらしいカラフルで華やかな電子音がベタベタと点灯するエレクトロライトな一曲。Lloyd Banksの低く這うラップと軽く歌うフックの対比が面白い「Father Time」はGregorio "G'Sparkz" Ford製作、ゾクゾクと身震いしそうなストリングスの響きがひんやり冷たいギャングチューン。Kanye WestにSwizz Beatz、Fabolous、Ryan Leslieとかなり豪華で面白い面々が絡み合う「Start It Up」は意外とCardiakが製作を担当。ビロビロビロビロ鳴る波状系のシンセサイザーに、コチコチと鼓笛隊っぽい硬質ビートが小気味よく絡み進行する、なかなかメロディ系の様でビート重視のハンマー曲。Swizz Beatzのエンジン吹かすブンッブンッみたいな掛け声フックがやはり耳にこびり付く(笑)、全員のキャラがしっかり立っているので曲に色鮮やかさが生まれています(化学反応)。Dirk Pete製作の「Celebrity」ではAkonが客演参加、これもゾワゾワと霧の様な薄気味の悪いシンセが知らぬ間に辺りを包み込むスリリングな一曲(危険)。そんなゴースト調のトラックなだけにAkonの起用は少し違う気もしますが、曲の完成度はすごく高いです。Billy Stewart「Summertime」をサンプリングしたThe WatcherZ製作の「On The Double」、荒削りな電子音をドカドカと派手に打ち上げ跳ね回す鋼鉄バンギンチューンはSwizz Beatzっぽい、でもこの曲の盛り上がり具合が程よく遊んで程よくタフなんでかなり好きです。シンセ一音だけを無機質に鳴らし、そこに流麗なシンセメロディとハンドクラップ音と咆哮する合いの手を絡めた疾走アッパー「Any Girl」はDready製作、客演にはLloydが参加。この曲の飛び跳ね方も半端じゃなく面白くて、ビートが単調でシンプルで真っ直ぐなだけにより荒々しさが増していて、思い切り鼓膜にガンガン衝突するのが痛快。そんな雄雄しいトラックに乗り、木っ端微塵に突進するLloyd Banksのラップに、Lloydの甘くてナヨナヨした柔和なヴォーカルがほんのり色彩を与えます。売れっ子J.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作を担当した「I Don't Deserve You」はJeremihが客演参加、キラキラとシャンパンゴールドに輝く煌びやかなピアノ鍵盤の音色がしっとり上品に響く宝石曲、都会の夜にピッタリ似合うスマートな一曲。Lloyd Banksの紳士さながらのソフトなラップも聴かせてくれて素敵ですし、Jeremihのスウィートでしなやかなヴォーカルも艶やかで素敵です(惚)。Frank Dukes製作の「Sooner Or Later(Die 1 Day)」はRaekwonが客演で参加、埃っぽく曇ったオールドソウル風味の香るトラックにゴツッと厳つい鼓ビートが突き進む硬派な曲で、Lloyd BanksとRaekwonという双方共に焦げ臭いしゃがれたヴォーカルが相性抜群に溶け合う一曲。

おおおおおお、これはなかなか素晴らしい一枚でしたよ、Lloyd Banksはやはり手強いですね(恐怖)。各方面でも本作はかなり賞賛されており、そんな評価も頷ける出来映えです(強薦)。これはちょっと世間的に過小評価されているのではと思った一枚、僕もこれを2010/12/15までに入手出来ていたならば、確実にTop10圏内に入り込んでいたと思う程に素晴らしい一枚です(惜)。ストリート寄りな無骨なハード面と、よりキャッチーでフィールド広く受けそうなソフト面の曲があり、かなりバランスの良い一枚です(客演陣を見ても明らか)。そういう意味ではこのLloyd Banks、50 Centよりもかなり器用にこなしている様に感じます(曲者)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment